6月26日(金)

☆Facebookページも「いいね!」ヨロシクお願いします☆
 「いいね!」をしていただくとブログをよりリアルタイムでご覧いただけます♪


本日はすごい雨でしたね
春のバタバタもようやく落ち着きデスクに向かうことができるようになりました
久々の症例紹介となります
今後もいろいろとご紹介したい病気がたくさんありますので
ボチボチ記事にしていこうかと思います

さて今回は「眼球突出」
名前から想像するのは簡単です
眼球が前に飛び出してきてしまう病気ですね

これは事故や喧嘩などの外傷から起きるのですが
その中でも短頭種(シーズーやフレンチブルドッグなど)に起きやすい
と言われています

今回の子も急に電話がありました
「同居犬と喧嘩してしまって、眼が飛び出てきているので他院に行ったが、右京動物病院を紹介された」とのことで緊急で来院されました
(怖い写真になるのでご注意ください、モザイクで修正しました)

BlogPaint  BlogPaint

見てわかる通り、右眼が突出してしまっています

突出した眼球は視覚を温存するためにも
そして何より外気と触れることで炎症がどんどん生じてしまい
最悪眼球摘出をする可能性もあるため
できる限り早く整復(元に戻す)しなければいけません

そこで急遽、緊急処置・眼球整復術をおこないました
術後の写真です
PA257607  PA257609
きれいに治ってくれています
しばらくは眼瞼縫合といって
眼球が落ち着くまで眼を閉じた状況に
しておく必要があります

そして数日後・・・
PB068267  PB068268
眼瞼縫合の糸を抜糸しました
少し視線が合わなくなってしまっていますが
無事に眼球は元の位置に戻りました

また再発を防ぐため
他の子と喧嘩しないように去勢手術も後日行い
今では問題なく日常生活を送ってくれています

このように眼球突出の際は緊急的な処置が必要となります
発症後数時間が要となってきますので
すぐにかかりつけの先生と普段から連絡をとれるようにしておいてください

当院に緊急的にご来院される場合は電話でお知らせください
また夜間や休日に関しては留守番電話にメッセージを残すようにしてください
宜しくお願いします 

それでは今日はこの辺で・・・・ 
出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

京都市右京区(鳴滝・常盤・太秦・嵯峨・嵐山・花園・梅津・円町・西京極)
〜行きづらい病院から行きたくなる病院へ〜
右京動物病院