2005年03月04日

マチュピチュ

c28efc33.jpgクスコから電車に乗る事4時間。南米の目玉マチュピチュに行った。
やはり観光の目玉だけあって立派な観光地。
物価も観光地価格で現地の4倍。日本より高い・・・。
そんで観光客が多い多い。マチュピチュで佇んで感慨に耽っていると
普通に日本語が耳に入ってくる。日本人多いよここ。
特にシニアが多いんだけど、日本からのツアーの予算は10日で50万円!
20日で予算16万の俺はそれを聞いてビックリしましたさ。
そんな彼らは免税店で土産を買い込むわ売り子の言値で買うわ・・・
日本人は金持ちってイメージは彼らが作ってるんだなと思った。
俺は10円単位で値切るから(笑)正直なところお金は大した問題じゃ
なくて売り子とのコミュニケーションが楽しいからやってるんだけどね。

さてさて、肝心のマチュピチュは流石に世界中の旅行者を
魅了してるだけある。断崖絶壁の上の都市跡。
よくこんなところに都市を造ったなとしきりに感心させられた。
かつての都市の賑わいを想像しながら芝生でリャマと戯れたりした。
ツアーの後ろにくっついて聞いたところによると、
マチュピチュの研究には京大等の日本の大学が積極的に参加している
そうで、マチュピチュと地質の研究を率先しているとか。
旅に出るとちょこちょこ発見する日本の意外な頑張りの一つでした。

マチュピチュの隣にワイナピチュというもう一つの山と遺跡がある。
1時を回ってからのチャレンジこれがかなりきつい。
落ちたら400m下のアマゾン川までまっさかさまという危ない階段も。
それに加えて空気が薄いから息があがる。遅れていったから
急がなきゃ帰れなくなる。(実際毎年何人か行方不明になるそうで)
そんな大変な道だったけど、登頂後に見下ろしたマチュピチュは格別。
足元に虹がかかり写真では見えない光景に出会えました。

ume9 at 21:28│Comments(0)TrackBack(1)南米 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. マチュピチュ(ペルー)  [ ブログで情報収集!Blog-Headline/travel ]   2005年06月14日 20:52
「マチュピチュ(ペルー)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