2018年02月21日

狙われる原野商法被害者

福岡市HPに「狙われる原野商法被害者」との記事…。本当に騙されないようにしてください。


【事例1】「以前母が購入した雑種地の処分に困っていた。先日、業者から『売りませんか』という電話があった。売れるものなら売りたいが、『調査や整地、広告などの業務委託料として30万円が必要』と言われた」


【事例2】「数十年前に訪問販売で山林を購入した。先日別の業者が訪れ、『いったん他の土地を買ってくれたら、現在所有の土地と併せて買い戻す』と言われた。100万円で雑種地を購入したが、業者と連絡が取れなくなった」


がんばります!ではっ!



Posted by umechan_blog at 06:09│Comments(0)