2月20日(水)

※3月臨時休診のお知らせ
   2日(土)午後
  10日(日)
  19日(火)午後 
  30日(土)      
は臨時休診となります。
 ご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願いします。


先日来院された猫ちゃん
涎がたくさん出ているとのこと
食べるのも少し痛そうで何とかしてほしいとのことでした

猫ちゃんで口が痛いといえば
真っ先に思い浮かぶのが「口内炎
ウイルス感染や免疫異常で起こるなかなか厄介な病気です

恐る恐る口の中を見てみると・・・
IMG_0284IMG_0283
歯石が重度に付着しており
歯茎は赤く腫れ上がって重度の「歯周病」 を起こしていました
奥歯は根元も確認できないほどで
見ているだけでも痛そうです 

歯石や歯垢は細菌の固まり です
歯磨きをせずに放っておけば
どのどんと細菌が歯周ポケットにたまり
歯茎を溶かして、遂には歯根もダメにしてしまいます
今回の涎の原因も歯周病といえそうですね
 
そして年齢的にもまだまだ若いため麻酔下で抜歯と歯石除去を行うこととなりました 
IMG_0333
   (Before)

歯石取りで大事なのは歯石を落とすことはもちろんですが
歯周ポケットにたまった細菌を掻き出すことです
一本一本キュレッタージといって歯周ポケットにたまった汚れを掻き出していきます
そして歯の表面を研磨剤で磨き上げて、抗菌剤を注入して終了です
徹底的にするのであれば麻酔下でないとできませんね

IMG_0338
   (After)

無事に手術は終了しました
奥歯は根元まで侵されていたために温存することはできませんが
これで口の中もスッキリ、匂いも涎もなくなりました

猫ちゃんで歯磨きはなかなか難しいですが
何もしないでおくと人間と同じように歯周病になってしまいます
口内炎も併発している場合にはさらに症状がひどくなります
何年間も歯磨きしていなければこうなってしまうのは当然ですよね

猫ちゃんを飼われている方も頑張って「歯磨き」
宜しくお願いします
そして涎が多かったり口が痛そうなときは
早めにご相談ください


では今日はこの辺で・・・・ 
出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