勝手に音楽評論

自分の気に入ったアーティストや楽曲について、勝手に分析してコメントしちゃいます。

『YELLOW DANCER』星野源

ブログネタ
CDレビュー に参加中!
YELLOW DANCER (通常盤)
星野 源
ビクターエンタテインメント
2015-12-02



昨年(2015年)の今頃、毎晩のように「SUN」のMVを視聴し、このアルバムを旅のおともにしていたのだが、まさか1年後にこんな大ブームがくるとは思っていなかった。
『恋』が脳内ヘビーリピートし、いつの間にか恋ダンスの振りがある程度できるようになり、「逃げ恥」を何度も見返すことになるとは。
そして、改めてこのアルバムを聞きなおし、ちゃんと読んでいなかったライナーノーツを読み直し、星野源というアーティストの奥深さを感じるのであった。
「逃げ恥」で星野氏を知った人は、ヒラマサさんがあまりにはまり役で、ヒラマサさん=星野源のイメージになっていると思うが、元々知っていた私でもすっかりヒラマサさんと本人が融合してしまって、ヒラマサさんが歌っているような気分で聞いてしまうのであった。
星野源氏の声はあたたかく、癒しのメロディーで、まるでヒーリングミュージックのように、このアルバムを聴いていると心地よい眠りに誘われる。
そのため、最後まで聴けずに終わることが多いのだが、それもまた素晴らしい音楽であるが故。
疲れたときには、ライナーノーツとそのあとのインタビュー「ニューヨーク帰りの男」が穏やかな心に戻してくれる。
そういえば、妄想設定が既にここにでてきているのだな。
眠れぬ夜に「YELLOW DANCER」
疲れた心に「YELLOW DANCER」
さて、今日もこれからゆっくり味わうとしよう。

■YELLOW DANCER
1.時よ (2016年『ユーキャン』CMソング)
2.Week End (フジテレビ系『めざましどようび』テーマソング)
3.SUN (2015年4月期フジテレビ系水10ドラマ『心がポキッとね』主題歌)
4.ミスユー
5.Soul
6.口づけ
7.地獄でなぜ悪い (映画『地獄でなぜ悪い』主題歌)
8.Nerd Strut (Instrumental)
9.桜の森 (2014 J-WAVE 春のキャンペーンソング)
10.Crazy Crazy
11.Snow Men (資生堂マキアージュWEBムービー『Snow Beauty』主題歌)
12.Down Town
13.夜
14.Friend Ship (映画『森山中教習所』主題歌)

『Adventure Of A Lifetime』Coldplay



先日、地中海に浮かぶ島マルタ島のレストランでこのMusicVideoが流れていて、思わず見入ってしまった。
日本にいると、なかなか洋楽のMusicVideoを目にする機会が最近ないので、新鮮だった。
着ぐるみレベルではなく、かなりのリアルさ。
ちょっと気持ち悪いと思う人もいるかもしれない。
Coldplayとは少々意外な感じがした。
アルバム『A Head Full Of Dreams』からのシングルカット。
この独特な世界観と音楽に惹き込まれ、久々にColdplayのアルバムを聞いてみるかと思ったので、このMVは成功なのだろう。

A Head Full of Dreams
Coldplay
Atlantic
2015-12-04


『愛の歌』中島美嘉(「表参道高校合唱部!」オリジナルソング)



TBS系金曜ドラマ『表参道高校合唱部!』でカギとなったこの歌。
いつまでも耳に残る素敵な楽曲。
視聴率はさほど高くなかったようだが、久々に奇をてらっていないいいドラマだった。
ドラマを見た後はずっと鼻歌。
そういえば、最近歌を口ずさむ余裕さえなかったと気が付いた。
ドラマの教師役、城田優、神田沙也加の美しい歌声も見所だった。
公式サイトには各回での合唱シーンが動画でアップされているが、この曲はまだない。
合唱部バージョンも早くアップして欲しいものだ。

表参道高校合唱部!公式サイト スペシャル動画

『魂リク』福山雅治4

ブログネタ
CDレビュー に参加中!
「魂リク」(初回限定盤)(DVD付)
福山雅治
Universal Music =music=
2015-04-08



発売から1か月を過ぎても、オリコンアルバムランキングの上位に居続けるこの作品。
「魂ラジ(魂のラジオ)」終了以来、土曜日の夜がふと寂しくなり、
多くのリスナーがこのアルバムを聞いて寂しさを凌いでいるのかもしれない。

「魂のリクエスト」、そう、それは「スタジオライブリクエスト」というコーナー名でオールナイトニッポンでスタートしたコーナーであり、
福山さんがリスナーからのリクエストに弾き語りで応えるコーナー。
番組が終わって、もう福山さんが他のアーティストの楽曲を歌うのを聞けないのかという残念な思いに応えてくれたのだろう。
コーナーの変遷やラジオ番組制作への思いについては、
DVDで語られているので、リスナーもリスナーでなかった方も、
そちらを見ればこのアルバムの背景がよくわかるだろう。

このアルバム、何と言っても選曲と構成が福山さんらしい配慮に満ちている。
ギター弾き語りというとじっくり聞かせる系が多くなってしまうからと、アップテンポなものも交えた構成にしたとのこと。
しかし、最初が「銭型平次」はインパクトが強すぎ。
他の曲の印象が残らないくらいのインパクト。
次回主題歌担当狙いというネタ付き。
まさかこれがくるとは。

私が個人的に好きな曲である「Raining」も入った。
アルバム『クムイウタ』の中でも何度もリピートして聞いている曲。
Coccoの力強くパワフルなボーカルと比べるとさらっとした感じではあるが、
好きな楽曲を福山さんの歌声で聞けたのはよかった。

「元気を出して」は山下達郎氏がラジオで紹介してくれたとのこと。
どんな感じでコメントしたか聞きそびれて悔しい限り。
事前に達郎さんに挨拶していたのが功を奏したようだ。

私がスタジオライブリクエストで最も印象に残っている曲は、
ARBの「AFTER '45」。
オリジナルを知らず、福山さんの弾き語りで初めて聴き、すっかり惹きこまれた。
福山さんがかつてドラマで共演した石橋凌さんがボーカルを務めていたバンドの楽曲。
この曲を聴いたのは、まだ「スタジオライブリクエスト」の時代だったと思う。
今でも耳に残っているのは福山さんバージョン。
次回作にはこの曲、必ず入れてほしい。
名曲集として。

CD
1. 銭形平次
2. 元気を出して
3. 長崎は今日も雨だった
4. 心の旅
5. チェリー
6. 糸
7. コーヒールンバ
8. Raining
9. 雨やどり
10. ZOO
11. さらばシベリア鉄道
12. 12月
13. Midnight Blue Train

DVD
1. 我が「魂ラジ」1
2. 元気を出して
3. 我が「魂ラジ」2
4. 銭形平次
5. 我が「魂ラジ」3
6. 雨やどり

魂のラジオ終了に思う

福山雅治さんがパーソナリティーを務めていた魂ラジこと「オールナイトニッポン・サタデースペシャル 魂のラジオ」が3月28日(土)に最終回を迎えた。
オールナイトニッポンの第2部、第1部と長年深夜の放送を続けてきたが、とうとう終了の時を迎えることになった。
昨日、一週間たって、「そうか、ないんだ」と終わったことを実感した。
思えば、福山さんがまだ20代の頃の番組は、「男子中学生的ハイテンション下ネタトーク」で、
一般的にちい兄ちゃんから抱かれていた「福山像」を完全にぶち壊す内容だった。
女性ファンにもう少し配慮した方がよいのではと聞いているこちらが心配になるくらいだった。
あくまで、ラジオは「深夜のラジオ番組として面白くなくては」と時間帯とリスナー層を意識してのことだったと思う。
まあ、ご本人もかなり楽しんでいる様子ではあったが。
勢いあまって、日曜夕方の「Talking F.M.」でも、深夜放送のノリで話しているときがあり、
会社の人たちとドライブ中にラジオをつけていて、車内で気まずい雰囲気になって困ったこともあった。
当時は、福山さん自身とリスナーの年齢が近かったので、ちょっとだけ兄貴分のような感じだったから、男性陣の支持も高まったのだと思う。
ここ数年、福山さんのラジオを聞いていて、特に深夜の魂のラジオを聞いていて感じたのは、リスナーとの世代差だった。
若いリスナーからの相談には、どうしても「人生相談」的な、時には説教臭くなるうような、兄貴というよりは人生の先輩としてのコメントになってきたな、と感じていた。
そんなこんなで、どちらかというと、日曜の夕方の「Talking F.M.」の方が、リスナー層が同世代が多く、
なんだかしっくりくるな、と思う今日この頃だったので、終了と聞いて、そういう時期なのかもしれないと思った。
深夜にハイテンションで生放送を続けるのは大変なことだから、
一区切りつけるのもやむを得ないと思う。
とはいえ、ラジオは福山さんのトークが聞けて、リスナーとのやり取りができる場なので、是非続けてほしい。
「Talking F.M.」の後の「あ、阿部礼司」も10年目を迎え、益々絶好調の様子。
40代には日曜の夕方がちょうどよいのだ、きっと。

以上、ファン歴25年のファンより超大きなお世話なコメントでした。

福山雅治公式サイト「福山新聞」ニッポン放送『魂のラジオ』最終回の模様が各媒体に取り上げられました!!
月別アーカイブ
最新コメント
記事検索
follow me on twitter
HMVジャパン
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