我が闘争 東大理3受験記

理科3類にリベンジする浪人生の軌跡

まずは結果から。右の数字は偏差値です。
英語114 58.8
数学160 74.1
国語77 50.0
物理80 72.4
化学49 53.5
Σ480 65.0

理3 E
京医 D


これはひどいですね、受験後の感想で言った通り大爆発してしまったので仕方なし。
国語は東大入試とは全く違う競技だったのでどうでもいいし化学は40分でやったし知識が丸々抜けていたので当然なんですけどね。

実際のところ自分の実力的には
物理>英語>化学>数学>国語
だと思っているのでなんだかなあ。
やっぱり初見でいきなり受けて点数がとれるほど甘くはないですね。

次に受けるもしはマーク模試ですがその次はいよいよ東大模試です。
東大模試は言うなればホームでの試合なので最低でもA判がほしいところです。
そのために崩壊しがちな数学と化学を磨いていきます 。

東大受験生ブログランキング

勉強するモチベーションが上がらない、どうも勉強する気にならない。
そういう時間帯というのは誰にでもあると思います。
世の中には色々な人がいて1日10時間勉強して東大に合格しましたみたいな人もたくさんいます。
ですが、それがどんな人にも当てはまるのかというとそれは無理な話です。なぜならそういった人たちは別にすごく努力しているわけではないからです。世の中では長時間仕事や勉強をする人は真面目で努力家で偉いというように考えられることが多いと思います。でも実際はそういう人たちは毎日〇〇時間勉強するぞ!そのためにはご飯に何分、睡眠時間は何時間で…。じゃあ残った時間はこれだけだからこれだけ遊ぼう、と決めてそれを完璧に実行することに快感を覚えているだけなんです。
それをそのタイプではない人が真似をしたときに3日坊主という現象が起こります。スケジュールを遂行することが好きな人の真似をそうでない人がするのは地獄でしかないです。
ではストイックにやることが苦手な人はどうしたら良いのでしょうか?
僕はダメな時はスパッと諦めます。勉強しなければいけないけれどやる気が起こらないと思っていると罪悪感に潰されてどんどん何も出来なくなります。だから一旦他のことをしてやる気になるのを待ちます。たとえその日思ったように勉強出来ていなくても遊んでしまう、そういうのも大事だと思います。

東大受験生ブログランキング

  受けてきました
国語 時間足りません。東大感覚で解いていたらあっというまに時間が溶けました。
数学 解けない問題はなかったですが最後が解き終わりませんでした。
英語 日本語を大量に書かされているうちに試験が終わりました。
物理 凡ミスをした場所が悪くて一気に15点失いました。
化学 物理の最後にこだわっていたら時間が足りませんでしたね。しかも結局物理も解けず…

まあ時間の厳しいテストでしたね。
初めて受けたテストだったので勝手がいまいち掴めませんでした。
これはE判定でしょうね。判定ラインも厳しそうなので



東大受験生ブログランキング

↑このページのトップヘ