終日良馬場での競馬。それでも雨の影響が少し残っているのか、通常よりも時計が遅くなるレースがある。パワーやスタミナが要求されるタフな馬場状態。

内は可もなく不可もなくといった感じである。しかし基本的に外からの差しが決まる馬場。

ハーツクライやステイゴールドといったスタミナタイプのサンデーサイレンス系やロベルト系が合っている馬場


JRAが発表した20日(木)正午現在の中京競馬場の馬場の状況は以下のとおり。

天候 : 小雨 
馬場状態・良、ダート・良 
芝の状態 : 大きな傷みもなく概ね良好な状態。 
芝の草丈 : (芝コース)野芝約6~8cm、洋芝約12~16cm
使用コース : Aコース(内柵を最内に設置) 

中間の情報<3月14日(金)~20日(木)正午の情報>
日付    雨量  天候
14日(金) 0.0  晴
15日(土) 0.0  晴
16日(日) 0.0  晴
17日(月) 0.0  晴
18日(火) 1.5  曇時々雨
19日(水) 0.0  晴
20日(木) 0.0  小雨
合計雨量 1.5mm

各コースでの作業内容 
※芝の生育管理のために前日夜に散水を実施することが、また、ダートコースの乾燥が著しい場合は競走馬の安全のため散水を実施することがある。 
●芝コース 
17日(月)芝刈りを実施した。
●ダートコース
17日(月)~19日(水)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)した。
●障害コースは芝コースに置障害を設置して施行する。