2006年11月07日

Spunk: The Official Bootleg/Sex Pistols

Sex Pistols Spunk

先月末、今になって、セックス・ピストルズのブートレグ(海賊盤)がリマスター盤として正規の日本盤でCD化されました。

これは、1977年11月に発表された彼らの1st『Never Mind The Bollocks(邦題:勝手にしやがれ)』の数ヶ月前に海賊盤として出回った、デビュー前のデモを初めてCD化(しかもオリジナル・フォーマット)したもので、ボーナストラックとして1976年の「アナーキー・イン・ザ・UK」のストリート・デモなど3曲を追加されています。

本来、この「80's UK New Wave」でニューウェーヴ以前のパンクを取り上げることは筋違いではあるのですが、このあたりでパンクが与えたその後の音楽への影響について書いておきたいと思います。

「パンク」とは何だったのか。
もちろん、パンクの種別や、思想、ルーツについて語るつもりはさらさらありません。

まず、それまでの商業音楽と大きく違うところは、『ヘタクソ』ということです。
歌は当然のこと、楽器の演奏テクニックに関しても一年前に初めてギターに触りました、という程度の演奏能力でも「パンク」という名の下で平気でステージに立っていられたのです。

しかし、社会に対する不満をぶちまけたようなその自由な表現や、ありあまるパワー、ステージ上での安っぽくも過激なストリートファッションは、やはり、今までの商業音楽にはありえなかったことであり、当時の若者の心を?むには充分な要素を持っていました。
恐らく、当時の立派な大人であるリスナーからはかなりの批判があったことでしょう。

そんな中、当時最強のお騒がせバンド「SEX PISTOLS」は特に目立っていました。
わざと放送禁止になるようなキーワードをアピールし、結果的にBBCで放送禁止になることがニュースとなり人々の関心を集めたり、自らジャンキーであることをネタにするといった逆説的な宣伝方法により彼らの知名度は一気に上がりました。

これは、マルコム・マクラレンの行った対マスコミ向けの「売るための戦略」でもあるわけなのですが、こういったマスゲーム的な行為自体がニューウェーヴだったとも言えなくはないでしょうか。

逆に言えば、面白い手法や売り方をすれば、既存の様式にとらわれることなく、ヘタクソだろうが楽器が演奏できなかろうが、自己表現ができ、リスナーにも受け入れられるということが分かったというわけです。

これ以降、パンクに触発され自己表現をしようとする若者や、パンクに触発され別の手法で自己表現しようとする若者たちによって、少数派のリスナーに向けた音楽が数多く生まれました。

それは、過去に出来上がってしまった音楽ジャンル的な様式から考えれば、「雑種」もしくは「変種」とも言えるものであり、多種多様に枝分かれしたその様式は一つのわかりやすいジャンル名にまとめることは困難を極め、結果的に「ニューウェーヴ」(新しい波)という漠然とした名前がつけられました。
言わば「新しければ何でもアリ」なジャンルがニューウェーヴなんですね。

また、テクノロジーが進化することで、楽器の演奏が出来ない者にもその機会は与えられ、奇をてらったファッションと共に成熟していったように思います。

言い方を変えれば、本来ミュージシャンではない人たちの手によって、既存の様式の壁が取り払われたわけです。

この時代、多種多様に増殖したニューウェーヴ・バンドと共に、多くのインディーズ・レーベルが設立され、彼らの手によって育てられたバンドはさらに多くの枝分かれを生み、80年代後期にはジャンルのカテゴライズすら難しくなっていきます。

90年代に入ってからは、いくら新しいものをやっていても「ニューウェーヴ」という言葉は使われなくなってきました。

現代ではすでにオールドウェイヴ化しているにもかかわらず、80年代のこういったバンドを総称して「ニューウェーヴ」と呼んでいることになんだか違和感を感じつつも、この呪縛から離れられない筆者でした。
/BLマスター

uknw80 at 17:34│Comments(2)TrackBack(0)☆ルーツ系 | Malcolm Mclaren

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Tamore   2006年11月07日 23:23
やっぱり、起点だったんですよ。
僕の十代は、すでにパンクは伝説、もしくは先輩のバンドってイメージでしたが、その(パンクの)後で何が面白いのか?ってことは、すごく空気としてありました。
僕が当時感じていたパンク〜ニュー・ウェーブは、音楽における想像力の復権運動でしたし、メディアミックスでした。
パッケージ展開のことじゃなく、ソフトな部分(音楽文学ダンス映画ファッションといったあらゆるカルチャーを集約して、変換していくといった意味)で。そしてそれがまた、それぞれのカルチャーに還元されていって。。。
ヌーベルバーグがいつまでもヌーベルバーグであるように、ニューウェーブも不死語だと思います。これからも楽しいコラムと情報に期待してます。
2. Posted by BLマスター   2006年11月08日 21:51
Tamoreさん、まいどです。
すばらしいコメントありがとうございます。
「音楽における想像力の復権運動」。
なるほど、その通りですよね。
私の場合は10代でバンドを始めて(ドラムです)、パンクバンドのコピーをすることが練習になっていたので、ちょうど良かったってなくらいで、リアルタイムで体感していながら、確かに面白みは感じていなかったように思います。
今考えれば、単なるファッションとしてコピーバンドをしていたのかも知れません。
しかし、それまでの既存の様式としてのジャンルには飽き飽きしていた頃でもありましたので、これ以降のニューウェーヴの枝分かれには非常に興味を覚えました。
極端に言えば、私にとって、それぞれのバンド自体が新しいジャンルだったんです。
まさにニューウェーヴでした。
これからも頑張ってニューウェーヴをもっともっと掘り下げて行きます。
ご覧いただいていることに心から感謝致します。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
来場者数
Artists Categories
amazonでサーチ
amazon
CM-Click
BOSE
ボーズ・オンラインストア

クワイアットコンフォート

L1 model I system
石橋楽器店


Sony Music Shop
Sony Music Shop

Sony Music Shop
Tag Cloud
amazon