HOWARD JONES

2006年08月12日

The Best of HOWARD JONES

HOWARD JONES BEST

イングランド州サウザンプトン出身のハワード・ジョーンズは、幼年期からピアノを習い、十代の頃にはすでにプログレバンドでキーボードを演奏していたそうです。

王立北部音楽院を中退した後、ピアノの講師をしながら地道に音楽活動を続け、30歳目前の1983年にシングル「New Song」で念願のソロデビューとなりました。

「New Song」のプロモ映像

デビュー当時は、まだ髪の毛も薄くはなく、チェックのシャツにベレー帽をかぶるといった可愛らしい格好をしていたのに加えて、このポップでキャッチーな曲調であったため、少々ミーハーなイメージでとらえられていたのですが、実は実力派のキーボーダーで苦労人だったのです。

そう考えると、1stアルバム「Humans Lib(邦題:かくれんぼ)」の過剰なまでにコマーシャルでポップな曲調が、「あえて」のことだというのも見えてきますね。

ハワード・ジョーンズのデビュー当時のライヴでは、右手のRoland JUNO-60でメロやストリングス系を、左手のYAMAHA DX-7でチョッパーっぽいベース音を弾きながら、バックのシーケンサーの演奏に合わせて歌うといった、たった1人のライヴで注目を集めました。

また、ライヴにはパントマイムダンサーのジェド・ホイルがハワードの周りでパフォーマンスを繰り広げ、たった1人のライヴという視覚的に弱い部分を補っているのもグッド・アイデアでしたね。

その後は、実弟のマーティン・ジョーンズ(顔がそっくりでワカメちゃんカットだったのが印象的です)をベースに迎え、ギターやドラムなども従えたバンド編成でのライヴとなりました。

このベスト盤は、1stアルバムから92年に発表した5枚目の「In The Running」までのシングルになった曲を中心に編集したもので、彼の卓越したポップセンスを余すところなく収録したアルバムです。

全英チャート1位に輝く1stアルバム「Humans Lib」からは特にヒットソングが多く、デビューシングルとなった「New Song」を始め「What Is Love?」「Pearl in the Shell」「Human's Lib」などがチャートを賑わしたものです。

「What is Love」のプロモ映像

1985年発表の2ndアルバム「Dream Into Action」に先駆けて発売されたシングル「Things Can Only Get Better」は、アメリカのチャートでもヒットし、フィル・コリンズとの共作「No One Is to Blame」は全米1位に輝きました。

「Things can only get better」のプロモ映像
TV番組での「No One Is To Blame」のライヴ映像(口パク?)

ドナルド・フェイゲンのカバー「IGY」もハワードらしいなかなかいかしたアレンジで、私的には原曲よりもこちらの方が好きなくらいです。

ちなみに、ハワードはこのベスト盤発表後、残念なことにメジャー契約が打ち切られ、その後のアルバムは彼の自主レーベルからの発表となっており、現在では主にピアノなどの生楽器の音を重視したアコースティック路線の作品を発表しています。

また、最近の来日公演ではブルーノートなどの比較的小さなホールでピアノの弾き語りという形式のライヴを行っており、まだまだ現役でがんばっておられます。

いまさらなんて言わずに、彼のポップセンスに久しぶりに浸ってみてはいかがですか?
/BLマスター

uknw80 at 16:54|PermalinkComments(26)TrackBack(1)
来場者数
Artists Categories
amazonでサーチ
amazon
CM-Click
BOSE
ボーズ・オンラインストア

クワイアットコンフォート

L1 model I system
石橋楽器店


Sony Music Shop
Sony Music Shop

Sony Music Shop
Tag Cloud
amazon