夏の一日

2015年08月04日

ある夏の日

DSC_1945-picsay


溶けてしまいそうに暑い日が続いている2015年の夏。暑い暑いといいながらも、夏生れのせいか夏は好きなんです。

とある夏の日曜日。まずは銀座君嶋屋さんへ。「朝活ワイン」でコルシカロゼのミニ講座を聞きつつ3種類をテイスティング。左から、

◆2013 クロ・カナレリ コルス・フィガリ ロゼ

フルーティーだけれどしっかりもしていて食事のスターターに合いそう。
その前日に開催した、西瓜ゼリーの乗ったセビーチェに合わせてみたい。

◆2013 アントワーヌ・アレナ パトリモニオ ロゼ
ちょっと胡椒っぽい香りを感じたような。しっかりとした味のお料理にも負けないかも。

◆2014 レヌッチ コルス・カルヴィ ロゼ
美しい色。個性的な味わいでした。

3種類の飲み比べで1000円は大変お得。その後、我慢できずにシャンパーニュのグラスも頂いてしまいました。
お昼を食べる時間なく、慌てて次の目的地へ。

DSC_1966-picsay


次の用事は渋谷のCultureWorksでのねここね塾。初めての参加でしたが、毎回違う猫を作るみたい。
この回は猫風鈴でした。先生にアドバイス頂きながら夢中で作成。

DSC_1963-picsay


模様は自由ということだったので、やはり前日のイメージから西瓜柄に。身体全体を緑と黒の縞々にしても面白かったかも。太っちょ猫なのに涼やかな良い音がします〜。

DSC_1961-picsay


渋谷から今度は青山のファーマーズマーケットへ。唐辛子やさんがハラペーニョを出店していると聞いたので。
16時までとのことで炎天下に汗をふきふき急ぎました。

立派な国産ハラペーニョを2キロ購入。これはピクルスにします。


DSC_1953-picsay


気づけば朝も食べていないし、お昼も食べそこなっている。急激にお腹が空いたので、ファーマーズマーケットで湘南藤沢トマトのフレッシュマルゲリータピッツアを。小麦も湘南藤沢小麦を使っているらしい。小さなバンの中にピッツア窯があって、その場で焼き上げてくれました。

香ばしくて美味しい〜♪

炎天下もう少し探し物をして、渋谷駅まで歩き、その後自宅へ。
なんだかぐったりと疲れてしまったのでしばし休息。zzz

DSC_1957-picsay


夜は自家製ローストビーフを薄く切って軽く焼いたものを乗せたサラダと、茄子のソテー。

DSC_1959-picsay


そしてアマーラトマトと桃を使い、リコッタチーズを乗せた冷製パスタを。アマーラトマトの甘味と酸味のバランス、しっかりとした果肉、とっても好みです。

お供は西瓜ジュースのソーダ割り。珍しくお酒抜きでした(昼は飲んだけどね)。

夏の始まりはワクワクします。あっという間に夏は終わってしまうから、もっともっと満喫するつもりです♪
暑さに負けないように頑張ろう!



umappie at 00:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年08月22日

カイロの赤い薔薇、能x現代音楽の、不思議な夏の一日


P1010879
































友達にエジプト人のお友達を紹介したいと言われ、時間休を頂いて中野に。ところが、友達に急用ができてしまい私一人で会うことに。携帯を持っていないその方となんとか会えてほっとしていたら、いきなり真紅の薔薇を頂きました。

これが本当のカイロの赤い薔薇?ウッディアレンの映画はPurple rose of Cairoだったけれど。なんだかとっても嬉しい。

お料理好きと聞いていたので、いろんなお料理の話で意気投合。エジプトにはその昔トランジットで寄っただけですが(その時空港でなぜか蛇のブレスレットを買ったのを覚えています)、とっても行きたくなりました。

