5月16日(火)

゜゚・*:.。..。.:*・゜獣医師の臨時休診のお知らせ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
それぞれの通常の休みに加え、下記日程が休みとなりますのでご注意下さい。
 百石:5月27日(土)午後
 三浦:5月20日(土)

学会・勉強会等参加のため、上記の通り獣医師不在の日がございます。
診療は通常通りおこなっておりますので、どうぞご了承ください。


だんだんと気候の良い日が増え、外に出るのが楽しい季節になってきましたね
先日は、今年度初登山!で比叡山に登って参りました
昨年は雨ばっかりで一度も山に行けなかったのですが
今年は最初から良い天気に恵まれ、とても嬉しいです


さて、本日は、どんな子にも起こり得る出来事をご紹介します。

早速ですが、これは何でしょうか?
そして、どこから見つかったものでしょうか?

IMG_4757IMG_4758






答えは、おもちゃの欠片。
見つかったのは、ゴールデン・レトリバーのSちゃんのお腹の中です。

Sちゃんは、「何度も吐く」という主訴で来院されました。
血液検査・レントゲン検査で確定診断が出せなかったため
最初は吐き気止めや点滴で様子をみることになりました。

しかし、数日経っても吐き気が治まらず…
内視鏡検査と試験開腹に踏み切ることになりました。

その結果、腸に異物が詰まり、腸閉塞を起こしていることが分かりました。

実際の写真がこちらです。
IMG_4745





中央の丸い塊が異物です。
その右側は血流が悪くなり、腸の色が黒っぽく変色しています。

IMG_4750





腸を切開し、中に詰まっている物を取り出しました。

出てきたものが、最初の写真のものでした。
腸の状態は変色はしていたものの、血流は残っていたため
異物を取り出し、切開した部分を縫い直すだけで手術は終了しました。
もう少し発見が遅れていた場合、腸が壊死し、
壊死した部分を切除することも必要だったでしょう。

手術後は吐き気も治まり、Sちゃんは元気に退院されました


この「異物の誤食」。
若いときに多い傾向にありますが、高齢でも食べてしまうことはあります。
ウチの子は大丈夫!とは決して思わないでください。
ちょっとした油断が事故を起こしてしまうこともあります。

お家の環境を整えてあげること
壊す可能性のあるおもちゃは十分に注意して遊ばせること
口にくわえたものを放すトレーニングをすること

など、できる限りの対策を行いましょう!
それでも食べてしまったときには、すぐに相談してください。


また、Sちゃんの場合は、最初の来院時から異物の存在を強く疑っていました。
年齢と症状、検査結果からということもありますが、
以前にもおもちゃを食べたことがあると、飼い主様がお話してくださったからです。
その為、治療への反応をみて、次のステップをすぐに提案することができました。
飼い主様と会話のなかで、治療方針が変わってくることも多々あります。
些細なことでも、遠慮なくお伝えいただければ幸いです


それでは今日はこの辺で・・・ 
出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ) 

R. Miura@U-KYO-Animal Hospital

  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

京都市右京区(鳴滝・常盤・太秦・嵯峨・嵐山・花園・梅津・円町・西京極)
京都市内唯一腹腔鏡システム導入 [腹腔鏡下避妊手術]
動物の総合健康管理施設右京動物病院 HEALTH CARE CENTER