2016年11月18日

猫の凶暴化 治療開始より1ヶ月半

突然のパニック、凶暴化からの治療を経て1ヶ月半が経過しました。
ほぼ元通り状態です。

抗不安薬を毎日朝晩一錠ずつ投与し、薬がないとパニックを起こしてしまう(あるいはパニックになったのと同様の)刺激を日常的に意識して与え続けるという治療内容でした。
治療開始半月ぐらいまではキワドい瞬間が有りましたがそれからは徐々に落ち着きを取り戻し、表情もどんどん優しくなり、1ヶ月ぐらいで待望のゴロゴロが復活。
それまではすっかりゴロゴロも言わなくなってしまっていました。表情もとても不安そうでした。


元々凄いゴロゴロ言う猫だっただけに、儂も悲しかったのですが、ゴロゴロが聞けた時は嬉しかった。
その後も一瞬激しく恐怖するそぶりを見せた物のすぐに元に戻り、それ以降は落ちついています。
帰って来ると本当に嬉しそうにゴロゴロ言って出迎えてくれる様に。
良かった良かった。本当に良かった。
今では元通り超ベタベタの甘えたにゃんこに戻っています。
ピクチャ 2

今、飼い猫の凶暴化に悩んでいる飼い主さんへ。必死の想いで検索している飼い主さんへ。知恵袋の類に似た様な情報ばかりしか書かれていなくて途方に暮れている飼い主さんへ。
これは必ず治ります。希望を捨てないで、行動学を専門に研究している獣医さんの門を叩いて下さい。
現に今チャーリーは本当に驚く程の短期間で回復に向かっています。



umaretegomennasai at 23:11|PermalinkComments(2)猫の凶暴化 

2016年10月09日

猫の凶暴化

お久しぶりです、青職人です。
しばらく休止しておりましたが戻って来たと言うか、これを書くためだけに戻ってきました。

飼っている今年で一才半になる猫、チャーリーが突然凶暴化する様になりました。
ネットで調べてみると突然切れてしまう猫を抱えている飼い主さんはとても多く、少しでも情報源になれば、と戻ってきた次第です。

ネットでは1つも有用な情報は得られませんでした。
我が家も現在進行形ですが、それは一時の気の迷いでもなんでも無く、れっきとした精神病であり、的確な治療がなされれば完治させる事が出来るだと知り、他の飼い主さんや不幸な猫ちゃん達のためにここで情報を発信しようと思った訳です。


さてさて、チャーリー君が凶暴化した事の発端はこうでした。
別所に乗っけた日記より抜粋。


家の庭に生後一ヶ月半ぐらいの子猫が三匹捨ててあってですね・・・。本当に子猫大人猫問わず山に来て猫を捨てて行く人が後を立たず、年間3、4件は猫を追い払っています。
家に侵入してくることもしばしば。既に死んでいて死体を処理したことも。

先代は他の猫を大っっっっ嫌いだったので、とにかくいつも追い払うしか手が無く。
そして二代目のチャーリーも負けず劣らず他の猫を大嫌いでした・・・・。

子猫に触った手のにおいを嗅いだ途端めちゃくちゃに凶暴化し、顔に飛びかかったかと思うと血がダラダラ出る程に頭を引っ掻き、オシッコを漏らして興奮状態。
自己防衛のために必死で戦ってねじ伏せたので今度は恐怖心から攻撃的になったらしく、わしは外に追い出され、家に入れてくれない事態に。
窓からわしの姿が見えただけで襲いかかって来る。


チャーリーの状態が良ければ子猫を保護して里親を捜してやりたかったんですが・・・。然るべき対処ができませんでした。何しろ家に入ることも出来ないんだし。
それだけ心残りですが、ワンルームでチャーリーと二人暮らしですから他に手の打ち様も無く。なによりチャーリーが本気で掛かってくるので危険で。


猫の本気状態は何度か見ていますし、下手すりゃ重傷になるのも知ってます。
先代は獣医さん相手に決まって猛獣化しましたが、わしには決して来ませんでした。背中に傷を負って膿んでパンパンにはれてしまっている状態でも、わしには本気ではきませんでしたよ。おお、チャーリー!
まだあいつのことを思い出すと悲しいですけどね。もうすぐ命日ですが。


