2016年06月19日

四国中国旅行2016:福岡から大分経由で道後温泉へ

DSC_3448


早めの夏休みをいただいて福岡に帰ってきています。
最近母が上京することが多いので、福岡に帰ってくるのは父の四十九日以来。
ちょうど1年前でした。

福岡に帰ったらやっぱり一番搾り福岡づくりでしょ!

DSC_3449


そしてお刺身。甘い烏賊と、イサキ。いくらでも食べられる。

DSC_3450


海老も牡蠣もぷりっぷり。久しぶりの母ごはん。

月曜日はもろもろの用事を済ませ、火曜日からは3泊4日の四国中国旅行。
四国って、福岡から距離的には遠くないのに行きにくい場所。
いつか道後温泉に行きたいねーと母と言って久しかったのですが、ようやく実現できました。


P1160693


朝7時に家を出発し、一路大分県の佐賀関へ。ここから国道九四フェリーに乗ります。
一時間に一本出ていて、しかも乗れば愛媛の三崎港まで70分という近さ。

P1160692


ぱかっと開いた船の先端から車で乗りこんで行きます(これは乗った後船上から見たところ)。

P1160691


プチ贅沢で個室。といっても二等料金に一室800円プラスで個室に乗れるんです。
靴を脱いでゆったり。テレビもありました。


P1160699


すぐ隣は一等座席ですが誰もいない。
一等からの景色もなかなかいい感じ。

もっと乗っていたい位だったのにあっという間に着いちゃいました。

P1160700


おなかがすいていたのでさっそく道の駅へ。瀬戸農業公園という道の駅です。
初の愛媛、見るものすべてが新鮮。みかんソーセージ、というのがありました。
買えばよかった。どんな味なんだろう??


P1160701


母はじゃこ天うどん。


P1160703


私はしらす丼とじゃこ天のセット。しらす丼の真ん中には温泉卵。そして驚くほどのしらすの量!

P1160702


じゃこ天も九州の天ぷら(さつま揚げ)よりも食感がしっかりとしています。
美味しいー。

P1160705


道後温泉の宿泊は茶波瑠。朝食付きのプランにして、夜は道後温泉で食べようという魂胆。
まずは屋上の温泉へ。休憩所からは道後温泉そして松山の景色がよく見えます。

こちらは上から見た道後温泉本館。

P1160706


平日のせいか誰もいない。朝6時前に起きて7時に家を出て、到着は16時過ぎ。途中フェリーに乗っていたとはいえ、よく運転しました。。。でもお湯につかれば疲れも飛びます!

P1160709


フレッシュな薔薇が入った木おけのお風呂。薔薇が美しい。そして香り高い。入るだけで女子力アップしそう。


P1160708


風呂上りはビール、ではなくポンジュースの酎ハイ。普通に自販機に売ってました。
さすがは愛媛。空港にあるという、ポンジュースの出る蛇口も見たかったな。


P1160713


お風呂の後は浴衣でそぞろ歩き。まずは道後温泉本館を外観から。
雰囲気のある建物です。

P1160717


道後の商店街を歩いているとバイクに乗った猫さん発見。
声をかけても起きない。


P1160718


ねえねえ、としつこく声をかけたら大きなあくびを一つ。
で、また寝てしまいました。大物だ!
眠りの邪魔してごめんね。


P1160719


道後温泉駅。レトロっぽくてかわいい。


P1160725


そしてからくり時計。ちょうどの時間(7時?)だったので見物しました。
ぼっちゃんが題材になっていて、一番下はお風呂。動きが面白かった。

そして夕飯、なのですが、長くなったので今日はこの辺で。。。



umappie at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 旅行(国内) 

2016年06月13日

Happy May&June Party

P1160674


5月生まれのお友達2人、6月生まれのお友達2人を含む女子会♪
こんなメニューを作りました。

P1160675


カンパチのカルパッチョ。レモン塩とレモンオイルでシンプルに。

P1160676


少し残った分には先日のキャビアの残りを乗せてみました。
一気に豪華に!


78c2dad6-d61d-44cd-93bc-890e8b28976b


ホワイトアスパラ、ペルー産があったのでピクルスにして生ハムでふわりと巻きました。
酸味と甘みとちょっと苦味と塩気、そしてうまみ。私は好きな組み合わせです。


P1160677


鯵はたっぷりのパクチーも一緒にエスニック風サラダに。


ea6bf469-3981-45c7-a23b-3a2464a49e6f


初恋ハーブフリット。その昔、おじいさん、おばあさんがやっているような普通のうどんやさんで、
初恋うどん、というのがあって、聞いてみたら鱚の天ぷらが乗っていたんです。
かわいいなーと思って。

でも初恋ってキスって早くない?とか女子会ならではの話題で?盛り上がりました(笑)


P1160678


暑い日だったので冷え冷えのビシソワーズが美味しかった♪

P1160679


天使海老のマンゴーサルサ。マンゴーだけではなくアボカドも入れました。夏らしい一品。


P1160680


天使海老は頭も美味しいので、頭はいためてアメリケーヌソースのだしに、そこにたっぷりめの雲丹。
こってりとしてワインに合います♪

P1160682


最近はまっているライチ黒酢酢豚。今回はフレッシュライチで作りました。
が、冷凍とあまり出来は変わらないかも。

好評でした。

P1160683


青森産のお刺身用あいなめがあったので、丸ごとアクアパッツアに。身がふわふわでした。
が、ちょっと小骨が多かったかな〜。だしもよくでていましたが。

P1160686


ケーキはさくらんぼのクラフティ。大粒のさくらんぼをたーっぷり使いました。
さくらんぼ焼くとこれまた美味しいのですよー。


スパークリングワインやスパークリング日本酒。あと、氷で割って飲むアイスブレーカー(日本酒)も夏にぴったり。みんなでワイワイ、楽しいひとときでした!






umappie at 21:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホームパーティー 

2016年06月05日

Krug RoseとRuinart Rose!幸せの昼ロゼシャン会


DSC_3355


食堂に黒板登場!字が汚くて恥ずかしいけれど、プリンタの機嫌は直らないし、毎回紙に書くのも、と思い導入しました。お友達がKrug Roseをもってきてくださるというので、Ruinart Roseを用意し、シャンパーニュに合うお料理を作りました。

DSC_3357


玄関には久々にシャンパンワイヤーのリースを。だいぶ取れちゃったからまた作らないと。

DSC_3362


女王様二人と、もう一つの主役、キャビア!で記念撮影。キャビアもお友達がモンゴルで買ってきてくれたものです。





一品目は卵黄のクリームがけ。その上にキャビアをたっぷりと。

DSC_3364


横から見るとこんな感じ。層になってます。

DSC_3365


二品目はセビーチェ、茄子クリーム。よく作る一品ですが、グラスに盛り付けると雰囲気が変わります。
こちらにもキャビアをたっぷりと♪

DSC_3366


メロン生ハム巻きとホタテのフレッシュトマトソース。夏みたいに暑い昼下がりだったので、ガラスのお重に入れてみました。

DSC_3368


キャビアカッペリーニ。今回はサワークリームでパスタをあえて、いつもよりコクある感じに仕上げました。

DSC_3370



マスタードスープ。これ、シャンパーニュに合うと思って。酸味がいい感じです。

DSC_3371


ブルーチーズグラタン。今回はズッキーニで。
この前はアスパラでやりましたが、いろんなお野菜が合います。

DSC_3372


ズッキーニによくソースが絡んでます♪

DSC_3373


雲丹のパスタ!ロシア産ですが海水雲丹が手に入ったのです。
トマトベースで濃厚なお味。でもシャンパーニュは負けていません。
さすが女王様!

