2017年09月26日

「グルームズ・スティル・ウェイティング・アット・ジ・オルター」

11a9efa1.jpg
人月間日


ボブ・ディラン聴きながら、城山三郎「指揮官たちの特攻 幸福は花びらのごとく」読んでいる。


戦争って本当に怖い。

人間爆弾、人間魚雷ってなんだ。


人間って怖い。


スタンリー・キューブリック監督の傑作映画「博士の異常な愛情」を思い出す。



ヨルダン川の西、ジブラルタルの岩の東

わたしは見る、ページがめくられるところを
カーテンが上がって新しい時代が訪れるのを
今も祭壇で待っている花婿を


「グルームズ・スティル・ウェイティング・アット・ジ・オルター」
ボブ・ディラン


ウクレレえいじ 08:15|この記事のURL⇒コメント(0)TB(0)clip

2017年09月25日

「映像実験」

b44e5cfb.jpg
実月験日


必死プロの阿部監督は映像実験が好きである。


監督は新しい機材を買っていた。


早速実験に取り掛かる。


新作映画の初稿脚本は完成しているのだが、脚本にとらわれず、自由で全く新しい撮影を試みていた。


映像は二人の想像を超えていた。


「今回の映画、こんなハードな作品だっけ?」


えいじは丸坊主なので、なんか異常な緊張感が漂い、迫力が出る。


「またカルト映画みたいになってるよ」


二人、笑う。


今回は恋愛映画にする予定なのに、全く違う映像になっている。


まあ普通の恋愛ものではないんだけれど。


しかし、実験は面白いな。


新しい旅がまた始まった。


ウクレレえいじ 06:10|この記事のURL⇒コメント(0)TB(0)clip

2017年09月24日

「復活!必死プロ」

3807305b.jpg
復月活日


新代田新必死プロスタジオにて、新作映画のテスト撮影。


映画は2年ぶり。


真夜中、阿部監督とやる。


また新しい実験が始まった。


やるべし。


ウクレレえいじ 10:13|この記事のURL⇒コメント(0)TB(0)clip

「サンキュー」

7a1747af.jpg
土月夜日


六本木ナイトショー。

秋分の日。


サタデーナイトライブ。


めちゃくちゃ盛り上がるメルシー。


お客さんのセンスがいいと演者たちもノッてきてホンモノのライブになる。


滅多にない。


最高の夜はお客さんのセンスで決まる。


ウクレレえいじ 00:16|この記事のURL⇒コメント(0)TB(0)clip

2017年09月23日

「その日の前に」

215677df.jpg
秋月夜日


秋の虫たちが鳴いている。


マイルスのスローなジャズが流れている。


六本木でほぼ毎晩ステージに立っているせいか、気がつけば秋。


毎年呼んでもらうイベントがあると「え、もうそんな季節?」と思うことがある。


人生五十年から、人生百年へ。


生涯医者だったえいじの曾祖父は99歳まで生きた。


えいじは百歳までウクレレ漫談やるのか。


いつかぶっ倒れるその日まで。


誰も笑わなくなるその日まで。


ウクレレえいじ 02:29|この記事のURL⇒コメント(0)TB(0)clip

2017年09月22日

「旅の途中で」

75ff926d.jpg
芸月術日


必死プロで色々実験を重ねてきた。


未完の作品もある。


冷酷な殺し屋の話は二日間撮影したが上手くいかなかった。


脚本は出来たが撮影に至らなかったものもある。


すべては時間が解決してくれたと思う。


細々でも撮影し続けてきたことがよかった。

賛否両論、実験映画の旅は続く。


ウクレレえいじ 00:15|この記事のURL⇒コメント(0)TB(0)clip

2017年09月20日

「浅草慕情」

9beaaeef.jpg
浅月草日


浅草東洋館前。


「おい!」


鯨屋のオヤジさんだった。


「オレの缶詰喰ったか?」


「え?缶詰?」


「まだだろ?買ってやるよ」


オヤジさんは自分プロデュースの缶詰を、近くのお店で自分で小銭を出して買ってくれた。


「朝ドラ出たんだって?」


「頑張れよ」


「バカヤロー!」


オヤジさんはひとりで喋り、てくてく歩いて行った。


相変わらずだな。


「ありがとうございます」


俺は缶詰とウクレレ持って演芸場に向かった。


ウクレレえいじ 21:36|この記事のURL⇒コメント(0)TB(0)clip

「ウクレレえいじイベント出演情報」

<ザンジバルナイト2017、オフィシャルホームページチケット先行予約>

受付期間:
9/19(火)12:00 〜 9/25(月)12:00

http://w.pia.jp/t/zanzibarnight-of/

※お一人様4枚まで


よろしくお願いいたします。


ウクレレえいじ 08:34|この記事のURL⇒コメント(0)TB(0)clip

2017年09月19日

「明日」

c0c28df1.jpg
「多流寄席」


2017年9月20日(水)


