2014年04月16日

【食べ歩き紀行】時空を旅するような感動フレンチ♪@フランス料理シェ・小杉

P1100331


お友達に猛烈におすすめされ、名古屋のフランス料理シェ・小杉を訪れました。
急に決まったこともあり、友達とうまくタイミングが合わず、独りでの訪問。
ちょっと緊張つつドアを開けると、とても優しい笑顔のマダムが出迎えてくださって、気持ちが一気にほぐれます。

P1100334


シェフが持ってきてくださった本日のメニューには、〜幸福の扉〜という文字。
《はじまりは海》、そして《清流》、《大地》、《芳香》、《息吹き》、《海ふたたび》、《真髄》、《ピレネー山脈より》と続くストーリーのあるお料理。小旅行に出かける前のようなワクワク感。


P1100335


お飲物のメニューを見て、目が釘付けになってしまったボランジェ。残念ながらこの日は切らしているとのことで、ボランジェ好きなら気に入るはずとシェフに選んで頂いたシャンパーニュでコースを通すことにしました。幸福の扉をいざ開けん♪

P1100336

《はじまりは海》のオマール海老のコンソメジュレ。焼き目を付けた雲丹が乗っています。
白いのはカリフラワーのクリーム。ちょっと焼いた雲丹は甘味が増して濃厚。
オマール海老ジュレと雲丹とクリームを一緒に口に入れると、確かに昔、子供の頃
壱岐や対馬で身体で感じた海の香りがして、ずっと忘れていたその風景が頭の中によみがえりました。

P1100337


右のイカ墨のサブレはしっとりとしていそうな外見に反してサクサク、まさにサブレ。
桜エビの香りが口中に広がり、美しい鱒の卵の味とあいまって、うーん、幸せ。

そして左のブリニはふわふわで、キャビアの繊細な塩加減と海の香りにうっとり。


P1100338



驚いたのはベニエルージュ。その名の通り赤い。
なんでもビーツの色だそうですが苺みたい。中身は白身魚と車海老だそうです。
外はかりかり、中は程よいピンクで齧った断面は淡いピンク、本当に苺のよう。


P1100339


海から《清流》へ。最初、どうしてパンケーキが浮いているのか理解できず何度もじーっと見てしまいました。

パンケーキの中には鮎と山菜、そしてミモレット。鮎のほろにがさと山菜のほろにがさがなんともいえず合っています!ほろにがさを優しくとりもつミモレットとパンケーキ。

美しいプレゼンテーションに、本当に清流のせせらぎが聞こえるような、昔足を入れてみた時のひんやりした感覚がよみがえるような、不思議な気分でした。

P1100340

次は《大地》。野生茸のロワイヤル、だそうですが、もろもろっとした優しい固まり具合にふわふわの泡。
茸がたくさん生えている、山奥の肥沃な土を思わせるような、奥深い味。

P1100342


中にはモリーユ茸がゴロゴロと入っています。

P1100345


《芳香》。左は卵の上にたっぷりとホワイトアスパラのクリーム、そしてサバイヨンソース。シェフがサマートリュフを削りに来てくださいました。

ホワイトアスパラの柔らかな春の味とちょっと酸味のあるサバイヨンソースが、卵を優しく包みます。
そしてサマートリュフの香りで口の中も胸の中も一杯!

右はなんと、レーズンバターサンドならぬトリュフバターサンド。チーズ風味のクッキーの中にトリュフバターがサンドされていて、バターが溶けないように冷たい石の上に置かれています。サクサク噛むと口の中でトリュフバターの香りが炸裂。たまらない。。。

P1100346


マダムが美味しそうなパンをたくさん持ってきてくださいましたが、お腹いっぱいになりそうだったのでスタンダードなバゲットのみ1枚頂きました。

手前はバター。もう、一つ一つが素晴らしい。この真ん丸でつるっとしたバターに萌えます。削って崩すのがもったいないような。

P1100348


続いて《息吹》。大地から、春の香りが漂ってきて、そしていよいよ春の芽吹き。

P1100349


このサラダ、下に牛すね肉のスープで炊いた、セップ茸の炊き込みご飯が入っているんです。
上の香り野菜と、グリエールチーズのチュイルをよーく混ぜて食べてください、ということでまぜまぜ。

ご飯にはしっかり牛すね肉の旨みとセップ茸の香り。そこにちょっとぴりっとするような春の葉っぱ野菜が混ざって、素晴らしいとしかいいようのない味。とっても好み。

P1100351


《海ふたたび》お魚は真鯛のポワレ。深緑のソースはエストラゴン。ラビオリの中には空豆と桜えびが入っています。柔らかい空豆ペーストと桜えびで春を再び感じ、しっとりとした真鯛のポワレとエストラゴンソースにまたうっとり。カリカリとした皮も素敵なアクセント。