とにかく家族に協力してもらってチャーリーを一晩家族宅に隔離したところ落ちつきました。
まだぎこちないですが徐々にもとの状態に戻りつつ有ります。ドンガバチョとあだ名される程のチャーリーがすっかり無口になってしまってます。
何度かわしも取り押さえるために怒鳴りつけてすくませ、ねじ伏せると言う方法で戦ったので、その恐怖がトラウマになってしまってなければ良いのですが。

元々でれでれの超甘えた猫で、誰かが自分を傷つけること等あり得ないと確信している様な、天真爛漫人間大好き猫なので、回復が早いことを祈ります。


昨日はわしも流石に動揺して食べることも眠ることも出来ませんでしたよ。ひたすらエホバに助けを求めて祈ってました。
疲れたーー。


追記。
どうやらわしが外に出ていると子猫を持ち込むんだと思っているらしく、凄い疑ってます。監視する様に見てるし、布とか持ち込むと警戒して飛んで来て嗅ぎまくるし。
なので、抱っこして一緒に外に連れて行き、猫はもう居ないよ、と分からせたら途端に態度が変わりました。
安心した様で、よそよそしさがとれて来た。
でもまだビクビクしていますね。わしが防戦したことが物凄く恐かったんだと思います。こっちも必死だったのでどうにもしようがないけど、チャーリー元に戻ってくれー!

以上。抜粋終わり。


そんなこんなで二週間程たち、やっぱりおかしいなあ、と思っていたその矢先に再び突如凶暴化。
ドアから入って来て出してあった猫トイレを戻そうとした瞬間襲いかかって来た。
今度も物凄い恐怖してオシッコもうんちも漏らしてました。

これはやっぱりおかしい、とおもい、様々な獣医さんに相談。
殆どはネットに乗ってる、隔離する、落ちつくまで放っておく、時が解決する、程度の答えしか帰ってきませんでしたが、一件だけ動物の心も見るという、SAM CLINIC様より有益な答えを頂く事が出来ました。

診断結果は恐怖症。
ノイローゼの一種で、チャーリーは安全だったはずの自分の家に他の猫が入って来た事で強いパニックを起こし、そこに居合わせた儂に攻撃対象を転換し八つ当たり。
そこで儂が応戦してしまったために逃げ場を失い、発狂する程の恐怖を感じてしまった。
それ以降恐怖と儂が結びつき、儂はいつ襲って来るか分からない存在になり、それ+自分の家もいつ敵が入って来るか分からない恐い場所になってしまった。
それ故に何かの拍子(儂の不意の動きや物音等)でスイッチが入り攻撃行動に移る、ということでした。
これは放っておいても直る事はないのだと。
それどころか、どんどん過敏化していってしまうのだと。
けれど向精神薬の力を借りつつ、時間をかけて行動治療をすれば完治するのだと。



つまりチャーリーは唯一安らげるはずの戦場基地で、いきなり敵の侵入にあい、必死で戦っている後ろから信頼しているはずの味方からも裏切りにあったような、そんな状態になってしまってるんですな。
めちゃくちゃ可哀想です。
儂もトラウマがどういう物が知っています。フラッシュバックがどういう物かも、シェルショックによって恐慌状態に陥った事も有ります。
それは決して時が解決するなんてもんじゃなく、何かの助けが必要な事も知ってますし、放っておくとどんどん増長されていく事も知っています。

両親は貰って来たところに返して他の猫を貰えだの、外に出して飼えだのとんでもない事を言ってましたが、んな無責任な。
チャーリーは物じゃ有りませんよ?いや、物だって使ってて汚れたからって返品です、なんてやったら非常識過ぎる

第一
チャーリーにだって感情が有るんですし。ここはチャーリーの家でもあるんですし。心にそんな強いトラウマを抱えたチャーリーを他所に投げ出すなんて出来る訳がない!
儂を救い出してくれたのはエホバ神でしたが、チャーリーには儂が助けを差し伸べてやらなくてはなりません。
エホバだって絶対助けてくれます。
猫を作ったのだってエホバですから。



幸い電話&メールと郵送による治療に応じて下さり、今は薬が届くのを待っている最中です。
治療に必要なのでケージを用意したところ、設置当日から気に入って落ちついて入っています。
ケージが安全な逃げ場になってくれればめっけ物。
IMG_0858

チャーリーもビクビクしながらぎこちなく甘えたりすり寄ったりしてくれています。
チャーリーの方も少しずつ歩み寄ってくれているのかもしれないし。
治療には一年程かかるそうですが頑張ります。
今は出来るだけ刺激しない様に、慎重に慎重に接してます。


