心構え

別れの先に・・・

8月27日(日)

こんばんは、院長です。
お盆も過ぎ夜の暑さはマシになりましたが、日中は変わらずですね。
今日は日帰り出張で東京まで出かけたため、久しぶりに日光に当たることができました。
しかし東京の人の多さはすごいですね。
毎日満員電車のなか出勤されている方を想像すると頭がさがる想いでいっぱいになりました。

今月はお盆月ということもあってか、、、別れの多い月となりました。
当院も今年で開業5年を迎え、当初より来ていただいている患者さんも大分年をとってきました。
そして当院の特徴として、重症患者が多く来院される傾向にあります。
予防などは近くの病院でもいいけど、病気になったときは心配だからと県外から足を運んでくださる方も多数いらっしゃいます。

当院は最新の医療機器を取り揃えて、種々の難治疾患にも諦めずにスタッフ皆が立ち向かっています。
それをこのように評価いただけるのは非常にありがたい限りです。
しかし、重症患者が多いということは、その分別れも多くなります。

私は小さい頃より動物が大好きで、獣医師になって多くの動物を助けたいという夢がありました。
実際に現在ではその夢を叶えることができて幸せな毎日を過ごしています。
ただ・・・やはり別れというものはいつになっても慣れることはありません。
命と常に隣り合わせゆえの、この仕事の一番辛いところでしょうね。

今月は冒頭でも述べた通り、そんななかでも特に別れが多かったように思います。
今まで長く診させていただいた子が先に行ってしまうのは非常に悲しい気持ちがあります。
もちろん私がクヨクヨしていてはいけませんので、常に前を向くようにはしていますが。

そして先日は長いガンとの闘病生活を送っていたワンちゃんとの別れがありました。

1年以上前でしょうか。
初めて来院された際にすでにお腹の中に大きな大きな悪性腫瘍が存在し危機的な状況でした。
大手術に耐え、再び元気な姿を見せてくれるようになりました。
ただし癌は根治したわけではありませんので、
多くのお薬や定期的な注射をうけながら毎日頑張ってくれていました。
しかし、癌はやはり身体を少しずつ蝕んでいきます。
そして、、、最後は病院で看取られながらその息を引き取りました。

今回は縁もあってその子をスタッフ皆で一緒に見送らせていただきました。
P1010244
一人一人お焼香を炊き、最後はお骨も一緒に拾いました。
スタッフ皆にとっても非常に悲しい時間だったでしょうが、この別れから一人一人が何かを感じ取ってくれればなと思います。

他にも腎不全のワンちゃんやネコちゃん、脳腫瘍のワンちゃん、心臓病のワンちゃん。
多くの子との別れがありました。
もちろんとても辛いことですが、飼い主様の方がもちろんもっと悲しくて辛いに決まっています。
私自身も愛犬との別れでペットロスを経験しましたので、十二分に気持ちは察します。
そんな私も今では愛犬との別れをなんとか乗り越えられました。
だからこそいつも飼い主様にお話ししていることがあります。

「無理に忘れようとする必要はありません。
むしろたくさん泣いて悲しんで、その子との別れを受け止めていいと思います。
忘れるよりむしろ、ずっと覚えて思い出してあげてください。
そして悲しい思い出だけでなく、良い思い出も一緒に思い出してあげてください。
別れは悲しいものですが、それ以上に大きな絆をくれたはずです。
それらは何にも変えられない暖かなものでしょう。
そして先に虹の橋で元気に待っていてくれるはずなので、
私たちは今を精一杯生きて、最後にまた胸を張って会えるように頑張りましょう。
今は元気な姿で走り回りながら、こちらを見てくれているでしょう。
だからこそ思い出して、語りかけて、恥ずかしくないように今を生きましょう。
そうすれば、私たちの人生の最後のご褒美として、一番に迎えてくれるはずですから。」