DSC_3374


鯛のソテー、アーモンドソース。アーモンドつけて揚げようか迷いましたがさっぱりとしたくて、ソテーした鯛の上からアーモンドをかけました。パプリカ、にんにく、アーモンドのデュカと。

DSC_3375


初めて作ったアイスバイン風豚肉。ほろほろっとした食感と優しい塩味はなかなかいい感じ。
ザワークラウトも自家製です。というか、このザワークラウトを食べてほしくてアイスバイン風のお肉料理を作りました。

DSC_3377

カッペリー二が残っていたので予定外のメニューを一品。といっても和えただけですが。
茄子クリーム、フレッシュトマトソース、そしてキャビア!



DSC_3378


お友達が持ってきてくれた、梅本のアップルパイ。すごくおいしいと大好評でした。

DSC_3379



そしてまた別のお友達が作って持ってきてくれた、白きくらげのデザート。
これまたさっぱりと美味しかった。私はこのときはおなかいっぱいで食べられず、後日いただきました。
ごちそうさまでした。

急に夜予定が入り午後開催になって終わり時間が決まってしまって申し訳なかったけれど、
気持よい午後の光の中飲むシャンパーニュは格別でした。
また昼シャン会やりたいな!













umappie at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホームパーティー | お酒♪♪

夏酒とつまみ@玉川テラス

DSC_3347


玉川高島屋の玉川テラス。こんな気持ち良い空間があったのですねー。
そこでのお友達のイベント、「エディトリアルライブ博多玲子サロン」の夏酒とおつまみという企画で日本酒に合うおつまみ弁当を作りました。

DSC_3346

こちらがそのお弁当。左上から右周りで、鰹の漬け新玉和え、海老生春巻き、紫蘇焼売、ライチ黒酢酢豚、鶏の照り焼き中華風、鮭のこぼれ梅焼き、アスパラ味噌粕グリル、さつま芋甘露煮と粕漬けチーズ、そして真ん中は生ハム鮨&大根べったら漬けです。

日本酒は大塚屋の京子さんが選んでくださったもの。写真がなくて残念ですが、遠野のどぶろく、寺田本家の醍醐のしずく、竹鶴きもと、アイスブレーカー、みなそれぞれ美味しそうでした。

美味しそうでした、というのは、車で行ったので私自身は飲めなかったので(涙)

DSC_3349


暗い写真になってしまいましたが、お弁当はこんな感じでピンクの風呂敷に包みました。
お酒は京子さんが作ったシートの上に杯を置いてお酒の説明付。

もう少し京子さんのお話を聞きたかったけれど、ご参加いただいた方々には喜んでいただいたようで良かったです。ほっとしました。

DSC_3350

片付けて、付き合ってくれた友達と一緒に近所の和食やさんへ。元の場所に戻ってきた「ながみね」です。
前菜のおこげ&スープがしみる〜。

DSC_3352


もちろん日本酒も頂きました♪


DSC_3354

これですよ、これ。ぷっくらしたミルキーな牡蠣。と、日本酒。あああ幸せすぎる♪

DSC_3351

このこってりとしたごま豆腐も絶品。

DSC_3353

たこ焼き風のさつま揚げ。紅ショウガたくさん入っていて面白いお味。
いつか作ってみたいな。






umappie at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お酒♪♪ 

2016年06月04日

ローランペリエフリーフロー@マリオットホテル

DSC_3344


日本酒大好きです。が、それより好きなのはシャンパーニュ♪
めったに飲めません。なのでよりスペシャル感があるんでしょうね。

この日はお誘いいただき東京マリオットホテルでのローランペリエロゼのフリーフローナイトへ。
シャンパン2種と書いてあったような気がするけれど、シャンパーニュは1種類。
他にいろいろワインやカクテルがありましたが、私は恋するシャンパーニュ様一筋でございます。
迷惑な客?まあ、お店の方もきっと慣れていらっしゃるでしょう。

お刺身に桜味のジュレ、の一品の後は、ハイティーのような二段のお皿に乗ったオードブル。
若鮎のエスカベッシュ、真鯛と新わかめのマリネ、山菜とグリーンピースのキッシュ、
フォアグラと鴨肉のテリーヌ、カブとウドのピクルス。ちょこちょこいろいろ食べながら飲むのは私の大好きなスタイル。

下のお皿にはサーモンのハーブバターソテー。 

DSC_3342


メインは3種類から選べましたが、豚とステーキは追加料金あり。
初めてだったし、マリオットバーガーにしました。
小ぶりなバーガー、パテもジューシー。
なにせバーガーとシャンパーニュはなかなかできない組み合わせ。

DSC_3343


このデザートも美味しかった。普段は甘いもの食べないのですが、フレッシュなクリーム感、ベリー系のソースにカカオのクランブル。シャンパーニュにもちろんあうのです。

6月からはペリエジュエですって。お料理も変わるみたいだし、行きたいなあ。
ちなみに一休のプランでは男性はプラス1500円ですって。
なぜかな?男性の方が多く飲む、ということは全くないと思いますが(笑)





umappie at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お酒♪♪ 

2016年06月01日

大人の子供の日2016:手作り台湾料理で乾杯♪


DSC_3254


早いものでもう6月。。。5月にもいろいろなことがありました。
忘れないうちにブログアップしないと!

5月5日子供の日、を大人が楽しんじゃおうというイベント。母作の箸袋が可愛い。
お友達を招いて、まだ記憶に新しい台湾料理を作りました。



DSC_3255


天気の良い日だったので、屋上からスタート。
茶葉で燻製した半熟卵、ゴーヤの蜂蜜レモン和え、酔っ払い鶏からスタート。


DSC_3256DSC_3257

部屋に戻りまして、筍ラー油和え、シジミ紹興酒和え。シジミはそれだけだとちょこっとしかなかったので、青梗菜と和えてボリュームアップ。


DSC_3258

形はイマイチですが、葱餅。。。


DSC_3259

箸休めのきゅうりの漬物。


DSC_3260

いんげんのピーナッツ炒め。これ、香ばしくてとても好評でした!


