血統・配合傾向 を考えてみる

血統を“ベース”に馬券を考えます

過去5年複勝圏に来た父トップ3

ステゴ:ゴールドシップ・ナカヤマナイト
フジキセキ:イスラボニータ・メイケイペガスター・・ダノンシャンティ
ディープ:ベルキャニオン・サトノアラジン・マイネルストラーノ・ディープブリランテ・スピルバーグ・ディープブリランテ

圧倒的ですね(笑)


それを知ってか知らずか今回5頭もでます

以下、それぞれの感想


〇リアルスティール
ラングレーの全弟、兄はクラシックぎり届かないくらいでしたが現在2連勝と本格化の兆し
この馬は兄より強い勝ち方で新馬戦をぶっちぎったので早熟度は高そう?
ディープ×ストキャの黄金配合
かなり期待


〇ティルナノーグ
ディープ×Gone West。
ディープ×ミスプロながらもsecretariat、Irish Riverと広めがよさそうな名前がちらほら
Nureyev、Buckpasserのパワー系も完備
見限るのはまだ早そう


〇アヴニールマルシェ
ディープ×フレンチ
クロウキャニオン一家などで名の知れる相性のいいセット
活躍場多数輩出のキョウエイマーチの一族
東京で結果も出しており血統面では切る理由が無いといった感じ


〇ソールインパクト
ディープ×Exchange Rateとなじみのない配合
ただし、ふたを開けてみると母は米パワー血統の塊でほか兄弟の勝利は全部ダート
たぶん小回りや急坂向きだと思いますが今のとこ東スポ杯3着が最高成績
悩ましいですが、取りこぼしてもまあ「あの母だしね」で済んでしまいそう
私はスルー


〇アンビシャス
ディープ×エルコン
デニムアンドルビーの残像が見えるような馬
Hyperonまみれの母ですから持続力で勝負するタイプですかね?
古馬になってからもおもしろそうです
時計がかかるようなレースなら浮上の可能性大


以上感想終わり


私は馬場読みレベル低いんでリアルスティールの単勝にぎっときます
ラングレーの無念を晴らせ! 

はやい話がトニービンです

前回なんか1・3着トニービン持ちで2着は三代母父がGrey Sovereignでしたからね
中山外回りとはかなりの相性だと思いますよ

人気どころのエアソミュールやフェイムゲームももちろん良いでしょうが、オッズ的にはフラガラッハの一発を期待する方がいいんじゃないでしょうか


前回では上がり最速の5着、着差0.1と大健闘していますし力負け感はなし

また、オールカマーで上がり最速の4着の割には過小評価
 
仮に普段通りの中山開催だったら、もしかしたら馬券になっていてここでの妙味はなかったかも知れません

そう考えるとかなりおいしい馬なのでは?(笑)

このページのトップヘ