私はどちらかというと無心論者でリアリストでもあります。
しかし奇跡が起こる瞬間はたくさん見てきました。
だからこそ信じたいです、もう一度会えるその瞬間を。

私も多くの子達との別れを忘れないようにします。
自分の子も、患者さんも、皆ともう一度会えるように。
そのときはもう痛いことはしないので、仲良くしてね。

さぁ、明日からも前を向いて頑張ります。

院長


それでは今日はこの辺で・・・・ 
出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

京都市右京区(鳴滝・常盤・太秦・嵯峨・嵐山・花園・梅津・円町・西京極)
動物の総合健康管理施設
右京動物病院 HEALTH CARE CENTER

新年度の幕開け

4月12日(水)

゜゚・*:.。..。.:*・゜獣医師の臨時休診のお知らせ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
それぞれの通常の休みに加え、下記日程が休みとなりますのでご注意下さい。
 平野:4月16日(日)、5月4日(木)〜7日(日)
学会・勉強会等参加のため、上記の通り獣医師不在の日がございます。
診療は通常通りおこなっておりますので、どうぞご了承ください。

 新年度が始まり、早1週間以上が経ちました。
学校や就職で新生活を迎えられた方も多いのではないでしょうか?

当院にも4月より2名の獣医師が所属することになり、
私、百石先生、廣畑先生を含めて計5名の獣医師による診察が始まりました。 
新しい先生達以外にも、受付やトリマーなどスタッフが増えて大所帯となりました。

開院当初は私を含めた4名で診察業務をこなしていたのが懐かしい思い出です。 
これもひとえに当院を信頼して動物の命をお預けいただける飼い主さんが増えてきたからであり、
その期待に応えるべく、 これからも初心を忘れずに診察を行っていきたいと思います。

そのためにも先日はスタッフ皆で病院の運営や心構えに対するセミナーを4時間と長時間ですが実施しました。
獣医療も人と同じくチーム医療ですから、
スタッフ皆が同じ方向を向いて団結していなければなりません。
私の思いや社会人としての心構えもお話しさせていただきました。

そして夜はスタッフ揃っての春の懇親会です。
毎年、春は新人歓迎会も兼ねて食事に行っています。
この日は無礼講で楽しんでたくさんお酒を飲みました。

IMG_2382
集合写真ですが、皆いい笑顔をしています。
スタッフ皆が幸せに働きつつ、地域の動物を助けていく。
やりがいと責任感をもって仕事に励んでもらう。
院長は診察や手術だけでなく、スタッフ皆のことも考えていかないといけません。 
この子達が幸せに笑っていられるように、これからも頑張りたいと思いました。

最近は他府県(大阪、和歌山、滋賀、静岡など)より難治患者さんが来られており、
口コミの偉大さを感じています。
遠路はるばる京都の私の元まで来ていただけることを嬉しく思うと同時に、
全力でその思いに応えるべく努力しています。

まだまだ春の予防シーズンで病院はバタバタとしてしまうかもしれませんが、
ご来院いただいてる皆様に安心感を与えられるように努力しますので、
こんごとも何卒よろしくお願い申し上げます。

次回以降は症例のお話しにでも戻りましょう。

院長

それでは今日はこの辺で・・・・ 
出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

京都市右京区(鳴滝・常盤・太秦・嵯峨・嵐山・花園・梅津・円町・西京極)
動物の総合健康管理施設
右京動物病院 HEALTH CARE CENTER 

あけましておめでとうございます。

1月1日(日)

゜゚・*:.。..。.:*・゜獣医師の臨時休診のお知らせ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

それぞれの通常の休みに加え、下記日程が休みとなりますのでご注意下さい。
 平野:1月8日(日)、22日(日)
 百石:1月29日(日)
 廣畑:1月21日(土)
学会・勉強会参加のため、上記の通り獣医師不在の日がございます。
診療は通常通りおこなっておりますので、どうぞご了承ください。


あけましておめでとうございます。
旧年中は多くの方に大変お世話になりました。
病院も移転ということで非常に内容の濃い1年間でしたが、
何とか無事に乗り切り、新年を迎えることができました。
あらためて本当にありがとうございます。

