2007年02月

2007年02月28日

438 子どもの被害38 %

昨年一年間に茨城県警に寄せられた不審者情報は810件で、このうち小学生以下の子どもの被害が38%の309件に上ることが、県警女性と家庭の相談室のまとめで分かりました。
県警が2005年12月に開設した小学生以下対象の不審者情報サイト(昨年7月から携帯電話でも配信)へのアクセス総数は約163,500件で、一日平均600件を超えるそうです。
同相談室は「子どもを甘い言葉で誘う声掛け事案が多い」と注意を呼び掛ける一方、「一昨年の小一女児殺害事件を契機に不審者に対して県民が敏感になっている」とみています。
地域の子供は地域で守り、育てる。これが私の考えです。
地域の大人たちが、もっとコミュニケーションを取り、子供たちを守り、育てていかなければならないと私は思います。


umeno_hideki at 21:01コメント(0)トラックバック(0) 

2007年02月26日

437 連続車上狙い相次ぐ

古河市で、アパート駐車場などに止めた乗用車計56台の窓ガラスが割られ、車内の現金やカーナビなどが盗まれる事件が相次いだそうです。
被害総額は約80万円に上るそうです。
古河署は同一犯による連続窃盗事件とみて捜査を始めました。
茨城県内では今年、水戸や鹿嶋、結城、日立の四市でも一晩に16−27台の車両が狙われる窃盗事件が続発。
いずれも窓ガラスやドアノブを壊す手荒な犯行で、県警は「一カ月間に県全域でこれほど連続車上狙いが続発するのは異例」と警戒を強める一方、ドライバーや駐車場管理者に注意を呼び掛けています。
龍ケ崎市でも、車上荒らしが発生しています。
皆さんも十分注意しいてください。


umeno_hideki at 08:07コメント(0)トラックバック(0) 

2007年02月21日

436 茨城県職員給与

茨城県職員の給与カットをめぐる県当局と組合の労使交渉は、非管理職については今年4月から当面2年間、月給を一律3.5%カットすることで大筋妥結しました。
課長級以上の管理職は県の当初案通り5%カット、学校の教頭・事務長らも4%カットになるそうです。
こうした措置により、県の人件費は年間約105億円圧縮され、財政破たんの危機はやや緩和される見通しですが、県職員(非管理職)の年収は平均約23万円の減収になります。
私たちサラリーマンは、給与カット、ボーナスカットは当然のように行なわれています。
県職員の給与カットは、当然な措置だと思います。


umeno_hideki at 07:42コメント(0)トラックバック(0) 

2007年02月19日

435 深夜の事故死者が急増

交通事故による死者数が昨年12月に入り急増していることが茨城県警交通企画課のまとめで分かりました。
同課は、特に中旬以降の深夜時間帯に事故が集中することから、気象条件に合わせた運転や飲酒運転防止などを呼び掛けています。
同課が過去3年間の交通事故発生状況を分析したところ、月別でみた12月の交通事故による平均死者数は34人で年間で最も多いそうです。
3年間の累計も102人で最も多く、1月の82人を引き離しています。
また、●飲酒運転の禁止●前照灯のこまめな切り替え●シートベルト着用―なども呼び掛けています。
私も毎日自動車を運転しますが、事故のないように注意したいと思います。


umeno_hideki at 21:05コメント(0)トラックバック(0) 

2007年02月14日

434 春は「いばらきでグー♪

茨城県は観光キャンペーンコマーシャル「いばらきでグー♪」を作成し、8日から県ホームページのインターネット放送局で放映を始めました。
今後、県内外の街頭でも放映し、梅まつりなど早春の本県観光を広くPRするそうです。
CMは「さらりとした梅酒」や「PIPスリムウォーク」など、テレビCMソングの作曲で知られる、かきつばたきよしさんが作曲した『いばらきでグー♪』のテーマソングにのせて、「県内の観光地や物産をコミカルに紹介する」。
テーマソング付きのCM作成は今回が初めてだそうです。
CMは15秒間で、全県、県北、県央、鹿行、県南、県西の六種類があるそうです。
東京・上野、御徒町、新橋の大型街頭ビジョンでも2月21日から27日まで放映するそうです。
茨城県の観光客が増えればいいと思います。


umeno_hideki at 20:27コメント(0)トラックバック(0) 

2007年02月12日

433 梅まつりにどうぞ!

