image


◆さて。珍しくアイマスには直接関係のないお話。
 個人的に最近アイマス以外でハマっているのが、

 「1万〜2万円程度でものすごく良いイヤホン/ヘッドホンを見つける」

 というもの。

 このテは個人的な趣向もあるので、「プレイヤーに付いてきたので十分」
 「数千円でいいや」「いやいや自分に合う最高のものを」と果てが無い
 選択肢のあるジャンルです。
 この間発表された「ミンゴス、はらみーイヤホン」なんて23万超ですしねw

 最近「ハイレゾ音源」の流行もあってか、一般層でも「ちょっといい
 イヤホン/ヘッドホンが欲しい」なんて専門ショップを訪れる人は確実に
 増えていると思います。昔はそこまで気にならなかったのにね。

 で。自分も昨年あたりからすっかりハマってしまい。e-イヤホンさんや
 フジヤエービックさんなんかを週末に暇さえあれば寄り、毎月数本買って
 聞き比べたり気分によって変えたりなんてことをしております。

 まぁ、スマホがソニーXperiaZ3になったこともあり、手軽にハイレゾを
 楽しめる環境にもなったので。
 出来るだけ良い環境で、アイマス曲やらアニソンやら楽しみたいじゃないですか。

 でも、この世界は本当に本当に青天井です。お値段には果てが無い。
 眉唾ものの機能もあるし、人間の能力を超えた部分で戦っているところも
 ある世界です。いわゆる「ピュア」な世界ですね。
 「感覚」の世界はどこでもブラックホールです。

 なので、自分でレギュレーションを決めるのがとても大事。

 僕個人としては、「比較的低価格帯でも楽しく聴こえるものを探そう」と。
 でも、やはり「機械」ですから能力は「お値段相応」でもあるわけですよね。

 しかし色々と聴き比べてわかったのは、1万円程度あたりからその辺がガラっと
 変わって、メーカー個性がぐっと出てくる。だから面白味があるという訳。
 …気が付けば20くらいウチにヘッドホンイヤホンがごろごろしている状態にw
 「楽しく聴けるイヤホンを探す」って、けっこう大変です。
 その場のフィーリングにも左右されますしね。


◆現在の自分のリスニング環境は、XperiaZ3直つなぎのSONY純正ミュージック
 アプリか、Astell&KernのAK10(ポータブルアンプ)をUSB接続して、onkyoの
 ミュージックアプリ(制限解除版)で出力したもので聴いています。

 イヤホンのイヤーチップは、付属のをあまり使わずMONSTER製のスーパージェル
 チップを使う事が多いです。音が散らずにがっつり聞こえるようになりますよ。
 e-イヤホンさんとかで売ってます。
 好みの傾向はやや低音よりで爆音派。SONY製ヘッドホン/イヤホンが個人的には
 フィーリングに合う原点ですネ。SONYの中でもXBA系ですが。


◆と。前置きが長くなりました。
 
 自分が良いなと思った、いわゆる高コスパイヤホン/ヘッドホンをご紹介してみる。
 少しでもいい感じなものに変えたい方にご参考になればと。
 機会があればぜひ試聴していただきたく。
 (HPへ直接リンクが無い場合はレビュー記事などにリンクさせています)

Marshall(マーシャル)イヤフォン MODE EQ

 市場価格:約10,000円
 中古価格:約5,000円

 スピーカーやギターアンプで有名なMarshall社初のカナル型イヤホン。
 初とは思えない完成度で、高音から低音までソツなく鳴らし、解像度が非常に高く
 驚くほど細かい音が「快適に」聴こえます。
 このMODE EQは高音よりと低音よりのイコライザースイッチがついていますが、
 個人的には低音より設定がおススメ。マイナーモデルなので、あまり売ってる店が
 無いかも。専門店で探してみてください。
 今現在いちばん高コスパイヤホンだと思っております。

▲璽鵐魯ぅ供 IE60

 市場価格:約17,000円
 中古価格:約13,000円

 ゼンハイザーの高級イヤホンの中のエントリーモデル的な立ち位置のため、
 価格がコンセプトから外れるのですが(苦笑)
 アニソンやゲームミュージックを実に楽しく鳴らしてくれるので、ちょっとお金に
 余裕がある人はぜひ狙ってみてください。人気モデルなので中古もあまり値引きして
 無い傾向です。
 個人的にはコレが一番ベストのイヤホンですね。

RHA MA750

 市場価格:約13,000円
 中古価格:約9,000円

 本体がステンレス製で、ケーブルがすごく太くて重いのですが、この価格帯とは
 思えない幅広い音を奏でてくれる傑作。専門店でも評価が高く、10000円付近と
 いったらコレ!というものなんですが、最近新品が値上げしたためちょっと割高感が…。
 一時期どハマリしたイヤホンなんですが、現在はちょっと休憩中…


