中京競馬場について

中京競馬場
chukyo


高松宮記念や東海ステークスの会場で有名だが、今年(2014年)からジャパンカップダートの名前がかわり、チャンピオンズカップとして中京競馬場で開催される事となる。

2010年(平成22年)3月(高松宮記念終了後)~2011年(平成23年)までコースの全面改造工事が行われ[2]、距離設定も大幅に変更された。
よってネットなどでは古いデータが残っており、翻弄される人も多いはず。
しっかりと新しいコースのデータを頭に入れてほしい。  

従来は駐車場として利用されていた3~4コーナー奥の敷地にコースを拡張。芝コースの全長が1600mから1705.9m(Aコース使用時)に、ホームストレッチの長さも313.8mから412.5mに延長されて、直線に向いてすぐの地点に勾配2%の急坂が新設された結果、リニューアルオープン(2012年3月)以降の中京競馬場は国内でも屈指と言えるほどタフなコースに生まれ変わった。
ちなみに、芝のホームストレッチの長さは京都の外回りコース(403.7m:Aコース使用時)を上回り、直線の坂の勾配は中山の2.24%(最大勾配)に次ぐもので、西日本地区の競馬場では最大の勾配となっている。「ほぼ平坦で小回り」だったかつてのイメージは一新された訳で、リニューアルオープンと言うより、「従来の敷地にまったく新しい競馬場が誕生した」と表現する方が当たっている。

直線が長くて、左回り、坂がある事から「ミニ東京」と呼ばれる。
よって先行有利と思われがちだが、差し馬が勝つ場合が多い
東京で後方から差せる程の馬であれば、中京競馬場でも問題無いだろう。
pic_course_shiba

pic_course_durt
 

中山競馬場について

中山競馬場
pic_course_3d


右回りで芝コースは1周1667m(内回り)・1840m(外回り)・直線は共通で314m。
内回りと外回りは距離によって使い分けられる。
ゴール前の急坂がポイントとなるが,直線が短いため基本的には先行馬が有利

皐月賞以降夏場まで開催がないため,夏競馬明けの9月はパンパン馬場になることが多く条件級でもかなり早い時計がでるが,時とともに荒れ始め,年末の最終開催の頃にはかなりのボコボコ馬場となってしまう。

ダートコースは1周1493m,直線が308mと非常に短い。
主要4場の中では最も直線が短く小回りなコースで、主要4場以外と比較した場合でも、内回りコースおよびダートコースのカーブの半径は札幌競馬場より小さく、ゴールまでの直線は中京競馬場、新潟競馬場より短い。
後方から差す馬は3コーナー付近から徐々に進出していかないとまず届かない

砂は東京に比べると重く時計がかかり気味でパワーのある先行馬が有利。
ただ中山のダートは含水率が高まると一気に脚抜きのよい馬場に変わるので一雨降ったらパワーよりスピード重視になるので要注意!
当日の走破タイムを確かめてのぞみたい。



中山競馬場
データ
右回りコース周(m)直線(m)高低差(m)幅員(m)
内回りAコース16673105.320~32
Bコース168617~29
Cコース170514~26
外回りAコース184024~32
Aコース185921~29
Bコース187718~26
ダート14933084.420~25

特徴
全体的には、高低差が激しい小回りコース。ゴール前には急激な坂がある。
外回りコースは、おむすび形をしていて一風変わったコースとなっている。
その為、騎手の腕によるところが大きい。
馬の能力は、キレとパワーどちらも必要となる。

高低差(右・外回り)
pic_course_turf
pic_course_turf2
pic_course_durt

京都競馬場について

京都競馬場
pic_course_3d


東京競馬場に次いでG1開催の多い競馬場が京都競馬場だ。
G1レースは
【天皇賞春・秋華賞・菊花賞・エリザベス女王杯・マイルCS 】
が開催される。

右回りで,芝コースは外回りコースを利用した場合1周1894m・直線404m,内回りコースを利用した場合1周1783m・直線328m,ダートコースは1周1608m・直線329m。
直線には坂がないものの,第3コーナーから第4コーナーにかけて高低差約4mの坂がある。
この起伏での脚の使いどころがポイントで,ここで脚を使ってしまうとラストの直前でバッタリと脚が止まってしまいます。
現在では中央競馬において直線に坂の無い唯一のGI開催コースとなった。長い脚を使えて脚が止まりにくい馬は、この第3コーナーから第4コーナーにかけての下り坂付近でスパートをかけることもある。

ダートの砂は比較的軽い部類に入り,同じ関西の阪神コースに比べてタイムがかなり早くなります。
馬場が渋ればこの傾向はかなり顕著になり,条件級の芝と同じくらいのタイムが出ることさえあります。
坂がある阪神実績を鵜呑みにしすぎないよう注意です。
砂が軽い東京・札幌・福島の実績に注目です。


京都競馬場
データ
右回りコース周(m)直線(m)高低差(m)幅員(m)
内回りAコース17833283.135
Bコース180232331
Cコース182128
Dコース184025
外回りAコース18944044.335
Bコース191439931
Cコース193228
Dコース195125
ダート16083293.025

特徴
中盤(第三コーナー)に高低差が約4mもの高低差がある坂がある。
坂を越えると下りの急坂になる為、加速がつき4コーナーで外に膨らむ場面が良く見られる。
そうなると大きなロスとなることから位置取りは重要。
長い脚を使える馬が有利といわれている。差し馬が有利。

高低差(右・外回り)
pic_course_shiba_in
pic_course_durt

  • ライブドアブログ