2月17日に開幕する第34回「筑波山梅まつり」を前に、初代つくば観光大使が、「つくばの梅をみんなに浸透させたい」などとPRしました。
つくば市では、つくばエクスプレス(TX)開通に伴う集客増を見込み、観光キャンペーンの一環としてつくば観光大使を新設。
五人が選ばれました。
期間中の土日祝日は会場で観光客を出迎えるそうです。
同市観光協会によると、今年の開花は例年よりやや早めのようです。
筑波山梅林を中心とした会場では白梅や紅梅のほのかな香りと景色が楽しめるほか、野だて茶会やガマの油売り口上などイベントが盛りだくさん。
「観梅とともに温泉や筑波山に立ち寄り、つくばを知ってほしい」と、多くの来場を呼び掛けているそうです。
3月21日まで。


umeno_hideki at 11:03コメント(0)トラックバック(0) 

2007年02月09日

432 市民活動で災害補償

牛久市は市内の市民活動団体に対し、来年度から災害補償制度を適用するそうです。
ボランティア活動の参加者がけがをしたり、他人にけがをさせた場合、市が一括加入した保険から補償金が支払われる制度です。
千葉県では柏市や我孫子市などで適用しているが、県内では初めてだそうです。
私は、龍ケ崎市においいても、災害補償制度を導入するべきだと思います。


umeno_hideki at 08:08コメント(0)トラックバック(0) 

2007年02月07日

431 いじめ問題対策検討委員会

全国でいじめによる自殺が相次いだのを受け、茨城県教委は、庁内に「いじめ問題対策検討委員会」を設置しました。
県教委はいじめ対策について記したチラシ38万枚を作成し、県内の全小中高生に配ったそうです。
チラシを通して「いじめをなくすのはきみたち自身です!」と児童生徒に訴え、「一人で苦しみ一人だけで悩まないで」と相談電話の利用を呼び掛けています。
さらに対応策も載せています。
「いじめられている友達を見たり聞いたりしたら」では、「何もしないのはいじめているのと同じ」「話のできる先生や友達に相談しよう」などとしています。
私の小さい時代に、いじめはありました。
しかし、最近のいじまは、陰質化しており、発見が遅れがちです。
いじめがなくなるといいと私は思います。


umeno_hideki at 22:26コメント(0)トラックバック(0) 

2007年02月05日

430 都内フリーきっぷ“復活

JR東日本が昨年3月のダイヤ改正で廃止した常磐線往復と都区内フリー区間が乗り降り自由となる「東京自由乗車券」について、牛久市など沿線自治体が代替切符の導入を求めていた問題で、同社が今年1月に「都区内・りんかいフリーきっぷ」を発売を開始したそうです。
同乗車券はJR東日本管内で一斉に廃止されたが、代替となる「都区内・りんかいフリーきっぷ」が発売されなかったのは常磐線だけでした。
同社も利用者の強い要望を無視できず、“復活”した格好です。
「都区内・りんかいフリーきっぷ」の復活は、東京に近い県南にとっては、喜ばしいことだと私は思います。


umeno_hideki at 06:47コメント(0)トラックバック(0) 

2007年02月02日

429 「日本の歴史公園100 」

茨城県公園街路課は、水戸市の偕楽園が「日本の歴史公園100選」に選定されたと発表しました。
県内から選ばれたのは偕楽園のみだったそうです。
都市公園法施行50周年の記念事業の一つとして、国土交通省が提唱。
日本公園緑地協会や日本造園学会などが実行委員会を組織、全国の優れた歴史公園を公募したそうです。
地方公共団体や個人から推薦のあった195公園の中から、選定委員会が112公園を選定しました。
選定されたのは、偕楽園をはじめ、金沢市の兼六園、岡山市の後楽園、東京都の小石川後楽園、六義園、佐賀県の吉野ケ里歴史公園など。


umeno_hideki at 22:56コメント(0)トラックバック(0) 
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました