早稲田大学 梅永研究室

早稲田大学教育学部教育心理学専修 梅永雄二のブログです。

 12月2日(日)は、「奈良県と早稲田大学の協働連携に関する基本協定」における標記研修会の第4回目でした。
 今回は風邪が治りきらないので、長時間の新幹線はやめて飛行機を使って大阪経由で奈良へ行くことにしました。
 
 IMG_3362

 大阪空港からはバスで難波へ、難波からは近鉄特急で奈良の大和八木駅へ。

IMG_3365

 今回の会場は大和八木駅ら徒歩数分の「橿原市コンベンションルーム」

IMG_3363

 私の「福祉現場における就労支援の現状と課題」といった話の後、実践発表として奈良県発達障害者支援センターディアの中村匡志先生の「二次相談機関における事業所支援の実際~事業所尺度・家庭尺度を通して~」と放課後等デイサービスぷろぼのスコラ生駒校の藤田敦子先生による「中高生を対象とした放課後等デイサービスにおける就労に向けた支援について~家庭、他デイサービス、学校との連携ツールとしてのTTAPの活用~」がありました。
 お二人ともTTAPから導き出された結果をうまく解釈され支援された面白発表でした。
 とりわけ藤田先生の事例は自閉症ではなく「プラダ―・ウィリー症候群」といった珍しい症例でしたので、TTAPの汎用性を改めて学ばせていただきました。




 12月1日(土)は、東京都の標記事業における発達障害者相談支援研修「相談支援知識力向上研修」が新宿の「ベルサール西新宿」で開催されました。

IMG_3359
 住友不動産西新宿ビル「ベルサール西新宿」

IMG_3358

 午前中は名古屋経済大学黒田美保先生の「アセスメントツールの導入 ~PARS の概論と実施について~ 」と神奈川県県央福祉会森裕幸先生の「PARSを使った実践から」といった自閉症診断ツールPARSの話でした。
 私は、午後からで「大人の発達障害 ~就労に向けての評価と実際~ 」というテーマでTTAPとT-STEP、そしてESPIDDの話をさせていただきました。
 参加者が年々増加しており、従来の神楽坂研究社ビルではなく、会場はより多くの人が入れるベルサール西新宿になったそうです。

IMG_3360
 ベルサールから見える都庁ビル

 神楽坂も早稲田から近いところですが、新宿はバスで自宅近くまで帰れるので新潟で風邪を引いてしまった体調には助かりました。
 ESPIDDの本はLD学会で発売されたばかりなので、まだ講演会で説明するには不十分なところが多く、今後研修プログラムを検討してかなければなりません。

  本日から3日間(1123日~25)、新潟の朱鷺メッセで日本LD学会第27回大会が開催されています。

IMG_3327
 夜の新潟駅(22日夜)

IMG_3335
 朱鷺メッセ

残念ながら3日目の25()は指定校推薦入試があるため、24日中に東京に戻らなくてはならないので、参加できるのは今日と明日の2日間だけになります。

初日の今日は午前中に受賞者講演として国立特別支援教育総合研究所榎本容子先生の「発達障害の子どもたちに対する将来の就労を見据えた教育」を拝聴させていただきました。榎本先生はキャリア教育のための様々な教材教具を捜索されており、そのいくつかはネットでも手に入れることができるとのことなので、早速調べてみようと思います。

午後はポスター発表をざっと廻ったあと、自主シンポジウム「発達障害学生に対する学ぶ・働くを支える支援のあり方」に参加しました。

このシンポジウムでは、富山大学で支援を受けられ、建設系メーカーに就職された当事者のアスカさんの発表はとても興味をそそられました。アスカさんは富山大学の学生時代、オリエンテーリング部に所属し、塾の講師のアルバイトをされていましたが、いくつかの問題がありました。それは、「コミュニケーションがうまくとれない」「頭では理解できていても身体が動かない」「手先に不器用さがある」「移動の際に迷ってしまう」などでした。

そのような中、大学3年生のときに病院受診をされて発達障害の診断を受けたものの、就職活動がうまくいかず内定には至らなかったそうです。よって、卒業後富山大学のアクセシビリティ・コミュニケーション支援室の支援を受けて就職されました。

アスカさんは仕事も頑張っていますが、余暇が充実しているのに驚かされました。趣味は温泉とおでんで、会社ではテニスサークルに所属し、発達障害当事者会で食事やスポーツを楽しみ、ふるさと納税で好きな特産品をもらって家族に喜んでもらっているそうです。

午後にはもう一つの自主シンポジウム「家庭と教育・福祉・就労の連携によるキャリア教育」に参加しました。

話題提供者は国立障害者職業リハビリテーションセンター研究所の清野絵先生、次に特総研の榎本容子先生、最後にLD親の会の新堀和子さんでしたが、新堀さんの息子さんとは以前発達障害者の就労に関するシンポジウムでお会いしていたので、とても理解しやすく説得力のあるお話でした。


IMG_3337

昨年のLD学会宇都宮大会では大会委員長としての役割があったためバタバタしていましたが、今回は自主シンポジウム2つと連名ポスター発表4本だけなので、少しのんびりと参加させていただいています。


↑このページのトップヘ