ほぼ農的ブログ

趣味と若干の実益を兼ねた豆、芋、米づくりの農業風景を上えちごの限界集落から発信する予定でしたが・・

ヘルペスミニドキュメント

弥生の空は気まぐれで、雪がちらついたり、陽だまりを作ったりですが、当分の間は、体調が完全復活するまで、外に出られません。春の風に触れる楽しみは、もう少し後に残しておきます。
幸いに病院食を離れたとたんに食欲はほぼ戻ってきました。
それにしても、帯状疱疹(ヘルペス)にはしてやられました。頭のてっぺんのぶつぶつから始まったヘルペスは、後頭部➡左ほっぺ➡あご➡左耳たぶ➡首筋➡左肩➡胸と移動して、脇腹へ下り始めたところでやっと勢いが衰え始め、ぶつぶつの発疹は、やがて水泡となり、破れて出血、そしてカサブタとなって終焉。場所を移動するたびに順次症状を変えながら、私を攻めたてました。しかし本日現在ほぼ半分がカサブタになり、残りが水泡と出血状態と言った状況で、水泡部と出血部で痛みが残っていますが、日ごと痛みは弱まっており、ずいぶんと楽になってきました。ヤツらの猛威も、今や風前の灯です。「栄者必衰の理を表す」です。完全撃退まであと二日と読んでいます
ざまあみやがれ。
 

見切り退院

帯状疱疹はまだ治っていないのですが、点滴の限度回数(21回)に達したので、急きょ本日退院することになりました。ここ数日、帯状疱疹による痛みは、最大値に比べると6割程度に軽減していて「ヨシヨシ」と思っていたのですが、原因不明の食欲不振、発熱、吐き気、倦怠感に悩まされていました。ブログの更新が気になっていたのですが、コメントのような短文であれば、一気に書くことができたものの、本文は、倦怠感、発熱、吐き気から、書き始めても最後まで書ききることができず、書差しの記事を3本貯めたまま本日を迎えました。
抗がん剤のような激しい副作用はなかったものの、一日三回の点滴は体調に大きく影響したようです。数日間、音沙汰もないままブログを放置していたことをお詫びいたします。 帯状疱疹そのものは半分はカサブタ状になり、水泡や発疹もまだ残っていて、まだ痛みもあるのですが、大量の痛み止めをもらって、本日見切り退院することにします。

更新のみ

昨日はコメントの返事が書けるほどにいい塩梅だったのに、きょうは朝から具合が悪い。なぜか食欲もない。とりあえず更新だけしておきます。一直線に事は進まない。では。

入院

帯状疱疹は重症だったので、昨日から入院しています。一日三回の点滴を1週間続けるようです。塗り薬で治すのではなく、体の中からウイルスを叩くのだそうです。悲しいことに今日現在は、痛みはむしろ増していて、それでいながら痛み止めもの効き目も弱く、効力の持続時間が短く、せいぜい4時間がいいところ。さらには、一日三回の使用制限があり、入院してもなお痛い痛いの生活が続いています。疼痛と言う言葉通りの痛みがこれからどれくらい続くのか分かりませんが、しばらくは、ひたすら我慢我慢の日々になりそうです。コメントは大歓迎で、必ず読みますが、しばらくは返事が書けないと思います。ご容赦ください。相変わらず相方に頼る生活が続いています。面目ない。では。

帯状疱疹

水ぶくれは結局帯状疱疹であることが判明しました。白血球、赤血球ともに適正量であることを確認したうえでの退院だったので「免疫力低下による感染」にはがっかりです。予後を考えると、免疫力は非常に重要なキーワードになります。早く体力を回復して、免疫力の増強に努めなければなりません。相方は早くから水ぶくれを帯状疱疹であると主張していたのですが、私は「そんなはずはない、抗がん剤の副作用だ」と言い張っていました。私の負けです。
そんな相方もきょうが45年勤めたJAの最後の出勤日です。地道に地道に勤め上げた45年間です。心から敬意を表したいと思います。と言いながらも、しばらくは私の方が相方のおんぶとだっこに頼らなければなりません。アンタはエラい。そのうち恩返しをすることにして、とりあえず帰宅したら、「長い間ご苦労様」の言葉がけをするとしましょう。明日から相方と一日中いっしょのの生活が始まります。
ああそれにしても「いい加減にしろよ」と言いたくなる痛さです。帯状疱疹は。

 
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