DSC_3261


はまぐり(ホンビノス貝)、トマト、卵のスープ。


DSC_3262


空芯菜の自家製XO醤炒め。XO醤には贅沢にも干し貝柱をたくさん入れました。


DSC_3263


牛肉水煮!これ、はじめて作ったけれど簡単で美味しかった。
辛みと花椒の効いたスープで牛肉をさっと煮ました。


DSC_3265


豆腐の旨煮。


DSC_3266


天使海老の紹興酒蒸し。


DSC_3269



台南ターミン。中華めんじゃなくて稲庭で作りました。その方が味が染みる気がして。


DSC_3267-picsay


台湾で買った羊煮込み用スパイスを使って羊のシチュー(スープ)。

DSC_3253-picsay


初めて中華粽にも挑戦!ちょっとしばりが甘い。。。これは蒸す前の姿です。



DSC_3270


そして〆には兄作のパセリカレーとヨーグルトサラダ。

DSC_3273


だいぶ前にお友達にいただいた紹興酒と、別のお友達の手作りのマドレーヌ。



DSC_3272

作りたいものが多くてこんなメニューに。合っているか分からないけれど、左の中国語と右の日本語のマッチングゲームもやってもらいました。

実はこの日、長期にわたる暴飲暴食がついにピークを迎えたらしく、途中から具合悪くなり、
飲めず食べれず(涙)。お料理はできたものの味見もできず心配でした。
皆さん美味しいと食べてくださったけど、私自身は珍しくダウン気味でテンション低くて申し訳なかった。

また今度、テンション高い時に来てくださいね!
台湾料理ー中華料理自体はお料理楽しくて、このメニューの中からいくつかは私の定番になりました(今日も水煮牛肉ならぬ水煮羊肉を美味しく頂きました♪)。













umappie at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホームパーティー 

ホワイトアスパラ祭り2016

DSC_3278


2016年ホワイトアスパラ祭りは料亭みたいに素敵なお友達の家で。
150本あまりの3Lサイズの北海道産ホワイトアスパラをお料理しました。

実はまだ体調復活していなくて私には珍しくお酒を飲まない、あまり食べない日々が数日。
この日も飲めそうになく、車でお友達の家に行って、美味しそうなシャンパーニュやワインや日本酒を指をくわえてみておりました(涙)。まあ、自業自得ですね。

で、一品目はホワイトアスパラピクルスの生ハム巻。酸味と甘みとほのかな苦みと生ハムの塩気があっている、と思う。

DSC_3280


初めて作ってみたホワイトアスパラとサーモンの生春巻き。
もちっとした皮の食感が良いと、好評でした。

DSC_3281


ホワイトアスパラグリルトリュフ和え、半熟卵添え、のはずが半熟卵冷やすのわすれてて
茹で卵に!しょうがないのでミモザ風にしました。

DSC_3282


こちらはホワイトアスパラの味噌粕漬けを焼いたもの。
なんともいえない発酵の旨み、なんです。

DSC_3283


ホワイトアスパラの煮びたし。お友達が取ってきたばかりの新鮮な蕨の煮びたしと合わせて盛りました♪

DSC_3284

蒸したてのアスパラはまるでおくるみの赤ちゃんのよう♪


DSC_3285


オーランデーソース、のはずが、バターの量にびびってしまい、バターレモンソースになってしまった。。。
カロリー忘れてドーンとバターを使わないとだめなんですね。
来年こそは。


DSC_3286


ホワイトアスパラの皮を入れて茹でた茹で汁に、固いところのピュレを加えたスープ。
味付けは塩だけ。本当に滋味深い、美味しい味です。

DSC_3287


ホワイトアスパラのパコラ(スパイス揚げ)。ジューシーさが中に閉じ込められて、外は香ばしくて、
大好きな一品です。

DSC_3289


ホワイトアスパラのケージャンスパイス焼き♪

DSC_3290


ホワイトアスパラのブルーチーズグラタン。これも好きな味♪♪
ブルーチーズのコクがホワイトアスパラの味わいをよりリッチにします。

DSC_3291


ホワイトアスパラの牛肉巻。作るつもりはなかったのだけれど、スーパーに仙台牛だったかな、
とても良いお肉がリーズナブルな価格で売っていたので作ってみました♪

DSC_3292


ホワイトアスパラのラムラグーソース♪

DSC_3293


ホワイトアスパラクリームパスタ♪ホワイトアスパラのピュレたっぷりで和えたリングイーニです。

DSC_3294


ホワイトアスパラリゾット♪♪ パルメザンチーズたっぷり。

DSC_3295


最後のホワイトアスパラ料理はお友達の作った春菊ソースで。上にかかっているのは寺田本家の酒粕チーズ。これも美味しそうでした。

DSC_3296


ホワイトアスパラをたくさん調達してくださったポンデさんの秘密兵器、西瓜カッター。
切り方を実演してくださいました。
そしてみんなで美味しく初西瓜をいただきました♪

この日もほとんど食べれなかったけれど、でも楽しかった。
持ち帰ったホワイトアスパラは翌日の夜に頂きました♪♪
来年は体調万全で臨みます!









umappie at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホームパーティー 

2016年05月18日

台湾旅行2016:台北と猫空

P1160603


翌朝は外ラン。兄と二二八和平公園というところにやってきました。
といっても走るのは私だけですが。



P1160606


ちょっと見えにくいですがりすにも遭遇。兄によると、もう少し小さい、白っぽいりすもいて、その白っぽいりすが降りてこようとすると黒っぽいりすにおどかされてまた木の上に上がっていた、とのこと。

やっぱり外を走るのは気持ちがいい♪いつもの豆乳と、この日はおかゆを買って帰りました。


P1160618


おかゆを2つ買って、レンゲを3つもらえない?と聞いたら売ってたおばさん激怒!
メーヨーメーヨーと言って、しっつしっ、と追い払われました(涙)

油條を売っているお店では持ち帰り用に多めに購入。ラップでみっちりと縛って持ち帰りました。
今まだうちの冷凍庫にあります。早めに使わなきゃと思うけれどもったいなくて使えない。
早く自分で作れるようになろう。

飛行機の時間まで間があったので、荷物をホテルに預けて猫空へ。
その名前だけでもキュンキュンしてしまう。

P1160619


猫空へはケーブルカーで行きますが、水晶と名のついているものは底がガラスなのです。
私はそれも面白いなと思ったのですが兄が断固拒否。普通のに乗りました。

P1160622


途中駅が4つ位あったかな。4キロにも及ぶ空中の旅。なかなか面白かったです。

P1160629


猫空は台湾鉄観音の産地。お茶やさんに行ってみました。個室のお茶屋さんです。

P1160631

その個室に行くまでにこういう池の飛び石を越えて行かなくてはならないという不思議なお店。
母はこわごわ渡ってました。

P1160635


その後猫空を少し散歩。面白そうな屋台ではピーナッツの固まりを削って粉にして、それをクレープに乗せ、アイスを乗せ、そこまではいいのですが、左にちょっと見えているパクチをトッピングするのです。アイスとピーナッツは合うとしてパクチは不思議な感じ。面白かった!母も大満足。

P1160640


お茶でいぶしたという卵が美味しそうで購入。でもちょっとドライだったなぁ。雰囲気は良かった。

猫空散歩を楽しんだ後、またケーブルカーで戻り、ホテル経由で空港へ。


P1160644


空港でも時間があったので、なぜかタイ料理のお店へ。母はトムヤムクンヌードルを頼んでいました。
牛肉麺食べたかったなー。

短い旅だったけれど、たくさんの台湾の方のご親切に出会い、父ゆかりの場所にも訪れることができ、台湾料理も満喫(お酒以外は)。素敵な家族旅行でした。きっと父も一緒にいてくれたと思います。




umappie at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 旅行(海外) 