ひとまず先程薬より先に届いたレスキューレメディーを与えてみました。
最初は?な感じでしたが、にすりつけてからは自発的に指に付けたレメディーを舐める様に!
何か本能的に自分に必要な成分を嗅ぎ取っているんでしょうか。






umaretegomennasai at 16:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)猫の凶暴化 

2016年06月25日

休止します

大気汚染の深刻化により、一日の内にできる事が限られて余裕がなくなって来たので、しばらく休止します。
またひょっこり戻って来るかもしれないので、記事は消さないでおく事にしました。

またどこかで´ー`/というよりまたそのうち。
お元気でね。



umaretegomennasai at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月30日

君ももうすぐ一歳だねー。

お袋がケーキを作ってくれました。わーお、奇麗ー。
IMG_3368

最初と比べると随分とでかくなりました。君ももうすぐ一歳になるんだぞー。
IMG_3370
IMG_3371
ちょっと前まではゴミ箱に入って遊んだりしていたのに、もう入れません。
IMG_2844
今日は地元の祭りにチャーリーを譲ってくれた、浜田動物愛護会マーブルさんが出展されていたので会いにいって来ました。
付きっきりで世話をしないといけないので連れて来られていた生後10日程の赤ちゃん猫を見せて頂き、貰ってこようかと思ったww

死んでしまった先代チャーリーを拾っ頃と全く同じ位。
なでなですると安心したのか尻尾を立てて手を噛み出す仕草や出っ放しの爪(というより猫は赤ちゃんの内は爪を引っ込められない)と、全てが懐かしい。
それ位のころってほんっと世話で寝てらんないんですよね。
でも懐かしいなあ。



それはさておきこのブログもそろそろ引き払事を考える日々。
全て消すかどうかは考え中ですが、そちらの方向が濃厚ですね。




umaretegomennasai at 00:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年04月28日

縫製工場の倉庫の糸

同業者の方や裁縫する方の為に縫製工場の倉庫の糸の感想をっけてみようと思います。
専門的な話も含みますので分からない方は適当にかいつまんで読んででちょw

縫製工場の倉庫のスパン糸を30番、60番、90番とそこそこ使ってますが使い心地はまあまあ。
見た目の美しさ的には結構ざらざらしてるので他社製と比べると劣りますけど、そこを気にしないのであれば強度的にも問題ないし、普通に使えますね。まあ強度は縫い方も大きく関わってきますが。
シリコン使わずとも縫えます。ミシンに寄りますが。

90番に関してはほぼこればっか。ロックミシン糸として使っています。一番良く使う所なのでコスト的に安いのが最大の理由。

60番もまあまあ。合皮を縫うのにも使いますが目とびしたり糸玉が出る事も無く普通に使える。
布を縫う時もパッカリングも起らず、可もなく不可もなくと言った所。

30番も初めて使いましたが悪くないです。
最近ミシンを改造し、30番糸を使える様にしたので糸自体の在庫が無く、少しずつ買い足している現状なのですが、コストの高さに頭を悩ませていた。
思い切って縫製工場の倉庫で買ってみましたが、問題なく使えました。
安価で助かる。

コスプレ衣装を作るのが私の仕事ですので、造型ジャンルで30番を使う事が有ります。今回合皮を厚いの薄いの4枚重ねて、間にリアラボード挟んで縫いましたが、問題が起る事無く普通に使えて一安心。
本革にはまだ試してない。

この人(人じゃないけどw)が縫製工場の倉庫糸と相性がいいです。
IMG_3366
シンガー103デラックス。調整はミシン針14号。部品入れ替えで20番針で30番糸も縫える様に最近改造して貰ってから、家の衣装屋では大活躍してくれている。


誤解されている事が多いですが職業用、工業用ミシンと言うのは改造して初めて使える物です。
何でもかんでも縫える訳では決して有りません。
専門的な用途に特化させる為に改造して使う物であって、職業用ミシンなら何でも縫えんだろー!でいきなり30番糸や8番糸をつっこんで縫えるかっつったら無理な話です。
この人なんでも好き嫌い無く食うからじゃあこのスポンジ食べて、って言う様なもの。んなもん食えません。


家のミシン達も親しくしているミシン職人さんに、コスプレ衣装を縫う事、どのような用途でどこに重きを置いた作業をするのかをよく説明し、理解頂いた上で改造して頂いています。

