どうも、皆様、人生hardモード満喫中のべタ男です。もう少し楽な人生を送らせてくれてもいいんじゃないか、しなくてもいい苦労ばかりしてるんじゃないかと日々自問自答している訳ですが、気になることが何点かございます。

まずはコレ!!
CaN5_9FUcAAv1mk_2016020300190477e

月刊コロコロアニキという雑誌に掲載されている『かっとばせ!キヨハラくん』という作品の行方です。
昔、月刊コロコロコミックにて同名で連載されていた漫画の続編なのですが、題名の通り主人公は覚せい剤取締法違反で逮捕されたあの人がモデルでございます。

この作品を子供の頃に見ていたって人は、大体僕と同年代ですね。果たして、来月に続くことができるんでしょうか。それとも、限りなく球団関係者をネタにしておいて「この作品は実在の人物とは関係ありません」として、素知らぬ顔で次号も掲載されるんでしょうか。ちょっと気になります。

さぁさぁ、次行きますよ。次はこれです。

SEとは「何もできない人」のこと

この記事、内容がめっちゃ正論です。というか共感できます。日本は「何でも屋」が尊ばれるような気がします。アニメなんかでも「汎用人型なんちゃら」とかやってますし、兵器に関しても昔から「汎用兵器の方が優秀。専用兵器は融通が利かない」とかそんな風潮もありますし。戦闘機に爆撃もさせたいし、雷撃もさせたい、でも敵戦闘機との空戦にも強くないと・・・・とか、ガンダムとかの話になりますが一機で拠点制圧できるような万能兵器とか、日本人の万能機信仰は凄いと思います。

「何でもできるけど、その道の専門家には劣る」という器用貧乏ならまだいいとは思いますが、その何でも屋の劣化コピー版みたいな状態だと何もできない人と変わらない気もします。

記事は「日本の働く仕組みが何もできない人を生み出している」としてますが、気風・気質みたいなものでなかなか修正は厳しいのではと思ったり・・・。という感じで気になる内容でした。


そして、本日最後の気になったこと。

いや、もう、お客様もここ数年のスタッフの入れ替わりを目にされていると思うので書かせて頂きますが、結構いい年齢で、何の技能も無しに転職してくると思うんです。採用される前は「がんばります」と言うのですが、しばらくすると突然無断で来なくなるとか「条件がきついので・・・」みたいな感じで言って来たり、いやいや、その条件を飲んで来たんじゃないの?と思うんですよ。

むしろ、そんなすぐに次の仕事見つかるの?とか。

そんな人たちが採用されて、且つ、満足して長続きする仕事ってどんな仕事なのかなと気になってしかたないです。あったら本気で紹介して欲しいくらいですよ、もう。

以上、「我慢しろ」って言うと、すぐに社畜扱いされるのってどうなの?と思うべタ男でした。