カテゴリ:
パリ滞在4日目は、今回のフランス訪問の目的でもある世界中から写真関係者が集まる写真専門のアートフェア、パリ・フォトを視察。

IMG_0975
会場はルーブル美術館の地下となっていたので外で記念撮影。左後方にある三角の透明なピラミッドがその建物の一部です。

IMG_0998
先に遅い朝食をすませようと地下のレストラン街へ行くとそこには世界中の料理があって、日本食コーナーにはNaokoという3コースメニューが!外人に人気のある村上春樹さんの小説「ノルウェイの森」の影響なのでしょうか?!主人公の名前が直子なので、たまにヨーロピアンに私の名前を言うとノルウェイの森の「なおこ」だねと言われます。。。ヨーロッパ各地でNaokoという名前のお店見かけたこともあるし、これは小説のノルウェイの森に由来されているのか???

R0014675
さて、メインのParis Photoですが、ずっと移動続きだったので会場で直接チケットを購入しようと思っていたらお昼あたりからチケットを買い求める人たちの長蛇の列が出来ていてびっくり!同時にパリ・フォトの関心の高さが伺われました。しかし、真生さんを列に並ばせる訳にはいかないし、時間も無駄になるので焦りました。どうしよう??12時に会場で待ち合わせをしている人がいるし、並んだら絶対に間に合わない。で、とっさに思いついた裏技を駆使してどうにか並ばずにチケットをゲットすることができました。ふう。。。ちょっとスリリングな気分を味わいました。笑。

R0014664
Paris Photoの会場にはたくさんの人が溢れていました。ロンドンからの出展や、日本の写真関係者の出展もありました。質の高さと一般の人たちの写真に対する関心の高さにうれしくなりました。多分、1日中いても飽きないような写真好きにはたまらないアートフェア。

R0014662
ここで、石川真生さんの写真集「Life in Philly」のレビューを書いたマークさんと初対面。彼ともメールで何度かやりとりしていて、レビューがとても良かったので好印象を抱いていましたが、やはり実際会ってみると思った通りの方でした。真生さんの写真を通して、感性の部分で共通点があるので話が早いのです。キュレーターやライターとして活動していて、パリだけではなく、ヨーロッパやオーストラリアにもコネクションを持っているそう。来年、再来年への展示会の可能性へ向けてしっかり種を蒔いてきました。沖縄にも2、3回行ったことがあるようで、来年辺りに沖縄かパリで会えそうな気がします。

R0014676
マークさんとの面会のあと、Paris Photoを駆け足で回っていると、真生さんと面識のある大阪で写真を学ぶ学生さんと偶然出会いました。一瞬、沖縄出身かと思う顔立ちですが、実はそうでは無くて逆に驚き!

R0014677
パリで会ったのも何かの縁なので、遅いランチを一緒に食べてヨーロッパ巡業の定番となった変顔対決。笑。いやはや全然負けてないですね〜。パリでは変顔対決に強い、個性的な方が多くて楽しかったです。笑。