4月5日(土)


ある日の朝一番病院に電話がありました
猫が部屋で暴れた後、顎が歪んでいるように見えるとのこと
出血もあり一度診てほしいとのことでした

すぐに来院を指示し診察に入ってみると・・・
写真はありませんが、顎が確かに歪んでいます
早速レントゲンをとってみると
BlogPaint
赤丸で囲ったところですが分かるでしょうか?
顎の骨がパックリと割れてしまっています

もちろん本人も痛みからか食欲がありません
そこで下顎骨骨折の整復術を行うこととなりました
様々な方法があります
・プレート設置術
・頚歯間ワイヤー設置術
・下顎骨ワイヤー設置術

今回は費用的問題や術後の入院状況、本人の性格も踏まえて
下顎骨をワイヤーで締めて固定する手術を選択しました
P2140299
固定前の状態ですが
臼歯が奥側にズレてしまっているのが分かります
そこで下顎から骨にアプローチしてワイヤーを設置しました
P2140300 下顎
見た目はまっすぐに整いました
レントゲンでは多少のずれが見られますが
これからは仮骨という骨がどんどん出来てきてより強固な固定をしてくれます

術後数日から本人は採食を開始してくれました
今ではまったく日常生活に問題もなく過ごしてくれています

小型犬や猫ちゃんの骨は非常に細く折れやすいです
抱っこ中に落ちて前足が折れてしまうと事故もちょくちょくあります
気を付けていただくのはもちろんですが
骨折後に暴れてしまうと余計にひどくなることもあるので
気になったら早めに病院まで来て下さいね

お口の健康は長寿の秘訣
今回の手術でこの子が10年先も元気に過ごしてくれたら嬉しい限りです


では今日はこの辺で・・・・ 
出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