2013年01月22日

食べ歩き紀行【三鷹】レストランテ・ウィルビウス

新築マンションの周辺地域サイトで連載中の「食べ歩き紀行」。
今回はJR「三鷹駅」エリアをご紹介します。

近鉄不動産がご紹介するエリア情報はこちら→<タウンアドレス三鷹>

-----------------------------------------------------------------------



DSC04766













浅草橋に美味しいビストロあるよ〜と油屋ご飯のエマさんにもお誘いいただいたのは何年前かしら!

その時とても感動した浅草橋、ラ・シブレットが三鷹に移転!という話を聞いてはいましたが、なかなか訪問のチャンスがなく。そんな時にお話のあった三鷹食べ歩き紀行。浅草橋から三鷹に移転して、レストランテ・ウィルビウスという名前になったお店に行きたくて行きたくて、気力迫力で?予約ゲットしました(笑) 

でも三鷹には他にもウィルビウス以外のフレンチも、美味しそうなイタリアンも、お蕎麦も、中華も、いろいろあるんですよね〜。吉祥寺も近いし、お店も多いし、便利で美味しさ満載なエリアのようでうらやましい。


DSC04769














まずはヴァンムスーを頂きながらメニューを吟味。アラカルトもコースも魅力いっぱい。アラカルトメニューの中の青首鴨フォアグラのテリーヌ青胡椒風味や、兵庫県産真牡蠣のマリネフランボワーズ風味にもかなりそそられましたが、迷いに迷ってシェフお任せコースにしました。


DSC04771














コースのアミューズは、白子とホタテのグラタン!アラカルトにあった、白子のムニエル ケッパー風味が気になっていた友達は、白子食べられるんだ!と大騒ぎ。優しいクリームソースに白子が天使的ふんわかさをプラス。ホタテのシャキシャキ、そして胡椒は小粒でもぴりりと効いて。小さな器の中は幸せなハーモニーでいっぱい♪



DSC04772













そして、次なる前菜一品目に、キタァーッ!生雲丹と人参のムースコンソメゼリーよせ。数年前に食べて感動した一品です。

人参ムースのほのかな甘味をコンソメゼリーがほどよく締めて。見た目も味も、これは芸術品。生雲丹って普段もっと主張していると思うんだけど、この雲丹は、他と仲良く、良いハーモニーを醸し出しています。バラバラで食べるより一緒に食べた方が二重にも三重にも美味しい、とにかく素敵な一品なのです。よく、料理は引き算、って言われているけれど、やっぱり美味しいものばかりを組み合わせたら美味しいんじゃないの?なんてどこかで思っていた私。でもひとつのお料理としていただくときには何かが突出していたり、それぞれ主張しすぎていてはだめで、まとまりが重要なんですね。なーんて、今、あの感動を思い出しながら書いているわけですが、食べている最中はただただ夢中で食べていました。



DSC04773














すくってアップにするとこんな感じ♪人参嫌いのはずの友達も、とにかく美味しい、食べ終わるのが寂しい、と。あまりに食べることに集中しすぎて会話がなくなる(笑)美味しいひとときを大好きな友達と共有できる幸せ。



DSC04774















次の前菜はパイ包みのスープ。マダムにシェフお任せコースの説明をしてもらう前に、隣のテーブルの方々が食べていたこの一品。とっても気になっていました。アラカルトにはない一品と聞いて、このためにコースにしたくらい、美味しそう。もちろん食べても美味しかった〜。



DSC04776














中身は鮭と牡蠣。ぷっくらした牡蠣とふんわかな鮭、それぞれの火の入り方が絶妙。そしてそれぞれの出汁がちゃんとスープに染みていて。パイ皮を崩してスープに入れながら、食べると最高。ふちについたパイ皮まで綺麗にスープに落として頂きました!ところどころに感じるクミンの刺激がまたたまらなく素敵♪

パイ包みスープの中はクリームが定番と思っていましたが、アミューズがクリームのグラタンだったから、クリアなスープが嬉しい。素晴らしい味のバランス、心身共に染み渡る、幸せな味。


DSC04778













お魚料理は青森県産真鯛のポワレ。皮がぱりっぱり!でも身はとってもジューシー。軽めのレモンバターっぽいソースにベーコンとケーパーも入っていて、しつこくなくすっきりとした味わい。いろんなきのこの香りも素敵。



DSC04779
















お肉のメインは牛ほほ肉の煮込み。鹿が最近ちょっと苦手という友達のリクエストで、牛に変えてもらいました。



DSC04780













ほぐしてみるとこの通り。ほろほろとほぐれて味わい深いお肉。甘酸っぱいソースが程よく、お腹一杯なのに美味しく食べられてしまいます。お野菜は菜の花と、白菜ロール。白菜の中はしっとりとした鶏。牛ほほ肉一口食べて、白菜ロールを一口。そしてまた牛ほほ肉へ、と何度も楽しい往復をしました。

お肉本来の味が生きていて、それでいて脂っぽくも重くもなくて、しみじみ美味しい。


DSC04782













お料理は完食!でもさすがにデザートは無理で、友達に二つ選んでもらいました。ひとつは紅茶のクレームビュレ。紅茶のアイスとか、紅茶をデザートで使ったものは好き。お腹一杯なのが残念。


DSC04781













もうひとつは洋ナシのコンポート。友達曰く、さっぱりしてまた食べられる〜とのこと。それぞれのデザートには自家製はちみつアイスが付いています♪


DSC04786












いや〜美味しかった〜。このお店は、味だけでなくマダムのサービスもとっても素敵。私たちが最初にメニュー見ていた時に、アラカルトをシェアしても大丈夫ですよ〜と一番気になっていたことを先に教えてくださって、緊張が一気にほどけました。友達のワインがなくなったな、と思って振り返ったらすでにマダムがワインボトル持って待機中だったり、赤ワインをボトルで頼むか迷っていたら、余ったらお持ち帰りされてもいいですよ、と言ってくださったり。

この写真だって、サンタを撮ろうとしていたら、さっと雪だるまを一緒に並べてくださって。素晴らしいおもてなし♪♪

絶品お料理を居心地の良い空間でいただく。至福の体験です(^-^)


DSC04785













最後は可愛いカヌレとアーモンドまで!とても食べきれず、お持ち帰りさせていただきました。

また誰か、大事な人と一緒に来たいお店。次はいつ来れるかな?次は、アペタイザーをアラカルトで頂いて、みんなでシェアしながらたくさん飲むのもいいかな、なーんていろいろ考えつつ、次回の頼み方をすでに検討開始。

美味しい、心地良い時間でした!ありがとうございました〜♪♪



umappie at 00:39│Comments(2)TrackBack(0) 食べ歩き紀行 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yoshie   2013年01月23日 02:51
白子に生雲丹の料理、牛もな〜んて美味しそうなんでしょ。料理もスゴイけれど、接待も抜群でよかったね。「食べ終わるのが寂しい」なんてお料理でサービスが悪かったら、それこそ悲劇です。
2. Posted by みち   2013年01月23日 08:41
☆☆yoshieさん、こういう店で接待が悪かったら、いくら美味しくてもまた行こうという気にならないかも。とっても素敵なお店だったよ〜♪今度は四人位で行ってアラカルトメニューを制覇したい(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