12:00開演


出演
たくみ【漫談】
カントリーズ【漫才】小枝ノリユキ【ピン芸人】
アチャラカコミックス【コント】
ふじきイェイ!イェイ!【ものまね】
てじな倶楽部【マジック】
黒板七郎【漫談】
HEY!たくちゃん【ものまね】
牧 正【漫談】
チャイム【漫才】
ふとっちょ☆カウボーイ【メタボリック漫談】
Ko−1【マジック】立川らく兵【落語】
好田タクト【指揮者形態模写】
桜井ちひろ【モノマネ】

モロ師岡【ギター漫談】

ナッキィ【漫談】
あさひのぼる【ギター漫談】
尻流複写二【フランス人rakugo】
冷蔵庫マン【冷蔵庫漫談】

猫ひろし【漫談】

ウクレレえいじ【ウクレレ漫談】

立川左平次【落語】
ベートーベン鈴木【コミックソング】


会場:浅草東洋館


ウクレレえいじ 15:50|この記事のURL⇒コメント(0)TB(0)clip

「活動写真」

fbfb9e5f.jpg
映月画日


必死プロ映画は阿部監督主導である。


ウクレレえいじは主演と共同脚本。


脚本も阿部監督がほとんど書いているから脚本協力程度かな。


映画は

「ウクレレ哀歌」(2011年・新宿、大阪、愛知半田上映)、「アロハ慕情」(2012年・中野、大阪、長野上田上映)、「マズルカ」(2013年・下北沢上映)、「あがぺえ」(2015年・下北沢上映)、「潮騒」(2015年・横浜、下北沢上映)。


ナンセンスコメディは
「IREVA」(2012年・未発表)、「戦士の休息THE MOVIE」(2013年・京都、栃木思川、下北沢上映)、「座頭えいじ」(2013年・鳥取米子、長野須坂、茨城つくば上映)、「愛情物語THE MOVIE」(2014年・未発表)、「ラストタンゴ」(2017年・下北沢上映)。


たくさんの俳優、女優、芸人に出てもらった。


いろんな街の映画祭や上映イベントにも参加した。


まあ苛酷な撮影で迷惑かけ放題で、恐縮しかりである。


気まずい空気にもなる。


えいじは肉離れ、首、肩打撲、ガラスの破片で傷だらけ、発熱…。

みんなにケアしてもらったりした。


一番えいじが子供なんです。


しかし作品が出来上がった時、みんなはいい顔になる。


感謝だけなのです。


とにかくやれるところまでやり続けよう。


まだまだ。


ウクレレえいじ 02:44|この記事のURL⇒コメント(0)TB(0)clip

2017年09月17日

「雨の必死プロ会議」

c47afeab.jpg
脚月本日


雨の新宿。


レトロな喫茶店にて、必死プロ脚本会議。


阿部監督は遂に初稿の脚本を書いてきた。


前進前進また前進。


他の企画のアイデアを出しあう。


予算を押さえた小品を作っていこうと話し合う。


お楽しみはこれからだ。


ウクレレえいじ 18:03|この記事のURL⇒コメント(0)TB(0)clip

2017年09月16日

「光る男」

172e170a.jpg
連月戦日


連戦連投、六本木ナイトショー。


今宵はギャルたちの黄色い声で盛り上がるメルシー。


女の人ってやっぱり凄い。


六本木mimicももうすぐ2年。


1回目からえいじがメインMCをしているのが不思議だ。


「ビキニ伝説もんろーもんろー」「チャップリン公開生放送」などいろんな番組で、MCを経験させてもらったのが大きい。


お客さんはもちろん、出演者も楽しい気持ちでやれるように。


相変わらず試行錯誤、失敗の繰り返しだけど。


とにかくえいじだけは悪戦苦闘するのだ。

たまにサイコーのご褒美の夜がある。


ウクレレえいじ 00:15|この記事のURL⇒コメント(0)TB(0)clip

2017年09月15日

「ウクレレえいじショーパブ出演情報」

2017年
9月16日(土)19日(火)20日(水)21日(木)22日(金)23日(祝・土)26日(火)27日(水)29日(金)30日(土)


「ものまね道場」


会場:
六本木mimic


出演:
小田嶋政志
ウクレレえいじ
ほか

http://mimic.co.jp/

*出演者は日替り(4〜5組)になります。


ウクレレえいじ 00:03|この記事のURL⇒コメント(0)TB(0)clip

2017年09月14日

「秋日和」

dfa1c6a9.jpg
秋月秋日


必死プロ作品は秋にロケをした記憶が強い。


2011年に千葉の海岸で「座頭えいじ」、2013年に檜原村の河原で「マズルカ」、2014年に伊豆の山中や浜辺で「あがぺえ」を撮影した。


楽な記憶は一切ない。

苛酷でぼろぼろになった想い出しかない。


だけど映画を見るとやってよかったなと思う。


監督も俳優も必死。


「今年は秋に撮影したいですね」


阿部監督は言っているがどうなるかな。


ウクレレえいじ 00:21|この記事のURL⇒コメント(0)TB(0)clip
▼最新コメント(20)
▼月別過去ログ
▼大昔の過去ログ
▼ワハハ関連Blog

ワハハ本舗関連ブログ
最新記事RSSリーダー


ワハハ本舗HP表紙