2016年05月16日

台湾家族旅行2016:父の生まれた街、羅東へ

P1160551


翌朝はホテルのジムで30分ほど走った後に油條を買いに行きました。昔父が台湾から買ってきてくれた懐かしの味。うちでは味噌汁に入れていましたが、味が深まって本当に美味しかった。揚げたてがこんなに並んでいると全部ください!と言いたくなる。

P1160553


塩味の豆乳と甘い豆乳。そして肉まん一つを購入し、ホテルの部屋で軽い朝ごはん。

P1160555


この日のメインイベントは羅東への旅。父が産まれた家がまだ羅東にあることが分かり、母がそのお家(眼科になってました)に手紙を書いたところとても丁寧なお返事が来て。それでそこを訪ねることになった、というのが今回の台湾旅行のきっかけでした。

台北からバスで約1時間。羅東に着いたもののどこに行けばよいか分からない。
鐡道の駅で聞くと、駅員さんがとても丁寧に教えてくれました。どうやら徒歩で行けるらしい。

P1160560


言われる通りに歩くことしばし、到着しました!前日ホテルの人にお電話してもらった時に、お返事をくれた先生はこの日は診療所にいないと聞いていたので会えないと思っていました。翻訳ソフトで中国語に訳した文書を看護婦さんに見せて、院長先生に渡して欲しいとお願いしたところ、なんとお休みだった先生そして奥様が来てくださって。病院の裏にあるご自宅にお招きいただき、いろいろとお話しができました。先生たちはアメリカに30年住んでいたそうで、英語が通じたので助かりました。

記念撮影をした後一緒にランチに行きましょう、と。奥様の運転で羅東郊外にある素敵なレストランに連れて行っていただき、養殖している鮎の塩焼き(!)や、その他美味しい中華をいろいろと頂きました。

P1160582


特にこの豆腐のお料理が印象に残っています。こっくりとしたタレが柔らかいお豆腐に絡んでとても美味しかった。

いきなり訪ねてきた私達を快く温かく迎えてくださって本当に感謝です。
父の命日に父が産まれた場所に家族で行けて良かった。

またバスで台北へ。母と兄はホテルにいるというので一人でまた街に出て煮込みスパイスを買い、永康街で気になっていたドレスを買い、お土産も買って。

P1160594


ホテルに帰ったらさすがに疲れた。。。本当は夜市に行きたかったのですが、ホテルからはどの夜市も遠く、母も兄もそして私も疲れていたので近所ですますことに。

なんだか美味しそうな麺屋さんに入ったのですがお酒がない(涙)。ビールですらない。。。

P1160592


兄が頼んだこの焼きそば風の麺。台湾独特の調味料の味がして(サーチャ醤かな)好みでした。
ビール欲しかった〜。

夜市にも行かず、足裏マッサージにも行かず、紹興酒も飲まず、、、の台湾(笑)







umappie at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 旅行(海外) 

2016年05月15日

台湾家族旅行2016:台北&九分

P1160517


台湾旅行2日目。台南の安平というところに行きたかったのですが、思い直して台北に戻ることに。
小さな素朴な街のようですが、牡蠣や海老の養殖がさかんで、牡蠣料理の店があると読んで行ってみたかったのです。でも朝ごはんをホテルでバイキングで食べたらお腹いっぱいになってしまって。。。次回台南に行くことがあったら訪れてみたい。

台北に着いて、駅前のホテルに荷物を置いて、九分に行ってみることにしました。
まずは台北駅2階のレストランで昼食。

胡椒餅。確かに胡椒が効いている!

P1160520


葱餅。小麦の香ばしさが好み♪兄も気に入ったようでした。

P1160521


臭豆腐の春巻きもあって興味はあったものの怖くて手が出せず。おススメとあったこの一品にしてみたら、なんと中身は餡子だった!母と兄は大喜び、私はちょっと残念。。

P1160522


九分に到着。前に訪れた時は風情があって良い街だと思ったのですが、今回はとにかく人が多くて前に進めないほど。

P1160523


まるで烏賊のような太いエリンギを焼いて売ってました。

P1160525


階段が多くて母はちょっと大変だったみたい。

P1160527


眺めの良いお茶やさんで一休み。

P1160528


台湾で飲む中国茶はなんで美味しいんだろう。茶葉を買ってきてもなかなかこういう風には淹れられない。
小さなカップをかぶせて香を楽しむ、というのも面白かった。

お茶を飲んだら帰りはタクシーで台北へ。兄は電車が良かったみたいだけれど、台南から台北に移動し、
その日のうちに九分というのはかなりの強行軍。おまけに行きの電車はとても混んでいて座れなかったし。
(母は座席を譲ってもらって座れました。)

ホテルに帰ってしばしのんびりしてから今度は夕飯へと繰り出しました。

P1160538


永康街でショッピングを楽しんだ後に鼎泰豊に行きたかったのですがものすごい人。すぐそばの高記本店に行くことにしました。ここには紹興酒はあったのですがピッチャーのみ。ボトルなら持ち帰れるけれどピッチャーは、、、母も兄も飲まないのでさすがに一人で飲める自信なく諦めました。

シンプルな野菜と烏賊の炒め物が美味しい。

P1160539


小龍包は、、、ちょっとパサついている感じがして、やはり鼎泰豊のとは違う。

P1160540


でも大根餅はしっとりとして味が深く、


P1160541


大好きな腸粉もあったし、母も兄も大満足。


P1160543

海老の紹興酒蒸しはイメージとは違った。
シンガポールでその昔食べた酔っ払い海老を想像していたのですが、普通の海老で、あまり紹興酒の香りがせず。

P1160545


ダメ押しに海老炒飯。これはさすがに海老ぷりぷり、炒飯ぱらぱらで美味しかった。


P1160547


思慕昔のマンゴーかき氷。母も兄も気にいるだろうなーと思っていましたが案の定。
母は80代位の上品なおばあ様に日本語で話しかけ、その方も日本語で答えてくださって、しばらくお話してました。

永康街いいところだー。大好きなお洋服のお店があって、前回も同じところで買ってましたが今回も購入。なぜか好み。レースの中華ドレス風のワンピース、母が買ってくれると言ってくれたのですがサイズが合わず断念。
でもどうしても忘れられず翌日一人で行って小さいサイズのを送ってもらうことに。先日ちゃんと届きました。どこに着ていくか今から楽しみ。





umappie at 22:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 旅行(海外) 

2016年04月30日

台湾家族旅行2016:台南へ

DSC_3140

ずいぶんと間があいてしまいました(汗)。あっという間に今年も3分の1終了。
1月に上京していたばかりの母、また4月に上京し、兄も一緒に3人で台湾へと旅行しました。

母は台湾行の数日前から来ていたし、前日は兄も泊まって、長くいなくなるらしい、と思った凛は私のスーツケースの上から動きません。かわいそうだけどしょうがないのでどかして荷物をパッキング。

朝7時の羽田発の飛行機、5時過ぎには家を出て空港へと向かいました。

P1160515


台湾まではあっという間。一眠りしていたらもう到着。高速鉄道で台南へと移動です。


P1160471


まあなんとかなるものですね。チケットを買って社内へ。約2時間くらいかかります。

P1160507


台南に着いたらまずはホテルへ。新幹線の台南駅と普通列車の台南駅はかなり離れている様子。
無料バスもあるようでしたが、母も疲れているだろうからとタクシーで向かいました。

