2012年10月22日

食べ歩き紀行【蒲田】オートクチュールアキラ

新築マンションの周辺地域サイトで連載中の「食べ歩き紀行」。
今回はJR「蒲田駅」エリアをご紹介します。

近鉄不動産がご紹介するエリア情報はこちら→<タウンアドレス蒲田>

---------------------------------------------------------------------------------------

JR蒲田駅で電車を降りると聞こえてくる蒲田行進曲のメロディー。なんだかワクワクします♪

蒲田は本当にいろんな美味しいものがある魅惑のエリア。有名なのは餃子ですが、それだけではないんですよ。お友達が西口の方で丸や呉服店という呉服屋さんをやっていて、蒲田のおいしいところにいろいろ連れて行ってもらってます。以前行った聖兆という中華料理もおいしかったなあ。

その時のことは、「大満足のヌーベルシノアランチ@聖兆 蒲田」という記事に書きました。 よろしければご覧くださいませ。なんでも秋ごろに移転してしまうという話も。移転する前にもう一度行かなくっちゃ。 

今回行ったのはオートクチュールアキラというフレンチのお店で、JR蒲田駅の東口から徒歩5分もかからないくらい近い場所にありました。


DSC03895

落ち着いた感じの店内。テーブル左にはフォーク、右にはナイフが5本ずつくらいきちんと並べられていて、程よい緊張感。フレンチのコース食べるの、久しぶりかも。今回はシェフ特製会席コース5,000円を頼んでみました。

7ea9ed81.jpg

ワインリストがこれまた充実。ですが、その時によってはないものもあるみたいなので、お店の方と相談しつつ決めたほうが良いかも。おすすめ頂いた、メルシャンの酸化防止剤無添加スパークリングワイン爽美のぶどうにしてみました。飲むと葡萄の香りがふわーと広がって、でも甘すぎず、キンキンに冷やしてごくごく飲みたい、そんな感じの泡で、暑い暑い東京の夏にはぴったりかも。


DSC03869

一品目のこちらは、白金豚の生ハムにゴールデンパインをはさみ、イチゴヨーグルトソースをかけたもの。添えてあるのは有機栽培の水菜です。そう、こちらはロハス食堂とも呼ばれているだけあって、材料も自然にこだわったものが多く使われているみたいです。

いちごヨーグルトソースがふわっと口で溶けて豚の甘味と融合。もちろん泡にあいます!


278dd5e8.jpg

続いての一品はパテドカンパーニュ。フレンチの甘い人参、実は苦手なので見た時には正直どうかなと思ったのですが、人参の歯ごたえ、味がとても良くて、お肉の味わいがより深まっていました!生の豆苗もしゃきしゃき美味しい。


3ccef7db.jpg
 

かわいいサラダ。香取市のつまみ菜、レタス、人参のサラダで、すっきりとした味わい。点々はトマトだそうです。目にも楽しくて、 お口もリフレッシュしてくれる一品。


7c0e81ed.jpg

ふと見上げるとこんなシャンデリアが。ガラスがブラウンなのがシックで素敵♪ 


a6fff2cb.jpg

パスタは有機野菜のパスタでちょっぴり和風味とのことでしたが、ワインにも合う味。野菜がたっぷり食べられるのが嬉しい。トッピングは採れたてのつまみ菜で、ぴりっとした味わいが全体を引き締める感じでした。 

ここでお口直しと出てきたのは小さなグラスに入った有機豆乳!自然のままの味わい、滋味深い味というのでしょうか。確かにリフレッシュします。



1ab056ec.jpg

そろそろ後半戦。お魚料理はタスマニア産キャットフィッシュ!シャンパンベースのクリームソースに、バジルオイル。付け合わせの野菜は有機小松菜とにんじん。キャットフィッシュはフライでしか食べたことがありませんでした。土の香りがするのですが、その土の香りがとっても良いアクセントになっていてソースに合う!新しい味の体験に感動しました。付け合わせの人参のグラッセも甘さ加減が絶妙で、硬さも程よく、人参嫌いさんにも食べさせたい。



dcf5c5e4.jpg

泡がなくなったので、次は赤へ。オーガニックの赤が飲みたくて、ボデガスボコパのラウデュムオーガニックにしました。ミディアムボディー。最初は固い、締まったような感じだったけれど、だんだん開いて柔らかく香り高くなって美味しくなってきました。


c6593364.jpg

お肉のメインは鹿児島産の黒豚、チーズとトマト、有機ごぼう、ジャガイモを乗せ、たまりソースで頂く一品です。ごぼうが噛めば噛むほど美味しい。これまた滋味深い味で、たまりソースと共に豚の味をさらに深めます。おなか一杯だけどついつい食べちゃう。身も心も大満足。


422e5cbd.jpg

デザートは有機トマトとバナナの冷たいグラタン。カラメリゼされてカリッとした表面と中の優しいクリームとの食感の違いが楽しい。トマトのデザートなんて!と驚きつつも文句ないマッチングに思わずにやり、としてしまう。甘いもの得意でないはずの私ですが、スイーツは別腹というお友達の気持ちが少しわかったかな?


c3fa0944.jpg

〆はコーヒー、紅茶orハーブティーで、私はハーブティーを頂きました。行った日は平日でサービスの方は一人なのにほぼ満席。お酒を頼んでから出てくるまでかなり時間がかかったりもしたけれど、お料理はテンポよく出てきて、一つ一つ美味しくて驚きもあって、幸せな時間を満喫。ゆっくり食べて、飲んで、はっと気づいたら24時近く!慌ててお会計して駅へと急ぎましたが、なんとこのお店は営業時間26:00まで。近くに住んでいたら遅い時間からでも美味しいフレンチのコースを頂いて歩いて帰る、ということも出来るわけでうらやましい。現に23時過ぎからいらしていた常連さんと思われるお客様達もいらっしゃいましたよ。

何が出るかお楽しみ、の玉手箱のようなフレンチ会席。ぜひまた別の機会に行ってみたいと思います。

 



umappie at 22:03│Comments(0)TrackBack(0) 食べ歩き紀行 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