2013年11月08日

食べ歩き紀行【稲毛】クチーナ イタリアーナ ディンミ

新築マンションの周辺地域サイトで連載中の「食べ歩き紀行」。

今回は千葉市稲毛区【稲毛】エリアをご紹介します。

物件は今秋より販売予定の「ヴェレーナ稲毛」(売主:日本綜合地所)です。

エリア情報はこちらでどうぞ稲毛スタイルガイド

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

クチーナ イタリアーナ ディンミ (5)



休日のランチに、稲毛のクチーナ イタリアーナ ディンミに行ってきました。
すっきりと洗練された店内でグラスのスプマンテと頂くイタリアンの美味しかったこと!
感動冷めやらず帰ってきてすぐにブログに書こうと思ったらなんと、カメラのSDカードが
壊れてしまいました そこで今回はプロの写真を何枚かお借りしつつ、感動した
ランチメニューの内容をご紹介したいと思います。文書と写真が合っていなくてすみません。
味と見た目を想像しつつ読んでいただければ嬉しいです。

クッチーナイタリアーナディンミは稲毛駅の東口から徒歩5分ほどのビルの2階にあります。
プレフィックスコースは数種類の前菜、パスタ、メイン、デザートから選べて、ソフトドリンクも
付いて2500円。私は前菜3種盛り合わせ、ズワイガニのアーリーオオーリオ(これは+300円)、
庄内豚と生ハムのスカロッピーネ、ビアンコマンジャーレとホットコーヒーでお願いしました。


クチーナ イタリアーナ ディンミ (11)



グラスワインは500円。まずはスプマンテを飲みつつ、前菜3種盛りを待ちます。

するとまず小前菜ということで、鴨のテリーヌのクロスティーニが登場。
お腹空いていたのでうれしいサプライズ。鴨のテリーヌの下にはマッシュポテトが
少し敷いてあって、鴨とバゲットを優しくつないでいる感じ。当然泡にも合います。



クチーナ イタリアーナ ディンミ (15)



この写真はメインだと思いますが、前菜三種盛り合わせの内容は、
秋刀魚のフリット、サツマイモのケーキ仕立て、鶏とセロリのサラダ。

秋刀魚のフリットはぎゅっと身が締まった感じでカリカリ。
上に乗ったタルタルソースとの相性の良いこと。

サツマイモのケーキ仕立ては程よい甘さで、上にかかった薄めのクリームが
味をよりまろやかに引き立てて。そしてこのサツマイモのケーキとスプマンテの
マリアージュが素晴らしくて。余韻が重なるというのかな、幸せな味。

鶏とセロリのサラダは正直そんなに期待していなかったのですが、
鶏を一口食べてびっくり。思わず鳥肌が。(鶏を食べたからじゃないですよ、
びっくりするほど美味しいものを食べると鳥肌が立つんです。)鶏がとっても
しっとりしている。マスタードシードとパプリカかな、スパイス感も程よく、セロリ、
生ピーナツ、そしてわさび菜かな、ちょっとぴりっとする葉っぱ、すべての

バランスが良くて、思わずうなる。あーもう一度食べたい、あの味。。。感動しました。


クチーナ イタリアーナ ディンミ (16)



パスタもこの写真とは違いますが、ズワイガニがたっぷり入ったアーリオオーリオ。
パスタはオレキエッティだったかな、手でこねて耳のような形になっているパスタで、
ソースがよーく絡むんです。ズワイガニと一緒に入っている野菜は蕪かなと思ったけど
固さからいって大根かしら。そしてフリルのついたモロッコいんげんのような、
うりずんのような、不思議な形をした緑の野菜。すべてが一つにまとまり、
程よい酸味で食べ飽きない。これまたバランスの良い一品。

ちょうどスプマンテがなくなって、もう一杯スプマンテにするか白にするか
迷ってお店の方に聞いたところ、白ワインはマルケ州のベルベッキオとのことで、
それを頂きました。黄金色に輝く白ワイン。ふくよかさがあってとても美味。


image




メインはイサキのポルチーニクリームか、庄内豚と生ハムのスカロッピーネで
迷ったのですが、お肉にしました。この写真は唯一残った今日のランチのスカロッピーネ
の写真(涙)。スカロッピーネとは、豚と生ハムを合わせてたたいて薄くして焼いたお料理
とのこと。生ハムも豚肉なので豚と豚だけれど、全く違う育ち方(?)をした二人が
出会い一体となってこんがりと焼かれ、トマトのソースをまとって一品となって登場。
ソースが重すぎず軽すぎず素材の邪魔をせず引き立てて一口一口が本当に幸せ。

このお料理ではグラスの赤ワインを頂きました。グラスの泡、白、赤と頂いても一杯500円
とは嬉しい限り。でもボトルワインのセレクションもいろいろと美味しそう。


クチーナ イタリアーナ ディンミ (6)



デザートのビアンコマンジャーレとは、ブランマンジェのイタリア版のようなもの、
とお店の方。一口頂いたらアーモンドの風味がふわ〜っと口の中を満たし、
大好きなアーモンドリキュール、アマレットを思い出しました。ワインにも合いそう、
だけれど、コーヒーにももちろん合いました。最初から最後まで、それぞれ本当に
美味しかった〜味もお値段も大満足。


ちなみに今回AZZ'CHE PIZZAというナポリピッツアのお店もとても気になっていたのです。
他にも美味しそうな店があって、稲毛の食はかなりすごいのではないかしら。

大きなAEONも駅近くにあってとっても住みやすそうな街で、しかも美味しいお店が
たくさんあるとは、うらやましい限り。今度食いしん坊仲間達誘って稲毛に食べに来たい
と思います。ディンミのディナーにするか、それともピッツアに行くか、それ以外のお店も
気になるし、悩ましい〜。



umappie at 12:30│Comments(0)TrackBack(0) 食べ歩き紀行 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