なかなか豪華な感じ。

P1160513


ずはホテルでお茶のサービス。ちょっと甘めのお茶でしたが、何のお茶?と聞いたら、メロン、と。
メロン??ウィンターメロン。。。冬瓜のお茶だったみたいです。

チェックインは16時、ホテルにスーツケースを預けてまずは遅めのお昼へ。

P1160476


台南といえば台南坦仔麺でしょう!度小月の本店に行ったらなんと改装中。でも工事の人が身振り手振りでもう一店舗あると教えてくれてそちらへ向かいました。

お休みだもん、昼から飲むもん。ちょっと冷たい視線を感じながらもビールを注文。兄も少しだけ付き合ってくれました。

P1160478


これこれ、この味。肉味噌が柔らかめの麺によくからんでます(ちょっと麺柔らかすぎ??こんなものかな)。


P1160477

空芯菜の炒め物もしゃきしゃき。空芯菜といえば父が、上を刈り取ってもまたすぐ下が伸びて夏中食べられるよ、と言っていたのを思い出します。実際そんな感じでした。また育ててみようかな。

今回の旅は父の一周忌に合わせて、父が産まれて高校生まで過ごした台湾のゆかりの地を家族で訪ねてみようという趣向です。

P1160480


甘い豆腐のデザート。母は全くお酒を飲まず、兄もあまり飲まないので、その分甘いものには目がないみたい。
私も一口いただきました。思ったほど甘くはなく、黒蜜の味。

P1160475


目的地に行く前に、気になっていた林デパートを散策。趣のある建物で、置いてあるもののセンスがいい。
見るだけでも楽しいデパートでした。

P1160488


階段に置いてある調度品も素敵なアレンジ。

P1160481


屋上にはなぜか3輪のトラックが。

P1160486


そして空襲の後も。今はのどかに見えますが戦時中はやっぱり大変だったのでしょうね。


P1160491


ようやく目的地である国立成功大学へ。父が通っていた高校がその後の国立成功大学になったのだそうです。

P1160489


不思議な彫刻。


P1160492


趣のある木。がじゅまろ?父が通っていた頃はどんな風景だったのだろう。

ブックストアみたいなところはないかと聞いて教えてもらって行ったところ、歴代のスタンプがありました。
それによると父が通った高校は1931〜1945まであったみたい。

とりあえず父が通った高校のあった場所へ行ってみたい、という母の希望がかなってよかった。


P1160495


ホテルに戻ってお風呂に入って。すっきりときれいなお部屋。ダブルベッド2つに3人ですが。。。
少し休んだら夕食へ。

P1160497


狙っていた台南料理のレストランがなんと満席。外は大雨だし、困った。。。
2番目の候補にしていたレストランがまあまあ近くだったので、雨の中そこへと移動。阿義飯店、沙鍋魚・沙鍋鴨がスペシャリテみたいでしたが、鍋だと一気におなかいっぱいになりそうだったので、ほかのメニューにしました。

お店の方がお勧めしてくれた、お肉と海老の少し酸っぱいスープ。お肉は鶏で細かく切って揚げてありました。
ボリュームあるけど後をひくおいしさ。

P1160501


田鰻のあんかけ。こちらも鰻が一度揚げてあったような。でも、なんだかさっぱりしているのです。
臭みもなく美味しい。

P1160502


こちらが今回の旅行で私的には一番美味しかった蟹を炊き込んだおこわ。蟹の風味、卵のほろほろっとした感じ、良かった!また食べたいなあ、、、。

紹興酒を飲むのを楽しみにしていたのに、お店にないというのです。
しょうがなく台湾ビール。もちろんおいしいのだけれど紹興酒が飲みたかった。

P1160503


こちら、夜の林デパート。ライトアップが素敵。
雨も小降りになり歩いて帰れそうだったけれど、道がでこぼこしていて暗くて怖い、と母がいうのでタクシーでホテルへ。


P1160504


紹興酒を買ってホテルの部屋で飲もうと思って隣の新光三越に行ったけれど、スーパーにもどこにも紹興酒がない!ワインや日本酒、梅酒まであるというのに。

母は大好きなフレッシュジュースを買って満足してましたが、私は不完全燃焼のまま。。。
しかしこのディスプレイ、ぬいぐるみが並んでいるのが台湾っぽい感じ。

旅はまだ続きます。。。
















umappie at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 旅行(海外) 

2016年01月03日

2016年新年母の会@ちりあろは食堂

DSC_2541


新年2日目は、母と比較的年齢の近いお母様を持つお友達2人をお招きし、母と娘の会を開催しました。
お友達のお嬢様もいらしたので3世代の女子会。ワイワイと賑やかで楽しかった!

箸袋は母作。私も「み」の字を彫りました。

DSC_2530


お節はお重ではなく白山陶器森正洋さんの器に盛ってみました。華やかな感じ!

DSC_2531


口取りは象彦の漆器に。桜の花びらの形をしています。取り皿も象彦。陶器も好きですが漆器も大好き。

DSC_2533


午後早い時間の開催だったので光が綺麗。水烏賊のお刺身が輝いています。
さっと茹でてケジャンのタレに漬けた水烏賊も柔らかくて美味しい。

DSC_2534


そろそろ和ではないものが食べたい頃。と思って、ラムとパクチーのモモ風茹で餃子を作ってみました。

DSC_2537


そして蟹をたっぷり使ったクラブケーキ。久しぶりに作りました。一口ずつだから意外と食べられます。

DSC_2535


お友達のお嬢様が作ってくださったキッシュ。皮がサクサクで美味しかった〜。上に乗っているピーカンナッツは母の大好物。

DSC_2538


お友達のお母様はお赤飯を作ってくださいました。もっちりとして本当に美味しい。

DSC_2539


お友達が持ってきてくださった抹茶味のガレットデロア。フェーヴはお友達のお母様がゲット。王冠をかぶってクイーンになっていただきました。良いことたくさんの一年になりそうですね!

DSC_2540

いやー本当に楽しくて、私はついつい飲み過ぎ。デロデロになってしまい母に後でとっても怒られました。
すみません〜。

これに懲りずに、母ともども今年もよろしくお願いします。



umappie at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホームパーティー 

2016年01月01日

お節2016&ぶり雑煮

P1160438


あけましておめでとうございます。2015年後半のいろいろなこと、ブログアップできていないのですが、おいおいアップすることとして、お節2016年のご紹介です。

その前に、、、年末にお知り合いになった和歌山出身の方から紀土の純米大吟醸の一升瓶を頂きました!
嬉し過ぎ。お花は母が生けてくれました。が、、、私のワインクーラーなんですけど(汗)


P1160441


久しぶりの東京お正月は母、兄、私の3人。いや、きっと昨年4月になくなった父も来ていたと思うので家族そろってのお正月かな。

口取りは母が持ってきてくれた山中塗りのお盆に。葉ランは実家から持ってきたものがうちの屋上で根付いたもの。重宝しています。

P1160439

お節は、、、海老の旨煮、サーモンかぶら寿司、花れんこん、松前漬け、明太子の赤蕪巻き。ほたてとふきの煮ものは、「富貴が帆を立てて来る」という意味と聞いてから毎回作っています。

