2月16日(日)

寒い季節で関節が固くなるからなのか・・・
ここ最近は椎間板ヘルニアの症例が多いように感じます
もちろんヘルニアといっても軽い症状から重い症状までありますが
グレード3以上の場合は外科手術も視野に入れながら治療していく必要があります

前回ブログで紹介した子もダックスでしたが
今回椎間板ヘルニアを発症した子もダックスの女の子です
P2070164

やはりミニチュアダックスフンドでは圧倒的に多い病気ですね
飼われている方は注意されてください

今回も同じく症状はグレード4・・・
発症後すぐにMRI検査に行ってもらい
病変部位を確認した後に夜間手術を行うこととなりました
P1110632
脊髄を傷つけないように注意深く圧迫の原因である椎間板物質をとっていきます
こんかいは吸引管でほとんどを除去することができました

ここからは安静とリハビリという大変な毎日が待っています
二週間の安静入院の後、自宅でも頑張ってリハビリを続けていただきました

そして一ヶ月後・・・
元気に院内を走り回る姿を見せてくれました
 
手術が無事にうまくいったことはもちろんですが
発症後すぐに来院された飼い主さんの判断
そして術後の毎日のリハビリのおかげです

こうやって元気な姿を見せてくれると
本当に嬉しくなります
獣医冥利につきます
これが「やる気」の源なんでしょうね

さて今月は重症例が多く休む暇もありませんが
まだまだ頑張れそうです

皆さんもインフルエンザや風邪には気をつけて
頑張っていきましょう


では今日はこの辺で・・・・ 
出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