そして本日は元旦ではありますが、
当院では予約・救急対応の診察をおこなっておりました。
年末年始をお休みにされる病院さんが多いため、
この時期は救急の患者さんが多いように感じます。

また普段より点滴などで通っていただいている
定期的な治療が必要な患者さんも診させていただいています。 

年末年始くらいはゆっくりと寝てダラダラと過ごしたい気分もありますが、
私が頑張るだけで安心してくださる方がいると思うとやめられません。
それだけ頼っていただけることに感謝です。

ちなみに年末の最後は帝王切開の手術で締めくくりました。
これも救急疾患のため、対応が遅れれば母体の命にも関わります。
しかし無事に終わって一安心でした。

そして昨年25日にはスタッフ皆で忘年会を開催しました。
パートのスタッフなどは参加できない子もいましたが、
随分と人数が増えたものです。
20161225
最初は鳴滝の小さな病院で、スタッフも少人数でしたが、
多くの方に支えられてここまでの大所帯となりました。 
皆、動物が好きで地域のために身を粉にして頑張ってくれています。
病院全体で一つの命を守るために、前を進んで歩いていけています。
本当に嬉しいことです。いつも皆ありがとう。

今年も至らないことも多いかもしれませんが、
皆が地域の動物の幸せのために努力していきますので
どうぞ暖かく見守ってください。

そして本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
今年も頑張っていきましょう。

院長

それでは今日はこの辺で・・・・ 
出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

京都市右京区(鳴滝・常盤・太秦・嵯峨・嵐山・花園・梅津・円町・西京極)
動物の総合健康管理施設
右京動物病院 HEALTH CARE CENTER 

スタッフ犬として

8月7日(日)

スタッフ犬の小豆がなくなって、二週間ちょっとが過ぎました。

飼い主の皆様には多くのお花やお悔やみの言葉をいただきありがとうございます。
また私を心配してくださる方もいらっしゃり、 本当に感謝しています。
 df76d4bc
今は役員室のテーブルの上でヴィヴィと共にたくさんの花に囲まれながら、
日々私たちを見守ってくれています。

これで我が家の犬・猫はすべていなくなりました。
動物のいない生活というのが幼少期以来で本当にぽっかりと穴が開いたような寂しさを感じます。

しかし時間が少しずつではありますが心を癒していってくれているように感じますし、
何より日々助けるべき患者さんと多く向き合うことで 毎日を充実して過ごすことができています。

「獣医師」という仕事に就いていなければもっと辛かったでしょう。
 そして愛犬達は「獣医師」として一番大事な「いち飼い主としての心」を教えてくれました。

当院に多くの患者様が来てくださっている理由として
厚かましくはありますが、もちろん 「腕」や「設備」を評価していただいているとは自負しています。

しかし一番大事な「心」 
これを持っていないと患者さんは来てくださらないと思っています。
どれほどできる獣医さんでも「心」がなければ、それはただのヤブ医者です。

そんな一番大事な「心」の在り方を愛犬達は教えてくれました。
そしてそれを皆さんが感じ取っていただいているからこそ、当院に来院していただけると思っています。
自分の獣医師としての原点をつくってくれた愛犬達に本当に感謝です。


それともう一点、小豆の死で今回感じたことがあります。

それは当院の患者さん達は本当に優しい方が多いです。
たかが犬の死、しかも他人の犬。
誰がその犬のために涙を流せるでしょう?
何かを感じ取ってくれるでしょう??