松前漬けは函館から送っていただいたものに母が昆布と人参をプラスしました。

P1160440

その他に、ごぼう牛肉巻、松風、ぶり照り焼き、伊達巻、椎茸と手綱蒟蒻の煮もの、たけのこと人参の煮物。

P1160442

紅白なます、結び牛蒡、かまぼこに礼文島の雲丹を乗せたもの。

P1160443


お節は母の紋の付いたお椀で。


P1160446


かつお菜がみつからず残念ながら小松菜で。私にとっての雑煮はぶり雑煮です。もちろん丸餅!ちょっと豪華にいくらを乗せてみました。

P1160445


家族そろってのお正月。幸せです。猫達も嬉しそう。
どうぞ今年も笑顔あふれる素敵な一年になりますように。





umappie at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スペシャルイベント 

2015年12月29日

アッシュのお料理教室&五島食材でお料理

P1160226


惜しまれつつお店を閉めてしまった武蔵小山の仏蘭西家庭料理アッシュ。厚かましくもシェフの英さんに、お料理教室をお願いしました。私にとって初のお料理教室です。

習いたかったのはキッシュと鴨のコンフィ。両方は時間的に難しい、ということで、キッシュと、その他に何品か教えていただけることになり、お友達にも声をかけて英さんのお料理教室@チリアロハ食堂を開催。
教わったのは
・グリーンサラダ
・人参と大根のラぺ
・人参と大根のポタージュ
・ベーコンとキャベツのキッシュ
・牡蠣のムニエルターメリック風味
の5品。

写真はベーコンとキャベツのキッシュ、です。皮はサクサク、で中身は旨みたっぷり。やっぱり美味しいー。
これが作れればいろんなところに持って行けます。

P1160227

ラぺも普段の私の作り方と全く違う。お野菜に火を入れるんですね。
それでもシャキシャキ。

P1160225


グリーンサラダのビネグレッとも習いました。これは使える。
自分でも何度も作って活用しています。

P1160228


牡蠣のムニエル。これも大好きな一品でした。
スパイスの組み合わせが絶妙。

習ったお料理、本当にいろんな場面で使わせていただいています。ありがとうございました。

P1160229


お料理を習ったお友達の一人が五島列島のご実家から送られてきた魚介&いのしし、鹿を持ってきてくれました!お料理教室終わってから、それらで即席お料理を。

鯛はアクアパッツア風に。

P1160231


烏賊は黒胡椒炒めに。

P1160230


鹿はステーキにして、パプリカソース。

P1160232


そして猪は中華風の角煮にしてみました。圧力鍋で時短で作った即席角煮ですが、これが美味しかった!
猪って脂が多くてちょっと苦手、と思っていたのですが、こんなに美味しいとは。
良い出汁も出ています。

お料理教室も、そしてその後の五島食材パーティーも、楽しかった!



umappie at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) スペシャルイベント 

2015年12月27日

【出張料理】秋の茶会 inspired by 81


P1160264


なんと、2か月近くぶりのブログとなりました。。。ブログ初めて以来のことかも。
ブログお休みの間もいろいろと飲み食い料理温泉活動は続けていましたので、年末年始のお休みの間にキャッチアップしたいと思います。

この日はお友達の素敵な新居での秋の茶会。先日訪れた81にインスパイアされて作ったメニューです。
・銀波
・満月
・はぜ栗
・焚き火
・沼の秋
・紅葉
・鮭遡上
・森の土
・豊穣
・ほっくり
さて、それぞれどんなお料理でしょ?

P1160266

こちらが銀波。秋田男鹿半島のとろとろわかめとジュレの上に鯵のセビーチェを乗せました。
銀の魚が大群で海を泳いでいく、、、そんなイメージです。

P1160268

満月。いかすみパスタの上に卵の黄身漬けを置いて、トリュフオイルで香り付けしました。

P1160269

はぜ栗。フォアグラ入り栗のペーストをカダイフで巻いて揚げたかったのですがカダイフが崩壊、、。
でもパリパリ食感と栗&フォアグラの相性はなかなか良いです。

P1160270


こちらは焚き火。焚き火といえばさつまいもでしょ。ということで、サツマイモサラダの上に落ち葉に見立てた湯葉と生ハムを乾燥させたものを乗せました。箒は素麺をプリッツに巻いて揚げたものです。


P1160271

沼の秋、はすりおろし牛蒡のスープ。揚げた蓮根を乗せました。


P1160272


紅葉(こうよう)。秋の山の色合いを表現してみました。お蕎麦をパスタ仕立てにして、いろいろ茸入りトマトソースで和えました。

P1160273


鮭遡上。サーモンを麹でマリネしてローストし、その上からたっぷりのいくらとモッテ菊のお浸しを。
これ、かなりお気に入りの料理です。色合いも綺麗。

P1160274


森の土、は鹿のステーキ、モリーユソース。里芋を黒胡椒とバターでソテーしたものを添えました。

P1160275


豊穣、は茄子のお鮨。茄子の下には生ハムが入っています。

P1160277


デザートの前に、メニュー外の炒飯。いつもついつい作ってしまう。
我ながら美味しいのです。

12196260_789237051198733_9119593600752951864_n


そして〆のデザートはほっくり。栗の渋皮煮を栗ペーストとさつまいもで包みました。

お酒写真ありませんが、もちろんこの日もたーっぷり飲みました。
楽しかった〜。今度は冬バージョンをやりたくて、実はもうメニューは考え済みなのです。
こういう遊びに付き合ってくれるお友達がたくさんいて幸せです。






umappie at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホームパーティー 

2015年11月09日

【秘湯の旅】越後湯沢満喫!

12087890_681130828690149_3512617430730768052_o


旅館を出て、結構ハードに山を登ったり降りたりした後にまず向かったのは温泉。温泉ソムリエのお友達が選んでくれた、苗場温泉・雪ささの湯で疲れた筋肉をほぐしました。源泉かけ流しのお湯が肌に染み込む。お腹もぺこぺこに。


12095063_681134965356402_7073617075378930417_o



お昼ご飯は、ずっと行ってみたかった越後湯沢hatago 井仙のレストラン、むらんごっつお。ここ、越後湯沢の駅前だったんですね!いつか泊まってみたい憧れの宿。そのレストランは一時品川のecuteにも入っていました。

ランチコースを注文。前菜は魚沼きのこの菊花和え、八色椎茸肉詰め、そしてかぼちゃのキッシュ風。

かぼちゃのキッシュ風、良かった。真ん中がキッシュで、皮の代わりにかぼちゃのピュレで挟んである感じ。魚沼食材を使ったお料理を堪能。

12068987_681135018689730_2101701776495194835_o


この、牛蒡のポタージュも、いい意味での土っぽさがたまらなく良かった。

12094773_681135068689725_5218636731745395411_o


メインは越後もちぶたミルフィーユカツレツ♪ふわっとした食感、ふくいくとしたきのこの香りもご馳走。このほかに新潟こしひかりのご飯とお味噌汁、デザート、食後のドリンクまでついてました。大満足。


12138327_681137055356193_4622087736793931483_o


ランチの後はまたまた温泉。今度は湯沢温泉・高半というところです。川端康成が雪国を執筆した宿なのだとか!ここのお湯がまた素晴らしかった。ちょっとぬるめで、どんどん肌の中に染み込んでいくような、なんとも気持ちの良いお湯。いくらでも入っていられそう。1時間強は入っていたような気がします。いい湯だった!!


