2006年02月

2006年02月26日

339 志願倍率1.03 倍

茨城県教育委員会は、2006年度の県立高校入学志願状況をまとめました。
全日制は募集定員23,050人に対し志願者数は23,958人で1.04倍、定時制は640人に対し461人で0.72倍、全体では23,690人に対し24,419人で1.03倍となったそうです。
1986年度以降では最も低い倍率だそうです。
少子化の影響が強く反映された結果だと思います。
このままでは、県立高校の統廃合も必要になると思います。


umeno_hideki at 20:14コメント(1)トラックバック(0) 

2006年02月23日

338 大洗水族館

茨城県大洗水族館 では、第10回企画展として 「南極物語〜ジロが水族館にやってきた」 が開かれています。
日本が南極観測を始めてから50周年となることから、南極観測の資料や南極の自然を分かりやすく紹介しているうです。
南極で11月生き続けた樺太犬ジロのはく製、珍しい生体展示のナンキョクオキアミなども展示されています。
期間は、5月7日まで。
入場料は大人1800円、 小中学生900円、 三歳以上の幼児300円。
営業時間は午前九時から午後五時 (最終入館同四時) まで。


umeno_hideki at 17:51コメント(0)トラックバック(0) 

2006年02月21日

337 筑波山梅まつり開幕

第33回筑波山梅まつりが2月18日、筑波山中腹の梅林で開幕しました。
初日の同日は、筑波山神社の宮司がまつりの成功と安全を祈願して開幕。
梅林は標高約250メートル付近にあり、白梅や紅梅、緑がく梅など計約1000本が植えられているそうです。
開花は昨年より2週間ほど遅れ、紅梅が咲き始めたばかりで、白梅はまだつぼみの状態で、見ごろは3月10日前後になるそうです。
私も、時間を作って出かけてみたいと思います。


umeno_hideki at 17:39コメント(0)トラックバック(0) 

2006年02月17日

336 全国下回る県内組織率

災害時に地域住民が協力し合って消火、救助活動などを行う自主防災組織の組織率(世帯数に占める組織加入数)が茨城県内でなかなか高まらないそうです。
県内組織率は全国平均を9.4ポイント下回る55.1%(2005年4月1日現在)。
阪神大震災以降、一時的に高い伸びを示したそうですが、近年は全国平均との差が再び広がる傾向にあるようです。
災害発生時は、地域住民で助け合うことが必要だと、私は考えます。


umeno_hideki at 08:02コメント(0)トラックバック(0) 

2006年02月15日

335 法人事業税急速伸び

茨城県の本年度の法人事業税収入が本年度予算の年間計上額を突破したことが分かりました。
県内企業の収益力の急速な回復ぶりを裏付けた結果となっています。
県税の全体収入も景気の好転基調を反映して堅調に推移しているようです。
私が感じる限りでは、全く景気が回復しておらず、低空飛行のままのような気がします。
皆さんは、どう感じられますか?


umeno_hideki at 18:30コメント(0)トラックバック(0) 

2006年02月13日

334 新規就農者193 人

茨城県農林水産部は、各地域農業改良普及センターを通じて調査した今年度の新規就農者数をまとめました。
県内で新たに農業に従事した16歳から40歳未満の新規就農者は193人と前年度よりも17人増加、一時は100人を大きく下回っていました、平成に入ってからでは過去最高となったそうです。
日本人の台所を担う農業が、発展していけばいいと思います。


umeno_hideki at 06:42コメント(1)トラックバック(0) 

2006年02月11日

333 観光キャンペーン

茨城県が2月のJRグループ月別重点宣伝地域に指定されたのを受け、漫遊いばらき観光キャンペーン推進協議会は五枚連続のポスターを製作しました。
来月1カ月間、全国のJR主要駅1460駅に掲示されるそうです。
重点宣伝地域に指定されたのは2004年2月以来2年ぶりだそうです。
約7300枚の製作費は約325万円。
茨城県の観光スポットをPRして、観光に訪れる方が増えればいいと思います。


umeno_hideki at 08:27コメント(0)トラックバック(0) 

2006年02月08日

332 就職内定率79 %に

厚生労働省茨城労働局は、3月に卒業予定の中学・高校生の職業紹介状況をまとめました。
それによると、高校の就職内定率は79.1%と前年同期(69.6%)に比べ9.5上昇したそうです。
不景気の中、企業では退職者より少ない人数を採用して、企業内努力を続けています。
就職率アップで、景気が良くなったように見えますが、それ以上の退職者がいることを知っておかなければなりません。
大手を振って喜べる状態にないということです。


umeno_hideki at 18:41コメント(0)トラックバック(0) 

2006年02月06日

331 『晴れ一部曇り』

財務省関東財務局水戸財務事務所は、1月の県内経済情勢の総括判断(7ランクの天気で表示)を、2004年1月から8期続いた 『曇り一部晴れ』から上方修正し、 『晴れ』に次いで上から二番目の 『晴れ一部曇り』としました。
これは天気マークで表示し始めた2003年4月以降初めてだそうです。
総括判断の上方修正は、個人消費の持ち直しの動きや住宅建設の増加、企業収益の増益見込み、設備投資の増加込みなどからだそうです。
また、法人企業景気予測調査の結果で、企業の景況感が、『上昇』超が『下降』超を上回ったことが挙げられるそうです。
私の周辺では、景気のいい話は全く聞こえてきません。
企業努力で、数値的には景気が上昇しているように見えますが、実態経済は良くなっていないように感じます。
いつになったら、景気がよくなったと感じられるのでしょうか・・・?


umeno_hideki at 18:17コメント(0)トラックバック(0) 

2006年02月03日

330 都市計画道路見直し

茨城県と各市町村は来年度から、決定されている都市計画道路を見直すそうです。
見直しの基本方針や手順などを示す「都市計画道路再検討の指針」を本年度内に策定するそうです。
これに基づき来年度から、県内の都市計画道路網を再検討し、必要に応じて中止や縮小など計画見直しの手続きに入ります。
これを機会に、無駄な工事を無くすようにしてもらいたいです。


umeno_hideki at 19:57コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました