THOMASDOLBY

2007年02月21日

Aliens Ate My Buick/Thomas Dolby

Aliens Ate My Buick/Thomas Dolby

本作『Aliens Ate My Buick』は、1988年に発表されたトーマス・ドルビー [ Thomas Dolby ] のソロ名義のオリジナル・アルバムとしては通算3枚目にあたる作品です。

84年発表の前作『The Flat Earth(邦題:地平球)』から本作までの3年半もの間、彼のオリジナル・アルバムの発表はなかったのですが、この間にトーマスはとんでもない数のセッションをこなしています。

まずは、84年3月から6ヶ月にも渡るワールド・ツアーを行い、85年初頭のグラミー賞ではスティーヴィー・ワンダー、ハービー・ハンコック、ハワード・ジョーンズとの共演、その一方で、以前から動いていたドルビーズ・キューブ [ Dolby's Cube ] でシングル「May The Cube Be With You(邦題:キューブは貴方と共に)」をリリース、また、映画「ハワード・ザ・ダック」のサントラ制作、ミュージカル「Fever Pitch」のスコアの作曲、デヴィッド・ボウイのライヴへの参加、そして、坂本龍一とのコラボ・シングル「Field Work」のリリース、プロデューサーとしては、ジョニ・ミッチェルの『Dog Eat Dog』や、プリファブ・スプラウトの『Steve McQueen』などを手掛けています。

85年のグラミー賞でのライヴ映像
「May The Cube Be With You」のプロモ映像
映画「Howard the Duck」のエンディング映像

翌86年には、ケン・ラッセル監督の映画『ゴシック』のサントラ制作、さらに、この中からスクリーミン・ロード・バイロンというユニットを組み「The Devil is an Englishman」というシングルをリリース。

87年になって、新年早々アメリカL.A.に移住し、ロスト・トイ・ピープル [ The Lost Toy People ] というバンドを率いてウエスト・コーストでライヴ・ツアー、その後、やっと本作のレコーディングを開始するのですが、それも、プリファブ・スプラウトの『From Langley Park to Memphis(邦題:ラングレー・パークからの挨拶状)』のプロデュースと並行する形で行われているのです。
なんというタフな仕事ぶりなのでしょう。

この間で、トーマス・ドルビーの名前が表に出てきたのはドルビーズ・キューブのシングルと、坂本龍一とのコラボ・シングル、そして、スクリーミン・ロード・パイロンのシングルという単発ものユニットのシングルだけ(個人名義でのリリースがない)だっただけに、非常に影が薄くなってしまっていました。

そこで、やっとソロ名義で発表したのが本作『Aliens Ate My Buick』というわけなのですが、この作品に当時の私は大きく期待を裏切られました。しかも、良い方にです。

まるで、エド・ウッド監督のB級SF映画のポスターのようなジャケット(もしくはマーズ・アタックでしょうか)の本作に、テクノ・ポップ的なものを期待していた私の耳に飛び込んで来たのは、なぜか、ビッグ・ジャズ・バンド風の渋い楽曲。
アルバムを通して聴いてみたところで、「She Blinded Me With Science(邦題:彼女はサイエンス)」や「Hyperactive」「Field Work」のような電子楽器を多用した無機質なサウンドは見当たりません。
ジャズやソウル、ファンク、レゲエなどをトーマス・ドルビーなりの調理法で料理した大人なポップなんです。

「She Blinded Me With Science」のプロモ映像
「Hyperactive」のプロモ映像
「Field Work」のプロモ映像

しかし、当然、あのトーマス・ドルビーの歌声は変わることはなく、良く聴けば、随所に散りばめられた効果的なシンセの音色も発見することもできます。

また、ジョージ・クリントンのカバー「Hot Souce」なんてのが収録されているあたりも心憎い選曲ですね。
いやあ、実にカッコいいアルバムです。

ちなみに、本作からはこの「Hot Souce」と「Airhead」がシングルカットされ、「Airhead」は米ダンスチャートで6位にまで上がったそうです。

「Airhead」のプロモ映像
昨年のライヴでの「Airhead」の映像

なお、本作は、トーマス・ドルビー プラス ロスト・トイ・ピープルという名義になっていますが、まぎれもなくトーマス・ドルビーの3rdアルバムです。

しかし、当時は「彼女はサイエンス」におけるシンセサイザーなどの最先端の機材を操る科学者的なイメージがまだまだ根強く残っていたのでしょうか、セールスはかなり悪かったようです。

考えてみればトーマス・ドルビーは、バグルスの前身、ブルース・ウーリー&カメラクラブから、リーナ・ラヴィッチ、ジョン・アーマトレイディング、フォリナー、デフ・レパード、トンプソン・ツインズ、マルコム・マクラレン、デヴィッド・ボウイ、ジョニ・ミッチェル、プリファブ・スプラウトなど数々の作品やライヴで、ジャンルを問わず活動してきたわけで、大ヒットした「彼女はサイエンス」にみられるテクノ・ポップ的な楽曲は彼の音楽的バリエーションのほんの一部に過ぎなかったのかも知れません。

今になって聴いてみれば、1stアルバム『The Golden Age of Wireless(邦題:光と物体)』や2ndアルバム『The Flat Earth(邦題:地平球)』、その後のシングルなどでも、当時のシンセの音に隠れてこういった幅広いジャンルのエッセンスを感じ取ることができます。

本作発表の後はあまり表に出るような活動はしておらず、ソロ名義では92年発表の『Astronauts & Heretics』、94年発表のCGアニメによるビデオ作品及びそのサントラ『Gate to the Mind's Eye』、また、裏方として数々のアーチストの作品やツアーに参加しています。

数年前からは、携帯の着信音を専門に制作、販売する会社レトロ・リングトーン社を設立し、その傍ら、ネット経由でソロ名義の新作のダウンロード販売なども行っているようです。

詳しくは ThomasDolby.com をご覧になってみて下さい。(もちろん英語ですが、トーマス自身のブログもありますよ。)

本作は、1stや2ndのように当時を懐かしむことは出来ないんですが、当時の流行の音色に染まりきっていない分、古くささを感じずに聴くことができますし、今から20年前の作品とは思えないほど新鮮な感覚を持っていると思います。

今でも充分に通用する作品ですので、「彼女はサイエンス」しかご存じないという方にはぜひ聴いていただきたいと思います。

なお、このCDにはドルビーズ・キューブの「May The Cube Be With You(邦題:キューブは貴方と共に)」が収録されており、リーナ・ラヴィッチやジョージ・クリントンのゲスト・ボーカルを聴くことができますよ。
/BLマスター

uknw80 at 17:22|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年01月28日

THE FLAT EARTH/THOMAS DOLBY

be6ad2e7.jpeg

■84年発表2ndアルバム(邦題/『地平球』)

まずは1stのレヴューで触れていなかった、彼の略歴をば。
本名トーマス・モーガン・ドルビー・ロバートソン(長いですねw、ENOには負けますがぁ)。'58年イギリスで出生。考古学者の父を持ちイタリア、ギリシャ、エジプト、フランス、アメリカ等各国にジプシーの如く移住し、11歳でギターを、14歳でピアノを習得。16歳からシンセサイザーに興味を示しキーボード・プレイヤーの道を志しました。
その後1stのレヴューで書いた通り、バグルスの前身"ブルース・ウーリー&カメラクラブに参加、アルバムでは2曲を作曲しています。

そして今作。
一聴して、前作で聴かれた初期YMO的スペイシーなシンセサイザー・サウンドの洪水は多少塞き止められ、生演奏の比率が増しています。当時の彼の発言を思い出すに生バンドの良さを生かした作風にしたいという趣であった様です。

クレジット上でもシンセサイザーという表記は何処にも無く、トーマス自身のクレジットはPiano,Effects,Vocalsとなっています。
当時のFool'sMate誌でのインタヴューを引用すると「僕はこのアルバムではオーヴァー・ダヴをする前に全員で一緒にプレイしようと決めたんだ。だから最初の二週間はテープを回さずに音合わせだけやった。〜カット・アップや編集のテクニックを使ってアクセントを付けたり、フェアライトを使ってエフェクトをのせたりするのはミックスの段階でやったんだよ。」後、自身のヴォーカリストとしての向上心なども語っていまして、非常に興味深いところです。

当時、大好きだった1stの印象を引き摺っていた私、正直言って今作は当時物足りなかった印象があったのですが、聴き直してみるに、いやはや若かった、青二才だったと思う次第です。実際、1st程では無いにしろシンセ、エレクトロニクスは可也使用された完成形になっていまして・・・。

1. Dissidents
アルバムの幕開けに相応しいこの軽快なファンク・ナンバー。
ドラム・マシンがサンプリング・ドラムとして生っぽくなって来る過渡期的なノリが今聞くと面白いですね。

2. Flat Earth
この曲もファンクのりで、ブルー・アイド・ソウル的でもあります。
トーマス、結構歌える人なんだなぁとも。
ライヴ映像の紹介ですThe Flat Earth (live)

3. Screen Kiss
繊細なアコギのイントロから始まり、出ました!プリファブ・スプラウト『スティーヴ・マックイーン』「bonny」で聴かれる朝靄の様な素晴らしい音色のデジタル・シンセ!。いわばトーマス版プリファブ・スプラウトですね!

4. White City
この曲はスペイシーなシンセも相まって今作中、前作に一番近い作風の曲調ですね。勿論1stの直球勝負とは一味違うひねりが加えられていまして、さしずめスライダーと謂った所でしょうか?1stを気に入られた方はこの曲から御聴きになられるのもアリですかねぇ。