12068434_681140002022565_4295518840920516208_o


レンタカーを返して、運転してくれていた隊長も一緒にまずはビールで乾杯!新潟の地ビール。フルーティーな味わいでした。

12094925_681140165355882_822830529079471123_o



そして、いざ、日本酒館へ。500円でコイン5枚もらって、好きなお酒のところにコインを入れるとちょこっと試飲できるという仕組み。楽しすぎる〜。



12140181_681140295355869_6125565021870808625_o


こんな感じのセルフ燗付もありました。いいアイディア。お燗するとまた違った味わい。ふわっとなって大好きなんですが、自分でするのは面倒で、後、冷たいのも好きで、ついつい冷やして飲んでしまいます。でもお酒の味は常温かぬる燗の方が分かるのかも。


12068722_681140245355874_7290074748606162122_o


お塩の試食コーナーも。お塩フェチの私としてはとても嬉しい。全部試したい位だったけど、塩分取り過ぎになりそうなので何品かだけにしました。


12113447_681141528689079_7751439113875013767_o


そしてそして日本酒飲んだらやっぱり食べたくなるのがお鮨。駅構内の本陣という回転寿司。回転寿司でも、さすが新潟。美味しすぎる。光物と和牛のセットや、のどくろ。写真のやりいかなど、お腹いっぱい食べて、さらに日本酒も飲んで。

12118746_10153022413105044_4831127477894910079_n


帰りの新幹線でもさらに宴会は続く。いや〜本当に楽しい、充実した旅でした。

今回カメラを持っていかず携帯の電源が危うい感じで、今回のブログの写真はほとんど一緒に行ったお友達が撮ってくださった写真を使わせてもらいました。ありがとう!








umappie at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 秘湯の旅 

2015年11月04日

【秘湯の旅】赤湯温泉山口館

12132546_681119722024593_1572078111124038542_o

温泉登山、ということで、温泉&登山を組み合わせた旅。日帰りも多いのですが、今回は赤湯温泉へ一泊する旅でした。

新幹線で越後湯沢へ。新潟へはいつも車だから、越後湯沢の駅で降りたのは2度目。駅ナカがとっても素敵でワクワク。まずは日本酒館のそばにある雪ん洞(ゆきんと)という爆弾おにぎりのお店で腹ごしらえ。実は新幹線の中でも軽く食べたのですが、美味しそうでついついオーダーしちゃいました。なんと1合のお米の握り。食べきれなければ持っていけば、、、と思ったものの、のりを齧ってしまったら収集つかなくなって全部完食。美味しかった!のですがずっとお腹いっぱい状態が続きました。。。

12069001_681121132024452_7635010048289657349_o


レンタカーでゲートまで。途中からかなりの山道でした。今回運転は隊長にお任せ。私は一応ナビ係。

車を橋のたもとに置いて歩き始めます。川の水が澄みきっていて青く見える!

12045746_681121148691117_7033370775117746386_o


紅葉も美しい。


12088479_10153022475945044_8944295909431099528_n


途中蛙さんに出会ったり。

12068696_681121202024445_5359572241034595102_o


お猿さんがいたり。


12120166_681121585357740_1113500309972931787_o


景色は素晴らしいものの、半端ない感じの登りもたくさんで、かなりヘロヘロ。

12139972_681122118691020_3497334318457967625_o


途中で隊長が蟹の身がたくさん入ったパスタを作ってくださって、皆それぞれ持って行ったワインを飲み、元気百倍。美味しかった〜。しかし、お水500ml、ワイン500ml、そして夜用のお酒(私は焼酎を持っていきました)、自分が飲む用のお水、と水系だけで2キロ。荷物が重いわけだ。。。

11225471_681124722024093_8421096198177952143_o


休憩時間入れて2時間半はかかったかな。ようやく到着した赤湯温泉山口館は苗場山の中腹。苗場山登山の山小屋ですが、ここの温泉目当てのお客さんも多いようです。

12068589_681125225357376_6561189011448948372_o


まずは時間帯によって女性専用となっているお風呂へ。あーーー思わず声の出る気持ち良さ。
普通に温泉に行ってももちろん気持ちよいですが、苦労して登山してようやく到着した宿の最初のお風呂はなんともいえない気持ちよさ。

12139995_681125395357359_6806316940522823146_o


部屋に戻るとランプが灯されていました。山小屋ではあるけれど、清潔で気持ちの良い空間。
部屋からの眺めも素敵。


12095157_681125575357341_4990527883144781667_o


晩御飯。まずは鶴齢のカップ酒で乾杯!!

12113448_681125488690683_8026703468640469529_o


晩御飯はシンプルだけれど、それぞれとても滋味深くて味わい深いお料理ばかり。特に茸汁はお替りしたくなる美味しさでした。

晩御飯後に男女入れ替わりとなった温泉に入りに行って、その後は部屋で持ち寄ったお酒とおつまみで宴会。
お友達はお風呂に再度行っていたようですが私は一足先にこてっと寝ました。zzzzz


12113540_681125902023975_8506803042504030490_o


翌朝早朝にお風呂に入りに行って、朝ご飯。朝ご飯もシンプルだったけれど身体に染みる美味しさ。
ご飯が美味しいって幸せ。

12087710_681125945357304_1484055680111929695_o


翌朝はあいにくの雨。途中でコーヒータイムできないかもしれないから、ということで、隊長がベランダでコーヒーを作ってくれました。シナモンの香りでほっと一息。

頭の中は、昨日ここまで来た道を戻るんだな、ということで一杯。登りは比較的得意だけど下りが苦手な私。あの急な坂道を今度は雨の中下るのか、と思うと、ドキドキ。。。でも、まあしょうがない、なんとかなるさと諦めて、雨具を着こんで宿を後にしました。

(今回カメラを持っていかず、ほとんどの写真は一緒に行ったお友達が撮ったものを使わせていただきました。ありがとう〜)













umappie at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 秘湯の旅 

2015年10月24日

秋旅2015〜ハッピーバースデーの宴@チリアロハ食堂

P1150976

秋田(乳頭温泉、角館、田沢湖、秋田、男鹿半島)、酒田
、茨城(笠間、岩間)。
母と旅して求めた食材を使ってお
友達のお誕生日祝いの宴を開きました。

母に会って欲しか
ったお友達のお母様ともご一緒できて、
良く食べ良く飲み
良く笑った素敵なひとときでした♪

P1150977

角館で購入した樺細工のトレイで前菜盛り合わせ。
岩間の
栗で作った栗豆腐、角館の麹で漬けた秋鮭、酒田で買ったツブ貝のシェリービネガーソースがけ、
笠間の巨峰の生ハ
ム巻、と、博多土産の明太子チーズ。

P1150978


早速真似したレストラントルテュのカルパッチョ、生栗スライス乗せ。

P1150979


秋田で購入したハタハタ寿司。小さな切れ込みを入れてオリーブオイルをかけました。


P1150980


とんぶりをキャビアに見立てた冷製稲庭うどん。ハタハタのしょっつるを使って本当のキャビアみたいな味に仕上がりました!