今はお国の情勢も大変な感じですが、彼曰く、5000年の歴史があって、近隣で一番強い軍隊を持っている国だから、この騒ぎももうすぐ収まるよ、とのこと。

少しでも早く、平和な日常がエジプトに戻ってきますように。



P1010878




















中野で訪れたのは、友達が下調べしてくれていたスペインバルマドリッド。一見普通のチェーン店っぽい店構えに見えたのですが、お料理美味しい!私はベジタブルプレートを頂きました。ホワイトアスパラに、パプリカマリネに、スパニッシュポテサラ、ガスパッチョ、そして奥の人参のペーストが特に美味しかった。このほかサラダもついていました。

半日ですがお休みってことでカヴァを。彼はおなかは空いていない、お酒は飲まない、ということでアイスティーでした。いろいろお話して楽しかった〜。いつかきっと、エジプトにも行ってみたいと思います。


image














そしてその夜。別の友達に能x現代音楽のコンサートに誘われていたのですが、その友達も忙しくなって参加不可に。せっかくなので一人でそのコンサートに行ってみることにしました。

能も現代音楽も素人なのでどうなるかなーと内心ドキドキしていたのですが、とても良かった。普段使わない頭と心の部分をマッサージされたような気分。インスタレーションアートを見た時と同じように、わからないけど、好き。わからないけど、いろんな思いが湧いてくる。それと同じような感じを、今日の能x現代音楽のコラボで体験しました。

青木涼子さんの集中力、すごい。場所も時間も超越した空間にいて、その空気が伝わってきてひきこまれる。パフォーマンスを終えてにこっと笑うお顔が美しくて、そのけはないですが(笑)どきっとします。動きも、そして謡も、心に直接響きました。

あと、小出稚子さん作曲、たぶん考案の、恋の廻旋曲(ロンド)も素晴らしかった。能の謡は響きは素敵だけれど素人である私には何を言っているのか理解できないのです。作曲した小出さんもそう思って、日本人に響く575の言葉を探して思いついたのが山手線の駅名!山手線の駅名を盛り込みつつ、「過去と現代、2つの時代軸が重なり、夜の山手線を舞台にくりひろげられる恋の物語」を謡と舞いと打楽器で表現してしまう発想。とにかく面白く、楽しく、感動的でした。あーすごかった。

興奮冷めやらず、白金高輪駅から歩いて帰る途中に前から気になっていたスタンディングワインバー椿へ。海老と山芋とオクラの冷製、泡に合いました。お店のお兄さんが、能見てきたんですか?僕、銀座の能面コレクションをこの前見に行ったんですよーと話しかけてくれましたが、、、実は私、お面は苦手なんです。その昔ひょっとこのお面を噛んで(日本舞踊で踊る時ってお面は紐じゃなくてお面の内側から出ている木みたいなのに綿を巻いてそれを噛んで固定するんです)踊った時の気持ち悪さが忘れられず。。。でもそれを説明するのも長くなりそうだったので、あーそーなんですか、と答えましたが。いろいろな表情を見せる能面は、怖いけれど興味もあります。ちなみに今日の青木さんはお面なしでしたが、きりっと締めた表情に時々目がきらっと光って、とっても迫力ありました。

image














さらに歩いてうちに帰る途中、水分が不足してきました。昨今熱中症は怖いですから、オアシスで給水(給アルコール)。ロゼワインを頂き、新しいメニューなのかな、にんにくと茄子のコンフィ!を頂きました。にんにく好きにはたまらん〜。

そしていつも頂くカルパッチョのハーフ。このお店の塩とオイル使い、私はとっても好きです。

とりあえずロゼいっぱいでお家に帰り、今は屋上で赤ワイン飲みながらブログ中。月が隠れてしまったのが残念だけど、とっても心地良い時間。蝉もないているけれど、風は少し秋の気配。

秋も冬も春も大好きだけれど、やっぱり夏は特別。今日もちょっと不思議だったけれど、充実した夏の一日でした。さて、明日行けば週末、そして来週末から遅めの夏休み!明日もがんばります。

umappie at 23:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)