だれもママチャリでロードバイクのレースに出ようなんて思いませんよね?
レーサーだって工場から出たばかりのマシンでいきなりレースはしませんよね。自分に合う様にカスタマイズするのが普通です。
ミシンもそれと同じです。



このシンガー103氏、私はジュースと名付けておりますがww縫製工場の倉庫糸だけじゃなく、全般的にスパンとの相性がいい。
おそらく最近のアパレルでの主流がスパン糸になってるからじゃないのかなあ、と推測しています。
テトロン糸を使うとどの布でもパッカリングを起こしてしまい使い物にならない。
合皮を縫うと目が飛ぶ事もある。


反してこちら、シンガー188プロフェッショナル氏、ジュース君が来るまでは家のエースでした。
そう言う訳でエースと呼んでおりますw
ジュースの意味は飲み物のジュースじゃ有りません。
私の衣装屋が10周年を迎えた年にやって来たエース二号なので、10(じゅう)ww
IMG_3367
エース氏はスパンはお嫌いな様です。かなり締めないと糸玉が出たり目が飛んだり。
シリコン使えば良いんでしょうけど、体の関係でシリコンは使えない。
とはいえテトロンだと非常に快調なので使い分けています。


昔はテトロンが主流でしたからやっぱりジュースと同じ様な理由なんじゃないかなーと思っております。
個人的にはテトロンが光沢が美しくて好きですけどね。強いし。

家の衣装達はアクションされるお客様が多いことから、強度重視でロックミシンをかけた後から片側に倒して押さえステッチを入れていますが、そのステッチに主にテトロンを使ってエースで縫います。
テトロンで合皮を縫うと力がかかったとき糸の圧力で合皮が切れる事が有るので、ジュースが来てから合皮はジュースの役割になった。


そんな訳で家の糸在庫はテトロンとスパンと両方有ります。
テトロンはもうあまり生産されなくなってきて廃盤色も増えてきました。
でもまだ製造はされてるのでエースが現役な内は作り続けて欲しいもの。


縫製の世界は面白いです。
糸一つ、布一つ、ミシン一つとっても非常に奥が深い。
布にも糸にもミシンにも本当にさまざま種類が有りますね。仕事の数だけ有るとっても良い。

綿ニット等繊維の柔らかい布を縫う時にはテトロンやレジロンだと糸の方が強過ぎて生地自体が切れてしまう事から、上糸にスパンを、下糸にウーリーを使ったりする。
サテンのドレスやリボンを縫い付ける時にはスパンだと格好悪いので光沢の奇麗なテトロンで縫う。
ツーウェイニット等糸の伸縮率よりも布が伸びる時にはレジロンを上に、高伸縮のウーリーを下に、二種類を併用して布を引っ張りながら縫う。
特にちぎれやすい合皮の場合下糸にウーリーを使って少しでも糸に夜摩擦を減らせないか試みる。

仕事と言うのは試行錯誤の連続です。
コスプレと言う三次元には無い物を現実にする訳ですから明らかに無理を強いられている訳ですが、それを現実にするのが私の仕事ですからね。




umaretegomennasai at 15:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月26日

歯は痛えわ猫は噛み付くわ

IMG_3351
9ヶ月になりますがまだ子供の体です。色はだんだん毛の内側が赤っぽくなってきてキジトラらしくなってきました。
キジトラは若いうちは縞と斑が混在していますがこれはキジトラの幼児柄?なのかなー。

性格もだんだん荒っぽくなってきて、牡らしくなってきました。
ちょっかい出すと反撃する様に。死んだチャーリーに似てきたようなw
牡はこういう荒っぽさが魅力。
実に良く噛み付く様になりまして、一日中噛まれております。単に気を引きたいが故なので可愛いもんですが。

圧力をかけると歯が痛むので柔らかい物ばかり食べております。
次の予約は9日。早く来ないかなー。




umaretegomennasai at 22:08|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2016年04月23日

歯医者は選べ

近々、と言っても5月末か6月位になりそうですが最後の親知らず(左下)を抜きます。
水曜に行った検診で虫歯が見つかり抜歯に踏み切る事に。

右は両方とも抜歯済み、左上はまだ骨の中。出るかどうかは分からないけど出るようなら下が無い以上はもはや無用の歯ですから抜いてしまう予定。
上の歯は真っ直ぐ生えてさえ居れば30秒位で抜けますからな。