P1100352


そしてこの、ポワロー葱のソースが優しい甘味とコクをさらにプラス。
いろいろな味わいが楽しめて、ワクワクが続きます。


P1100353



《真髄》と題されたコンソメ。語弊があるかもしれないけれど、和の出汁のような、ピュアな旨みそのものの味で身体に染みわたる。口直しに、とメニューには書いてあるけれど、まさに真髄、味の、旨みの真髄なのかも。素晴らしい味でした。また頂きたいなあ。。。


P1100354


《ピレネー山脈より》そしてメインの、ピエールオテイザ氏のキントア豚、焦がした玉ねぎのソース。
このお皿の盛り付けにまたまたびっくり。正直最初、真ん中に豚肉が出てくるんじゃないか、
と思っていました。

お皿の淵三分の一に美しく盛り付けられた豚肉。パールオニオンの中にはクレソンのソース。オレンジは人参クリーム、白いのは根セロリ。かりっと揚がった葉っぱに、チーズのチュイル。ビーツもあったかな。オニオンを高温で長時間焼いたというソースと、一番手前はバスクの塩。

ピエールオティザ氏をネットで検索してみると、「30年前、絶滅の危機にあったフランスの地豚“バスク豚”を保護し、今では7000頭にまで復活させた第一人者」とありました。バスクの豚だからバスクの塩、なんですね。
ちなみにバスク塩はフルールドセル(大粒の天日塩)、パセリ、ピンクペッパーなどのミックス、らしい。これだけなめても美味しかった。


P1100355


ちょっとアップにしてみました。左下に見えているのが一口サイズにカットされたキントア豚。
香ばしいかおり、柔らかくて、噛むとじゅわっと旨みが口中に広がります。
そのまま食べてお肉の美味しさを噛みしめたり、周りの野菜やチュイルと一緒に食べて味の組み合わせを楽しんだり、一口一口がとても楽しい。

この感じだと、デセールもきっと素晴らしいプレゼンテーションで、味も良いんだろうなあ、と思ったのですが、さすがにお腹いっぱい。帰りの新幹線の時間も気になってきたので、デセールは泣く泣く断りました。

するとシェフがフルーツの氷菓子に変更し、さらにはミニャルディーズを包んでくださるとのこと!

P1100357


こちらがフルーツの氷菓子。これまた可愛らしい盛り付けで、味もさっぱり。シャンパーニュにもとってもあって、素敵なお食事の〆になりました。心遣いが本当に嬉しい。

お食事をしながらまるで小旅行、いや、時空を超えた旅に出ているような気分。こんなにいろいろな感性を刺激されるお料理は初めてだったかもしれません。一人ということを忘れる位に楽しいひとときでした。お料理の素晴らしさに加えてマダムやシェフのおもてなしにも感動。

記念日に訪れれば素敵なお祝いの日になること間違いなし。そして、特別な日でなくても、ここでお食事をしたこと自体が記念日になるような、そんなレストラン。今度は大事な人と一緒に訪れたい、と心から思いました。

素敵な時間を、思い出を、ありがとうございました!



umappie at 21:51│Comments(6)TrackBack(0) 食べ歩き紀行 | イタリアン・フレンチ・スパニッシュ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by mayugeba   2014年04月16日 22:08
これは!!!

最初から最後まで、細部まで目が釘付けなメニューでした!
あー、これはいつか行きたい、絶対に!!

ブリニだけでなく、サブレに魚卵系だなんて目からウロコです。
オデイザ氏のキントア豚を仕入れられてるところもこだわりすごいなぁ。

2. Posted by みち   2014年04月16日 22:34
mayugebaさん!そうなんです、本当に素晴らしいお料理とプレゼンテーション。感動しました。mayugebaさんもぜひぜひ行ってみてください〜超おススメです。私もまた行きたくてうずうずしてます♪
3. Posted by まりまり   2014年04月18日 22:55
うわー!すごい!!
行きたかったです…(*_*)
4. Posted by yoshie   2014年04月19日 00:59
子供の頃に感じた海の感覚が蘇ったお料理ですか、、それはすごいね。
お料理はもちろんおもてなしも感動のレストランで、新幹線の時間を気にしなければいけなかったなんてかわいそう〜、これはまた別の機会にでかけなければ!ね。
5. Posted by みち   2014年04月21日 23:54
まりまりさん!ほんとにすごかったです。このお店おススメですよ〜機会があったらぜひ行ってみてください。私もまた行きたくてうずうずしています。願っていればきっと行けると信じています。。。
6. Posted by みち   2014年04月21日 23:55
yoshieさん、一人で食べているということもあったのかもしれませんが、いろいろな記憶や場所、感情、感覚を思い出すような、不思議な体験でした。美味しかったよ〜いつかyoshieさんと一緒に行けたらいいな♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