 同メーカーで、ごく最近に「S500」というミニマムなイヤホンが
 発売されました。6000円ぐらいですが、このMA750に匹敵する音が
 出ます、半額で(笑)そちらもおすすめ。

ZEROAUDIO DUOZA(デュオザ)

 市場価格:約10,000円
 中古価格:不明(あまり見たことが無い)

 一時期6800円まで値が落ちて投げ売りモードだったので確保したのですが、
 ハイレゾ対応マークがついた途端値段が戻りましたw
 やや高音寄りですが、これも幅広い音を楽しめます。ちなみに「ハイレゾ対応マーク」
 の商品は確かに細かい音まで聞き取れますが、それが心地よいかはまた別の話です。
 個人的にはちょびっとだけキンキンする感じ。

 ちなみにハイレゾをウリにしているイヤホンはだいたい「キンキン」鳴るので好みが
 あるかと。一度視聴をお勧めします。

DENON AH-D1100

 市場価格:約7,000円
 中古価格:安価なため出回りません
 なぜかいつもAmazonが最安値です。ただ、作りはややチープですが、この価格帯では
 最高最強のヘッドホンだと思います。
 初期ロットは耐久性に難があったそうですが、現在は改良版になって頑丈になっています。
 お店に出てもすぐ売り切れるので、見つけ次第ゲットですぞ。
 基本ウチで使うようにおススメです。

Ε僖ぅニア HDJ-C70

 市場価格:約21,000円
 中古価格:約13,000円
 パイオニアがあまり目立たず売り出していたDJ向けヘッドホン。自分は17000円で購入
 しましたが、最近値上げしてしまいました。(といってもコンセプトに逸れてますが)
 やや高価ですがなぜ買う気になったかというと、DJ向けとは言いつつかなり楽しく
 高音から低音までばっちり聴こえるという超万能選手。
 ポタアンなしでも問題なく、あればまたもっと幅が広がります。DJ中に音がちゃんと
 聞き分けられるように、というコンセプトで作られたそうですが、これ、すごいです。
 ケーブルがやや重いですが、お外でもガンガン使えるものだと思います。

Дリプシュ(Klipsh) Reference On-ear

 市場価格:約18,000円
 中古価格:約10,000円
 クリプシュはイヤホンのほうが有名ですが(某X10千早イヤホンとか)、ヘッドホンもかなり
 良い音出してくれます。本品は軽量、頑丈、良い音の三拍子な感じでポータブルとして
 使い勝手がいいです。中古価格も最近手頃になってきたので買い。爆音で聴く派の人には
 少々物足りない音圧ではありますけど、足りなきゃポタアンかまして。
 ノーマルでも全体的にクリアに聴けますよ。


◆とまあ、なんだよ高えのも買ってんじゃんと思われるかもしれませんが、
 いい音を求めると、やや高くても引きずられることはあるんですwちかたない。
 まぁ。少しぜいたく出来るなら2〜3万円台の新品を狙うのもいいでしょう。

 上記の商品については、専門店(eイヤホンさん、フジヤエービックさんなど)や、
 ヨドバシなどの専門コーナー、ソフマップやじゃんぱらなどの中古扱い店などで
 販売されています。秋葉原などに行ったときに寄ってみると面白いですよ。
 衝動的に購入するのもありっちゃありですが、しつこいようですが、試聴できるお店に
 可能な限り行って、自分のフィーリングに合うかどうかは必ず確認するほうが失敗しないと
 思います。本当はそうしょっちゅう買うモノでもないですしねw
 最近は、中古も状態がかなり良いのも結構転がっていますので、積極的に狙っていくのも
 いいと思います。自分もこの間掘り出し物に連続で当たりましたし。
 じゃんぱらさんは中古マメにチェックしてます(笑)

◆おまけ。

 よく「エージング」させたほうが良いの?的な話がありますが、基本的には「微差」なので
 よっぽどのマニアでない限り気にしなくていいと思います。
 正直な話、鼓膜が聴き慣れてくる→細かい所まで聴こえやすくなる、というのがエージングな
 気がしています。まあ確かに、どんな精密機器でも何回も使えばこなれてくるものなんで、
 エージング効果が眉唾とは言いませんが。

 あと、デレステなどリズムゲーアプリが最近大流行りですが、イヤホンでやるのは結構重要
 でして。モノによってはタップ遅延(タイミングが合わなくなる)事もあるようです。
 アプリ側で再調整する必要も、変えるたびに出てくると思います。
 特にBluetoothの無線タイプはほぼ確実にズレるので、有線でやるのが良いです。
 外部スピーカー出力でも有線でつないだほうがいいかと。

 …にしても、よくTGSイベントステージ上であまりずらさずにタップ出来たなぁ、はっしー…
 譜面と会場スピーカーはすっごくズレて聞こえるそうですよ( ・ㅂ・)