中山競馬場・芝2500mを舞台に行われている日経賞は、1週前に行われた阪神大賞典とともに天皇賞(春)の重要な前哨戦として位置付けられている伝統のGII である。
昨年はこのレースを優勝したフェノーメノが、その勢いに乗って次走の天皇賞(春)も制覇。悲願のビッグタイトルを手中に収めている。
今年も4歳以上の芝・中長距離路線で頂点を目指す実力馬たちが多数エントリー。
春本番を迎えた中山ターフで飛躍を遂げるのはどの馬だろうか?

中山・芝2500mというコースについて

nak_t2500緩い下り傾斜の外回り3コーナーからスタート。最初の4コーナーまでの直線距離は192m。ペースは遅いのでそれほど先行争いで窮屈になることもない。6つコーナーを回るコースである以上、脚質に関係なくできるだけ内を回った方が有利。最初の4コーナーはだいたい1~2列で回るが、スタンド前の上り坂でペースが落ち、1~2コーナーで馬群が膨らむことが多い。ここをできるだけ距離ロスせずに回れるかどうかはかなり重要だ。
4コーナーのコーナリングで大きく振られるのを避けようと後続馬がマクリ気味に差をつめ、上級条件だと向正面中間の残り1000mからペースアップする。
3~4コーナーまでの位置取り争いが実質的な勝負どころで、ラップも一番速くなる。

ゴール前直線が短いため典型的な後方一気はほとんどない。中山コースらしく、先行ちょい差しがこのコースのデフォルト。騎手の腕が問われるコースとも言えるだろう。


ポイントとしては
・内が有利!
・残り1000mからはスタミナ勝負!
・逃げ・先行が逃げ切る可能性が大きい。

この3つが重要になってくるだろう。

そしてこの3つの条件を満たし、このレース再注目の馬が1頭いる。
その馬はこちらで掲載しています。
  ↓   ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ

そして中山競馬場の予想で有名どころと言えば…
2014年3月26日(日
中山11R スプリングS
1着②2番  ・ロサギガンティア
2着④4番  ・アジアエクスプレス
3着⑩10番 ・クラリティ
シチー

3連複 2-4-10  18.9倍
3連単 2-4-10  100.1倍

先週行われたスプリングSも見事的中させたSMART WINではないだろうか。
アジアアクスプレス圧勝ムードの中でロサギガンティアをしっかりと軸馬にしていたのだ。
そして今回はモーリスやベルキャニオンなどの伏兵が多かった中でクラリティシチーをしっかりと抑えてるのも凄いの一言。

当然登録は無料だ

ただ、デカイ配当当てたけりゃそれなりの情報を購入するにこしたことない。

ちなみにこの600倍超の情報はメール限定メニューで
1万円もしない位で手に入った。

これだけの分析力を披露しているから価格的にも妥当だろう。

下手に何部も競馬新聞買ったり、当たらないサイトに手をつけるくらいなら
ここだけ使ってれば中京競馬場は的中しまくるんじゃないかと思う。

bn_05_120x90-race
まずはクリックしてみるといい。
その凄さが解るだろう。