5. Mulu the Rain Forest
この曲も3.同様プリファブ・スプラウトでトーマスがサウンド・プロダクトに用いた"アノ"音が満載されています。
ROXY MUSIC「Re・Make/Re・Model」を彷彿させる人込ノイズ?の冒頭から虫の鳴き声のSEに始まり、叙情的なメロディーのエレクトロ・バラード。トーマスのVoの力強さも素晴らしいです。

6. I Scare Myself
トーマス作品唯一のカヴァー曲でしょうか。
オリジナルは″ダン・ヒックス&ヒズ ホット リックス″の'71年発表アルバム『STRIKING IT RICH』のナンバーでして、
数年前、″THE HOT CLUB oF COWTOEN″というバンドが、極々静かなリヴァイヴァルブームを起こした″ウェスタン・スィング″の第一人者ダン・ヒックスの代表作であります。実に怪しげなユーモアのある曲でして、この選曲は流石曲者トーマスならではと謂った所ですネ。オリジナルにほぼ忠実なアレンジであります。
映像紹介です「I scare myself」のPV

7. Hyperactive!
今作からの大ヒット曲なのですが、何故か最終曲という・・・。
理由はトーマス曰く「最後に出来た曲だったから」という事です(笑)。いやはや何ともと言うか・・・。
この曲当時、MTVでエキセントリックで秀逸なPVを良く見た記憶があります。一言で言って超アッパーなテクノ・ファンクです。
当時のスクリッティー・ポリッティーとの共通項も覗えますね。
映像紹介です「Hyperactive!」のPV
Hyperactive (live)

ところで、2と7で紹介したLiveは何時頃なのでしょうか?
今ではドルビー先生、インタラクティブな音楽プレーヤー
Beatnikというのを開発し、Headspace社の社長でして、その業務で来日もしておりますが、平行して音楽活動も続行している模様です。

最後に今作のテーマについて少し。
タイトル『THE FLAT EARTH』、直訳して平らな地球ですね。
実際地球は勿論球体、しかし実質″平たい地球″と謂う日々の生活に追われる人間存在を比喩する概念が絶対的にあるんだと謂う
事の認識、それによって人々の意識改革がなされるべきだと謂うトーマスの提言がここにあると個人的に思います。/星

uknw80 at 18:55|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2006年07月03日

THE GOLDEN AGE OF WIRELESS/THOMAS DOLBY

THE GOLDEN AGE OF WIRELESS/THOMAS DOLBY

バグルスの前身、ブルース・ウーリー&カメラクラブ(未聴!m(__)m)等に参加後、ソロ・デヴューしたトーマスの1stアルバムです。
邦題「光と物体」と、ジャケットのノン・NewWaveなセンスは如何なる狙いだったのでしょうか。
初回LPでは「Flying North/北へ」から始まる構成でしたが、2ndプレス時にヒット・シングル「She Blinded Me With Science/彼女はサイエンス」を冒頭に、曲順、曲入れ替えの変更がなされ、現行CDもその仕様です。
わたくし的には初回盤に思い入れがある所なのですけれど。

ゲストにXTCのアンディー・パートリッジ(アンディーのステージ恐怖症の為ライヴ活動を停止したXTCですが一時トーマスを代理にしてライヴ再開という案があったそうです)、矢野顕子(「Radio Silence」にてバック・ヴォーカル)等を迎え、YMOの影響も覗える、スペイシーなエレPOPが展開されます。
トーマスの愛機シンセPPG Wave2.2(若しくは2.3)による、時にフュージョン的なインプロも楽しく、クールな反面、「Airwaves」に顕著な叙情性もふんだんに盛り込まれております。

トーマスのシンガーソング・ライターとしての魅力は元より、エレPOP 若しくはシンセサイザー・ミュージックとしても楽める作品だと思います。
最終曲以外、試聴出来ますのでお聞きになられてみては如何でしょうか。
/星

uknw80 at 20:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
来場者数
Artists Categories
amazonでサーチ
amazon
CM-Click
BOSE
ボーズ・オンラインストア

クワイアットコンフォート

L1 model I system
石橋楽器店


Sony Music Shop
Sony Music Shop

Sony Music Shop
Tag Cloud
amazon