最近は技術が進んで下の臼歯の抜歯も非常に楽です。
昨年右下を抜いた時は超音波で浮かせて鉗子でつまみ出して縫っておしまい。所要時間20分程度。根まで真っ直ぐな正常な生え方をしている歯に限りますが。
これから抜歯を考えている方は歯医者さんにどういった方法で抜くのか自前に聞いておいた方が良いですね。まともに答えてくれない様な歯医者は論外。
歯は非常に大事です。


私の親知らず、現状で浅い虫歯なので治療して残す選択肢も有りますが、虫歯に掛かるリスクや薬の流出の影響を考えると抜ける歯なら取ってしまった方が安全という結論に至っています。


一昨年ヤブ歯科医で治療した右奥三本は昨日まで激しく内部の薬が流出しており、非常なストレスでした。
内一本は親知らずだったため去年抜歯。
どうしてそもそも親知らずを神経を取ってまで残す必要が有ったのか´皿`;私は抜く気で居たのにその歯医者のやり口に不信しか残らぬ。
そこでは抜歯をやっていないらしく、他の患者さんに総合病院の紹介状を書いて渡しているのも見てましたが、なんでなのやら、ほんと。もう二度と行かないからどうでも良いけど。

今回残り二本が被せが部分的だった為に虫歯になり、それを治療しております。
薬の流出は虫歯で穴があいた事も有るけど被せが浅い事もどうやら原因の一つだった様で、今回歯医者さんに相談したらそれも止められるとのこと。
現に仮詰めの今でも流出が止まっております。


今かかっている歯医者さんは地元で最も評判のいい歯医者さんですが、文句無しに名医だ。
何より私の体に理解を示してくれ、さまざまな面で配慮してくれているので仮詰めが入っていても嫌な味も匂いもせずとても楽です。


この歯は神経が有りませんので痛みも有りません。
親知らずをやっている間こっちが割れたり感染したりしたら大事なので(最悪歯の保存自体が危うくなってしまう)先にやっているのですが、その間に親知らずの虫歯の方が痛み出しやしないかと内心ハラハラ。
は歯の痛みに敏感な方なので鈍感な友人や親父がある意味羨ましい。
下の歯の抜歯は傷が治癒するまで2週間は痛いんだよね。
抜歯って骨折みたいなもんですしね。





umaretegomennasai at 20:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年04月22日

猫が死んでた

今日歯医者の帰りに海に行ったら可哀想に猫が死んでた。
白に濃いグレーのぶちが入った若い牡(去勢済み)、肉球はピンク、尻尾は中くらいでグレーと黒の縞模様。程よく肉も付いていて毛の艶もよく体も奇麗で、かなりの確率でどこかの飼い猫(泣)耳も桜耳じゃなかったし。

まだ硬くなり始めたばかりだったので今朝早くとかに亡くなったのかも。
どこにも外傷が無く、吐いたり苦しんだりした形跡はなかったので、初代チャーリーの様に心臓発作かなにかで突然亡くなってしまったんだろうか。

友人二人と一緒だったので三人で砂浜に埋めたけどそれが良かったのかどうか。
そのままにしておいて飼い主さんが発見する事にかけた方が良かったのか。
だけど捨てられたのかもしれないし、鳶や鴉につつかれ食べられてしまうかもしれないし。

もし本当にどこかの飼い猫で、飼い主さんが心配して探していたら気の毒だ。
先代チャーリーは家に帰ってきてそれで死んでくれたので良かった。
これが山の中で死なれていたら新しい子も迎えられなかったし、未だに帰ってくる事を願い続けてる。
目の前で死んだのはあいつの最後の孝行だったのか。


umaretegomennasai at 18:20|PermalinkComments(5)TrackBack(0)
記事検索
リンク

リンク

虚弱(だった人の)日記

化学物質過敏症を克服された方の日記

すみやすい住まいを設計屋が考える

良く来ていただける建築士さんの日記

アクセスカウンター

ギャラリー
  • 猫の凶暴化 治療開始より1ヶ月半
  • 猫の凶暴化
  • 君ももうすぐ一歳だねー。
  • 君ももうすぐ一歳だねー。
  • 君ももうすぐ一歳だねー。
  • 君ももうすぐ一歳だねー。
プロフィール
QRコード
QRコード