◆アーケード版アイマスがオフラインになった日から4年が経ちました。

 気が付けばもう、という感じではありますがw今も現役で稼働中の筐体は
 まだ一部のゲームセンターにはあります。
 当然、9年目ともなってくると、筐体もガタがきますし、データ記録用の
 カードの在庫がもうほとんど残っていないという状況でもあります。
 実際、カード不足が理由で、倉庫行きになったゲームセンターも最近増えている…。
 時の流れは無情、仕方ないとはいえ、悲しいものですね。

 アーケード筐体は5年もあれば超ロングセラーです。普通は数年も置かないし、
 オンライン化が進んで、だいたい1年更新(QMAとかね)やバージョンアップを継続
 しているゲームを除けば「存在するわけがない」世界です。メンテも大変ですし。
 なのに、現在も「M@STER PIECE」として残っている。
 これはもう「奇跡」といってもいいでしょう。

◆アイドルマスターというコンテンツは、アーケード開始当初から、そして今でも
 綱渡りです。「いつ崩壊してもおかしくない」と言うと心配しすぎじゃね?と
 いわれるかもしれません。「今すげえ売れてるじゃん」と。
 ゲーム業界でもあり、エンタテインメント業界両方に足を突っ込んでいる時点で、
 常時盤石という事はありえないと思うのです。
 9年続いて10年めが視野に入った現在、どのくらいの「奇跡」の上で成り立っているか?
 をちょっと振り返ってみたいと思います。
 過去記事とネタかぶりもありますが、まあ、気にしないでくださいw


 それでは、「続きを読む」にて。

続きを読む