多くの飼い主さんに涙と共にお悔やみの言葉をいただきました。
その方達は犬も猫も人も関係ない。
種族は何であれ家族だ、と思っていらっしゃるのでしょう。
だからこそ共感していただける。
そういう方が集まってくれる病院になったことが嬉しいです。

小豆・ヴィヴィはスタッフ犬として本当によく頑張ってくれました。
もちろん圧迫排尿やリハビリのデモンストレーションといった実際の業務はもちろん、
スタッフや私に最後の動物との接し方を教えてくれました。
そして多くの飼い主さんにも「心に残る何か」を与えてくれました。

本当に自慢の我が子達です。
最高のスタッフ犬でした。
そして当院を支えてくださっている方々、本当に本当にありがとうございました。
小豆・ヴィヴィの代わりにお礼申し上げます。

p.s.
ちなみに私の現在の待ち受け画面です。
IMG_1126
少しボケたヴィヴィちゃんが、小豆の上に乗っかって寝ています。
少し邪魔だなと眼を開けた小豆ですが、優しく一緒に寝てくれています。
二人で一つ、ニコイチ・・・だったんでしょうね。

「二人とも今までありがとうね。
虹の橋でも仲良くして待っててね。
お兄ちゃんもこっちでの仕事を全て終えたら向かうからね。
そしたらまた皆で遊ぼうね。
大好きだったよ、しばらくおやすみなさい。」

院長

それでは今日はこの辺で・・・・ 
出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

京都市右京区(鳴滝・常盤・太秦・嵯峨・嵐山・花園・梅津・円町・西京極)
動物の総合健康管理施設
右京動物病院 HEALTH CARE CENTER

早一ヶ月が経ちました

4月29日(金)

ご無沙汰のブログになります
4月になって予防シーズンが始まり、
病院の忙しさもピークを迎えています

お待たせする時間が長くなってしまい申し訳ありません

可能な限りお待たせしないように心がけておりますが
待ち時間が長い場合などは隣のマクドナルドでゆっくりされて頂いても構いません
順番が回ってくれば、ご連絡するようにしております

また午前11時〜12時、午後17時〜18時、19時〜20時は大変混みやすくなっています
それ以外の時間でご来院いただくとまだマシかなと思います

さてさて4月もあっという間に終わりました
愛犬ヴィヴィが亡くなったのが3月29日でした

あっという間の一ヶ月でしたね
仕事があるから
毎日助けなければならない子達がいるから
辛くても頑張れました

飼い主様にも多くお悔やみの言葉を頂きました
またたくさんのお花も頂きました
本当にありがとうございます

お骨の前に一つずつ飾らせてもらいました
華やかになって嬉しかったです

そして感じたことは・・・
私のブログに共感頂き涙をともに流してくださった方が非常に多いということ
他人の犬の死に涙を流せる方・・・
そうそう世の中にはいないと思います

当院に来て頂いている飼い主さんは本当に動物を大切に飼っていらっしゃる
だからこそ自分の子のことのように他の子の思う事が出来る
ヴィヴィが亡くなった事は辛かったですが
優しい方に囲まれて仕事できる事が本当に幸せだと感じました

動物を’ペット’ではなく’伴侶動物’として 
まさに家族の一員として
ともに人生を歩まれている飼い主さんが当院には多いように感じます
素晴らしい事です

私と少数のスタッフで5年前に産声をあげた右京動物病院も
素晴らしいスタッフや飼い主様に恵まれて 
どんどんと素晴らしい病院になっているように思います

スタッフだけでなく飼い主様も含め
皆でより良い最高の病院を作り上げる
そんな病院になれば最高ですね 

この春から新人スタッフも多く増えて
大所帯になりました
まだまだ分からない事も多く
申し訳ありませんがご迷惑をかけてしまう事は絶対にあるかと思います

皆さんからも何かあれば遠慮なく
厳しくそして優しく指導をお願いします

今後とも右京動物病院を何卒宜しくお願いします
201604013
4月初めにスタッフ全員で撮った集合写真です
チームワークを大切に地域の動物たちを守っていきます
 
院長

それでは今日はこの辺で・・・・ 
出来ましたら、拍手をお願いします♪
(拍手も、ランキング参加も、いつも、スタッフ一同の励みになっています(o^∇^o)ノ)

  にほんブログ村 その他ペットブログ 動物病院・獣医へ

京都市右京区(鳴滝・常盤・太秦・嵯峨・嵐山・花園・梅津・円町・西京極)
動物の総合健康管理施設
右京動物病院 HEALTH CARE CENTER 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Facebook
QRコード
QRコード