2010年12月21日

ハタハタ求めて男鹿巡り

ハタハタ

秋田市で飲み会をしてその翌日、帰りがてら男鹿半島へ。
ハタハタが釣れてるか偵察して、あわよくば釣ってやろうという目論見です。

ハタハタ釣りといえば、一昨年。八森の磯で半ベソをかいたのを
苦く思い出します、、。



最初に船川港に行ってみると、天気は良くても風が強い、、。
それでもパラパラとハタハタを釣ってる人はいました。
大きな群れはいないのか、ピーカンだからなのか、たいして釣れてません。
私もやってみますが、うーん、釣れない..。

それでも一部の人にはポツポツでもかかっているので、手掛かりをつかもう
とウロウロしてると、置き竿にかかってました~。冒頭の写真の若いオス。
余計なシャクリとかしない方がいいってことですか、、(苦笑)


日本海

釣れないので船川をあきらめ、男鹿半島をぐるっと北上して行きますが、
途中の小港や磯にはハタハタやってる釣り人は見当たらず、
最後に北浦魚港に着くと、ちょうどハタハタの水揚げ真っ最中!

北浦漁港

網入れ中の漁船

港を出たすぐのところでは、漁船が走り回って網を入れてました。
カモメが船について乱舞していて、まるでジブリ映画のようです。
ということは、ハタハタ自体はまだ獲れるんですね。

釣り人

ハタハタ釣りの人々もパラパラといましたが、船川より少しマシなくらい
の釣れ具合。・・ですが、またも釣れる人は釣れていて、釣れてない人は
・・・な感じ。当然私も後者、、、。
船川とほとんど同じサイズのオスが1匹追加されました。

群れが入って爆釣モードになれば私でも釣れるでしょうが、
こういうシブい時に差がつくのは、何の違いなんでしょう?
観察してても、シャクリも道具もマチマチなんですよね~。


ハタハタの煮付けf_101219_6

釣らなくても、この時期は日ごとに値が下がるハタハタなので、
今年も毎日のように食べてますが、最近のお気に入りは煮付けです。
ブリコを煮汁に絡めて食べるとおいしいです。
上の写真は、貴重な釣果のオス2匹なので、ブリコは入ってませんけど(^^;


釣行データ
 2010.12.19 男鹿市・船川港,北浦漁港 晴れ・大潮
 釣果:ハタハタ(オス)×2

umanoshiri at 23:08│Comments(0)釣り 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字