2006年01月

2006年01月30日

328 県人口45 年ぶり減少

昨年末に公表された2005年国勢調査速報によると、茨城県の総人口は1960年以来45年ぶりに減少へ転じたそうです。
速報値による本県の総人口は2,975,023人で全国11位。前回の2000年調査時に比べて10,653一人りました。
県南、鹿行両地域が増加し、県北、県央、県西各地域で減少。
単純に見れば、南北格差がさらに広がったといえます。
増加率はマイナス0.4%で、全国20位。
人が集まる魅力ある茨城県になるようにしていきたいと思います。


umeno_hideki at 18:16コメント(0)トラックバック(0) 

2006年01月28日

327 県全域に注意報

茨城県保健福祉部によると、インフルエンザが原因とみられる児童・生徒の集団欠席が県内各地で相次いでいるようです。
県内のインフルエンザの流行指数は、18.1になり、注意報の基準値である10を超えたため、県は県全域に注意報を発令しました。
いよいよインフルエンザのシーズンです。
皆さんも、手洗いやうがいを行い、充分用心してください。


umeno_hideki at 09:13コメント(2)トラックバック(0) 

2006年01月27日

326 子育て企業が支えます

日本の総人口が減少に転じ、少子化が一層進行するとみられるなか、茨城県信用組合は、少子化対策の一環として、3人目以降の子どもが生まれた職員に対し、養育費として出産祝い金100万円を支給すると発表しました。
県信組は「企業レベルでできる少子化対策を行っていきたい」としています。
このような経済的支援は、少子化対策として、画期的な制度だと思います。


umeno_hideki at 07:58コメント(0)トラックバック(0) 

2006年01月26日

325 年末一時金5.8 %増

茨城県労働政策課の発表によると、県内の大企業、中小企業を合わせた年末一時金の妥結額の平均は、5.8%増の569,150(2.07カ月)で、前年と比べ31,402円と二年連続で上昇したそうです。
私の勤める会社では、一時金の上昇は凍結されており、管理職に至っては、カットまでされている状況です。
今の景気回復の数値は、実際に景気が上向いたのではなく、リストラなどの企業努力で数値が上がったにものだと思います。
一体、どこが景気回復しているのか、私は疑問です。


umeno_hideki at 07:46コメント(0)トラックバック(0) 

2006年01月24日

324 セミクジラの全身骨格展

全長13メートルほどの巨大なセミクジラの骨格標本が、大洗町磯浜町のアクアワールド県大洗水族館にお目見えしました。
入り口ロビーの天井に展示された全身骨格標本は国内に四体しかない貴重な資料で、来館者の注目を集めているそうです。
同水族館は関係機関とともに約三年かけて全身の骨格標本を製作し、年明けから一般公開を始めました。
全身骨格と併せて、セミクジラの持つ右側のヒゲ板二百五十六枚も展示。
クジラのヒゲは柔軟性があるため、ゼンマイのバネや釣りざおの先など広く使われてきた歴史があり、実際にヒゲに触ることができるコーナーも設けられているそうです。


umeno_hideki at 15:18コメント(2)トラックバック(0) 

323 世界一巨大なラン

世界一巨大なランが、つくば市天久保の国立科学博物館つくば植物園の熱帯雨林温室で開花したそうです。
昨年12月半ばから咲き始め、1月10日までに長さ三メートルを超える5本の花茎に約400の花が開花。
花茎は現在も伸び続けており、さらにたくさんの花が咲くとみられるという。
三年前から同園の温室で栽培しはじめ、開花したのは今回が初めてだそうです。
入園料は一般300円、高校生以下無料。月曜など休園。詳しくは同園(電話
029-851-5159)まで。


umeno_hideki at 08:08コメント(0)トラックバック(0) 

2006年01月23日

322 銀世界

59db16f1.jpg今日は、路面凍結の恐れがあるため、バス通勤です。
土曜日に降った雪が残って凍結し、自宅のまわりは、一面の銀世界です。
凍結した個所が多いので、通勤・通学には十分注意してください!
ちなみに、私は、自宅からバス停までの間で、一度転びました(T_T)
写真は、我が家の周辺の様子です。
左側の雪の山は、昨日、近所の子供たちが造った『かまくら』です(^-^)

umeno_hideki at 07:46コメント(0)トラックバック(0) 

2006年01月19日

321 小正月の『どんど焼き』

1月14日は小正月。
私の住む龍ヶ崎市でも、『どんど焼き』が行われました。
太い青竹や枯れたスギやマツなどを持ち寄り、周囲にはワラや笹竹などを円すい形に積み上げた『どんどや』。
冬枯れの田んぼや空き地に作られたご神体に火がつけられ、夕闇に幻想的な炎が上がる夜景は圧巻です。
この火でもちを焼いて食べると風邪を引かないとされ、子供たちが長いしの竹の先に丸もち刺して焼き、これを食べる風習が伝わっているそうです。


umeno_hideki at 16:01コメント(0)トラックバック(0) 

2006年01月16日

320 冬バラが満開

旧八郷町(石岡市)下青柳の茨城県フラワーパークで、冬のバラまつりが23日まで開かれています。
白や赤、 ピンクなど約60種類の色彩豊かなバラが、春バラや秋バラに劣らず美しく咲き誇り、 訪れる人々の目を楽しませているそうです。
私も、時間を見つけて、見に行ってみたいと思います。


umeno_hideki at 08:15コメント(0)トラックバック(0) 

2006年01月12日

319 四季のカレンダー展

牛久市結束町の「牛久自然観察の森」ネイチャーセンターで16日まで、写真ボランティアによる「四季のカレンダー展」が開かれています。
鳥や虫、花などをアップでとらえた写真が、来園者の心を和ませているそうです。
出品しているのは、同園やその周辺の自然の写真を趣味で撮っている、県南在住のWさん。
展示写真は、数日ごとに入れ替えられるそうです。
同園は、入園無料。
問い合わせは電話 029-874-6600 まで。


umeno_hideki at 18:22コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました