2月12日(水)

雪が降ってとても寒い日が続いていますね
皆さんは風邪などひかれてはいませんか?
倒れてしまっては診察できませんので
最近は手洗い、うがいをいつも以上に丁寧にしています

さて、以前にも話したことがあるかもしれませんが
猫ちゃんは腎不全や膀胱炎など
「おしっこ」関係の病気が非常に多い動物です

とくに寒い季節になると尿道閉塞などの病気も増えてきます
猫を飼ってらっしゃる方は
尿の回数や色、飲水量など注意して見てあげて下さいね

今回の症例の猫ちゃんは半年近く血尿が続いているとのこと
膀胱炎を疑い抗生剤や尿酸化剤、療法食による治療を続けいていられましたが
なかなか改善が見られないとのことで当院に来院されました

これだけ血尿が続いていると原因をしっかり探して行く必要があります
 ・膀胱炎
 ・腫瘍
 ・結石

などがやはり疑わしいですよね

そこで院内で各種検査をおこなったところ・・・
膀胱結石
これはお腹のレントゲン写真になりますが、気付きますか?
分かりやすいように色付けをしてみると・・・
BlogPaint
赤丸で囲っているのが膀胱で
中の黄色い丸が結石です

この子は膀胱炎だけじゃなくて
膀胱結石があったために半年間血尿が止まらなかったんですね

こうなれば話は簡単で後は石をどうするか?
・溶かす内科治療
・摘出する外科治療
もちろん内科的にいければ素晴らしいのですが
すでに石を溶かす療法食を食べ続けているにもかかわらず
石が存在していることから今回は摘出することとなりました

IMG_1220
すこし怖い写真ですが・・・
お腹の中から膀胱をそっと出してきます
そして膀胱に最小限の切開を加えて・・・

IMG_1222
豆のような結石がでてきました
この後は石の取り残しがないように
膀胱・尿道内をきれいに洗浄して膀胱を縫い合わせます
お腹の中もきれいに洗浄してから閉腹していきます

IMG_1223
これが摘出した結石です
見た目だけでは何か分からないので
アメリカの結石分析センターに依頼して調べてもらいます
その成分結果から今後再発予防のために治療薬や療法食を検討していきます

今回の血尿の原因は膀胱結石でした
血尿とだけ聞くと膀胱炎?と単純に思ってしまいがちですが
このように原因を究明して治療しない限りは治ることはありません

この猫ちゃんも現在では無事に退院してくれ
血尿は手術二日目から出ることはなくなりました

もし血尿があれば・・・
ただの膀胱炎と考えず一度詳しく調べてみるべきです
ご相談ください


では今日はこの辺で・・・・ 
出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