冬晴れキャンプ競馬場作り

2024年01月19日

時間泥棒の冬の街

gm_240119_5

コロナ下のおうち時間を過ごすために買った
町づくりゲームの「シティーズスカイライン」。
これが文字通りの時間泥棒で、、
始めてしまうと止まらないんですよね。
おかげ様でここ2年くらい、生活に支障をきたしました、、。



gm_240119_7

むかしむかし、FM-TOWNSというPCが登場したとき、
シムシティに初めて触れて、この手のゲームの楽しさを
覚えてしまったのでしたが、基本はあまり変わってない。
道路を敷いて、土地を各種区画に割り当てて、
電気や水道なんかのインフラを繋げると、
建物がニョキニョキっと生えてくるわけです。


gm_240119_6

ゲームでの作業はその繰り返しでも、
いつの間にかできあがった町のリアル感がすごいのです。


gm_240119_8

この冬に作っていた町では、拡張パック(DLC)の
「Snow fall」を入れたんで、雪降る町づくりとなりました。
溶けたり降ったりするのかと思ったら、あらま
雪が消えることのない極北の町だったんですねー。
寒い日は-30℃近くまでいってしまう町、、、。


gm_240119_9

そのため、このDLCでは熱供給設備と除雪の要素が追加されてます。
初期の資金がない時期は、苦労させられそうだなあ~
と思ったんですが、熱供給の分、電気使用量が減ったりして
意外に大丈夫でしたね。


gm_240119_10

順調に町が広がっていくと、発生するのが交通渋滞。
これがこのゲームの真骨頂だったりします。

gm_240119_11

住人ひとりひとりが何か行動していて、人が増えると
その動線が絡み合って、あっ、車が詰まってる、、みたいな

gm_240119_12

どしどし車が押し寄せて、交差点がパンク、、。
道路を太くしても、余計に悪化、、。
車の削減に貢献した路面電車も糞詰まりになったり。。

でも、これをうまくさばけると、とってもドヤ感。
とにかく「散らす」のがコツですね。
一か所に集中させない道路網作り。



gm_240119_13

そして夜が来ると、なんとまあ夜景がきれい。
自分の町にうっとりします。。


gm_240119_3

こういう町のシンボル的なのも、お金が溜まると建てれます。
山の上にアクセスするのに、ロープウェイだけにしようと
思ったんですが、そうするとゴミ回収とか除雪が行けない、、。
結局道路も繋げたり。


gm_240119_14

海辺では漁業も展開。


gm_240119_4

漁船がイワシを獲ってきて、工場へ出荷されて加工され、
商店や市外へ運ばれて。
ゲーム中いちいち気にしないですが、その積み重ねで
町の経済が動いてるっちゅう、
そのあたりがシミュレーションなわけですね。

今続編の「2」が出てますけど、必要スペックが酷いそうで
まだ体験できてません。
今は様子見ですが、そのうちPC買い替えちゃうんだろうなあ。。
この旧作はセールだと安く手に入るし、おすすめです。
あと、副作用として
外のふとした景色が、これにしか見えなくなります。



gm_240119_2

今回の町のお気に入りスポットは、
町はずれの小山。


gm_240119_1

山の上で焚き火をたいて、ひっそり楽しんでる住人たち。
何を話しているんだか。


★Cities: Skylines
 Colossal Order and Paradox Interactive

umanoshiri at 23:41│Comments(0) 本・映画・TV 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
冬晴れキャンプ競馬場作り