2月24日(日)

※3月臨時休診のお知らせ
   2日(土)午後
  10日(日)
  19日(火)午後 
  30日(土)      
は臨時休診となります。
 ご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願いします。


当院で手術を開院当初におこなった柴犬のテルちゃん
口の中のできものでした
当時16歳と高齢でしたが手術を無事に乗り切ってくれました
しかし病理診断の結果は・・・
「悪性黒色腫」 

悪性黒色腫はメラノーマともいい
口の中にできる悪性腫瘍で一番発生の多いものです
転移や拡大の速度がとても早く
4cm以上のサイズのものでは余命も3,4ヶ月といわれています
手術で取りきったつもりでも
1ヶ月後にはもとのサイズよりも大きくなってしまうこともよくあります

今回の診断結果も同様のもので
かなり悪性度は高く予後は要注意とのことでした
再発・転移がかなり心配でしたが
免疫力を上げる治療や緩和療法、サプリメントなどを用いて
かなり抑えることができていました
(現在で術後10ヶ月近くにもなるのでそれだけでも奇跡のようですが)

しかし数ヶ月前より徐々に再発・拡大し始めました・・・
出血が見られず食欲もあったために緩和治療を続けていましたが
再び出血がひどく貧血になってきました
IMG_9857
(右頬が外から見ても腫れてきているのが分かります)

そこでこのまま拡大を続ける癌に対して どうしていくのか・・・
お父さん、お母さんと話し合いました
放っておけば今後どんどんと拡大して、テルちゃん自身の体力も落ちていきます
「やるならば今しかない」
ということで再手術となりました

しかし悪性黒色腫を再度取りきるとなると顎の骨までなくなってしまいます
下顎リンパ節に転移している可能性も高いです
そこまでするのは飼い主様の求めることとは違います
なので抗癌剤も選択肢から外れます
たとえ完治できなくてもテルちゃんが余生を楽に過ごせるようにしたいのです

目的は今後のテルちゃんのQOL(生活の質)を改善させること
それでいて生存期間をできるだけ長くしてやること


難しい問題ですが何もしないでいれば体はどんどん衰弱してしまいます
考え抜いたすえにとった手術法は・・・温熱療法

明日に続きます


では今日はこの辺で・・・・ 
出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