P1150981


岩間の梨とモッツアレラチーズのサラダ。この丸いお重
もクラスカで一目ぼれして買ってしまいました、、、

P1150982


男鹿半島とろとろわかめにポン酢ジュレ。捌いたハタハタに入っていた卵も煮付けてポン酢ジュレに入れました。ぷちぷちの食感。

P1150983


ナカムラポートリーさんの雉手羽を煮込んで作った雉スープに、田沢湖で買ったじゅんさいを。

P1150984


角館いぶりがっこ入りのポテサラ。ジャガイモは笠間産のインカのめざめ。器は備前。

P1150985


酒田で買った兵庫のハタハタをセモリナ粉付けて揚げました。
自家製タルタルはミズ入り。ミズのぬめりでマヨネー
ズいれなくてもまとまりました。
我ながら美味しかった。

P1150986


茨城羽鳥羽田農場平飼い卵の黄身で作ったカルボナーラ。
クリームを入れずに作っています。

P1150987


鴨のロースト、ポルチーニソース。乳頭温泉で食べた一口
ビーフシチューが
美味しかったのでそのイメージで。

P1150988


ゲストが持ってきてくださったお赤飯。もっちもちで美味しかった〜!

P1150989

この日はお友達の誕生日当日。誕生日祝いのケーキは栗のケーキ、肉球乗せ。
肉球は秋田で買った大粒な栗の自家製渋皮煮と、岩間で買った「かぶと煮」の栗で。

P1150990


おめでとう!!!一緒にお祝いできてうれしかった〜

P1150991


美味しい青森の桃を頂いたので生ハムと共に。

P1150992


お土産に頂いたバームクーヘンは食べきれずに切り分けてお持ち帰りいただきました。
後日頂きましたがしっとりとして甘さ控えめ、いくらでも食べられそうでした。
ご馳走さまでした♪

楽しすぎてついはしゃぎ過ぎ。多分お隣さんかな、ピンポーンとチャイムがなって、、、。
夜遅くまで、うるさくてすみませんでした。これからはちゃんと窓を閉めて、できるだけ静かにします〜。





umappie at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホームパーティー 

2015年10月23日

栗のフルコース!@フレンチレストラントルテュ 笠間

P1150951


栗が大好きな母。テレビで見た、栗のフルコースが食べられるお店に行きたい!ということで、茨城・笠間のフランス料理トルテュを予約し、兄も一緒に3人でランチに訪れました。

P1150952


見た目も美しい前菜は、栗の中にフォアグラが入っていて、外側はワインソース。栗とフォアグラ、合うんですね〜。

P1150954


こちらはカルパッチョになんと生の栗のスライス。これがとても新鮮な味わい。確かにお魚に合う。
栗って生で食べられて、しかも美味しいんだ!驚きの組み合わせでした。

P1150955

メインは茨城のマロンポーク。栗を食べて育った豚だそうです。お肉もしっとりとして美味しかったのだけれど量が多かった。持って帰ってサラダにでも、と思ったのですが、時節柄お持ち帰りはNGとのこと。
泣く泣く残してしまいました。残念。

お電話した時に、前の栗コースのメニューと変更もできますよ、と言われていたのですが、他にどんなメニューがあるか分からず。今検索してみると、お魚もあったみたいで、次に訪れる時はまた他のものも味わってみたい。


P1150958


デザートの栗のモンブランは、自分で栗クリームを絞り出すことができます。
なかなか楽しい♪

P1150959


ちょっと、、、かなり?、、、巻きが甘い。これも完食できなかったけれど、栗の味がしっかりとしつつも上品な味で美味しかったです。

P1150961


プチフールは可愛らしい器に入ったマドレーヌ。

P1150962


飲み物も折角なので栗のドリンクにしてみました。
栗尽くし!母大満足。

私もたくさん驚きがあって楽しいひとときでした。

P1150963


ネットで調べた栗のお店に立ち寄り。栗の兜煮(渋皮煮)やペースト、生栗を購入。


P1150964


笠間焼のショップも何軒か回りました。こちらは回廊ギャラリー門。素敵な作品がたくさんで見ているだけでも楽しい。

ちょうど橋口信弘さんの作品展をやっていました。笠間だけど織部風。迷いに迷って一品購入。

P1150998


花器としても素敵。氷のように見えるのは、目黒クラスカホテルの2階のショップで買ったガラスのオブジェです。
今もPCの横にあって、見る度に母と過ごした今年の9月を懐かしく思い出します。





umappie at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イタリアン・フレンチ・スパニッシュ 

2015年10月22日

【秋田旅】男鹿半島から酒田へ、そして東京へ

P1150928

秋田旅もいよいよ最終日。朝ご飯は2段になったおかずで、ご飯やデザートをカウンターに取りに行くスタイルでした。

焼いたハタハタ。ハタハタって美味しい魚だったのですね〜とっても気にいりました!
出汁の味の染みた車麩も滋味深い味で好み。

P1150929


やっぱりご飯美味しい。その場で握ってもらった握りたてを頂きました。
帰りの新幹線の時間までまだだいぶあります。さて、何しましょう。
私としては男鹿半島をゆっくり見て回って、日本海沿いにちょっと南下してポートタワーセリオンに行って、、、というつもりだったのですが、母曰く、酒田に行ってみたい。

え?酒田って秋田ではなくて山形ですけど??しかも160キロは離れてますけど、、、。
でもどうしても行ってみたい、というので行きました。

P1150932


とりあえず目的地は酒田港の市場にセット。ひたすら運転してようやく到着。
美味しい海産物のランチでも食べたいと思ったものの土曜日でとても混んでいる。
秋田までの帰りも心配になって、結局お魚を少し購入して、酒田市内を少しドライブして、帰路につきました。

母は「北前船」の寄る港だから、ということで酒田に興味を持ったようです。
きっと良いところなのだと思いますが、あまりにも滞在時間が短すぎて良くわからなくて残念。


P1150933


ランチは途中の道の駅で、飛び魚ラーメンを食べました。さっぱりしていてなかなか美味しかった。

P1150934


見えるかなあ、途中虹が出ていました。ちょっと得した気分。

秋田駅に着いて、レンタカーを返して、駅で秋田土産のお買いものをして、新幹線へ。

P1150936


母はアイスとホヤが食べたいと!なんと自由な発想〜。私は運転手終了なのでワインを頂きました。
秋田良かったねー楽しかったねーと話しているうちに東京駅に到着。
もうここで夕飯食べて行こうよ、と母が言うので、私の大好きなスネバーグのお店があるんだよ、とVimonへと参りました。

P1150939


こちら、ミディアムレアのスネバーグ。本当に好きな一品です。粗挽き肉の食感と、しっかりとしたお肉の味がたまらない。母も完食!私と4 decades近く歳が違うのに食べる量が同じとは凄い。
母はお酒は飲みませんが、、、。

帰りはタクシーでおうちまで。木、金とお休みをいただいたのでシルバーウィークは始まったばかり。
何とも贅沢な、お休みの始まりでした。




umappie at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 旅行(国内)