CompulsoryHero

ブログパーツ・アバター・ゲームに使える似顔絵作成ソフト「かおグラMAKER」を配布しております。

結論、限定的になら出来る。

解決作は、ファイルスクリーン機能。
これでホワイトリストを作ってやれば、たとえAdminであっても新規作成や削除ができない。
ホワイトリストに一時ファイルを入れるのは必須。

が、この人だけはファイルの作成を許可するってのはできない。

今回は一部の人だけフルコントロールしたいという依頼だったので、この方法もパァでした。

因みにOfficeファイルがなければ、
フォルダのアクセス権から「ファイルフォルダの作成」をはずして、
ファイルのみに上記アクセス権を設定すればok。

Officeファイルは更新後のファイルと置き換える、って仕組みみたいなので、保存のたびにファイル所有物がコロコロ変わるのでCREATOR OWNERのみに作成・削除権限を与える作戦もダメだった。

というわけで、あとは運用でカバーしてください、先輩方。

「今あるファイル・フォルダの編集はできるけど、新規作成と削除は禁止にできない?」
という無茶振りが発生。

単純に考えればファイルのアクセス権から「削除」を、フォルダのアクセス権から「ファイルフォルダの作成」をそれぞれなくせばいいんだけど、問題はOfficeファイル。
同一フォルダにtmpファイルを作成/消去するせいで、上記アクセス権を設定してしまうと変更ができなくなる。

考えた結果、フルアクセス可能なフォルダ($付き)にOfficeファイル本体を、制限があるフォルダにはファイルへのショートカットを作成。
これで勝つる!



「アクセス制限のあるフォルダとDBをリンクして管理したいんだよねー。やっぱり本体のファイル置けない?」

('A`)

覚え書き。

DFSをスタンドアロンで構築しようとしています。
「共有パスを変えずにデータ移動して!」という無茶ぶりを解決するために
ジャンクションに次ぐジャンクションをしていましたがついに限界。
NAS導入!となりましたが、NASにジャンクション張っても共有パスでアクセスできないじゃあないですか。

ということで、DFSの存在を知り、早速テスト。
とはいえ会社ドメインのAdmin権限などないですし、ドメインにしてしまうと「\\マシン名.**.jp\…」の名前になってしまうので「共有パスを変えずに(略)」に反するのでどのみちNG。
スタンドアロンなら今まで通り「\\マシン名\…」になるので採用。

が、「\\マシン名\hoge\」配下にしかリンクを張れないらしい。
「\\マシン名\fuya\…」となってるフォルダはどうすんだよこれ。とりあえず無視。

Server2008の役割追加でDFS導入。
導入時のウィザードでスタンドアロンで「\\マシン名\hoge\」を設定。
なんやかんやでリンクをつなげて…おお、できそうだ!

さてお試しも終わったのでとりあえずDFSを役割から消すか…と思ったら、できない;
名前空間が残っているからか?と削除しようとすると、で、できない;
エラーの内容を見ると、どうやらドメインに認証できないとか。これスタンドアロンなんですけど…
いろいろするうちに、自分のアカウント(会社ドメインのID)でサーバマシンにログインして消してみたら、
消えた!助かった。
ローカルAdminがドメインに認証されないせいだったみたい。スタンドアロンってそういうことじゃないのかよ。

反対に、この状態でスタンドアロンの名前空間を再作成しようとしてもダメでした。
よくわからん…

謎が多いぜDFS。でもこれで問題解決しそうだ。

諸事情でiPhone5を壊してしまったので、どうせならということでWindows Phoneに乗り換えてみました。
このネーミング、何とかならなかったのか。

とりあえず…
文字入力で左下が触れてしまうために早速めげそう(´・ω・`)
これは片手入力はあきらめろということか。

簡単に巡回サイトをブラウジングしてみましたが、PC版サイトが表示されることもしばしばです
このblog更新画面もPC版がデフォルトで表示されてしまった。

とにもかくにも情報が少ないので試行錯誤するしかありません。
がんばります

いよいよデカール貼りです。今回はいかにデカールを作るか、がポイントです。

まずは完成系を公開。
image


このリニモは



にデカールが必要なので、それぞれ
.ぅ鵐ジェットのタトゥ作成キット
普通のインクジェット用シール用紙
テプラ白文字
を使いました。

特に白文字デカールはモデラーの皆様の悩みのタネですが、白文字テプラはなかなか使えると思います。

使用機種は「テプラ」PRO SR3900P。画像も印刷できるスグレモノです。

image

少し段差は目立ちますが、良い感じです。

他の部分はこんな感じ。
image

数字は白文字テプラ、マークは△離掘璽襦

image

,諒法。何が良いかって段差が目立たない!
下地が透けるので、透明プラ板のクリア塗装の代わりとしても使えそうです。

というわけで、作成はここまで。
あとはトップコートの塗布!

色塗りは特に苦手な工程…
一応エアブラシ持っているのですが、塗料の薄め具合が難しかったり手入れが面倒だったりとあまり使いたくないのが本音。おまけに塗料がすぐ手に入らない…

というわけで、今回は車用のエアータッチを使用しました。

タッチペンは近所のホームセンターで手に入りやすいですし、リニモくらいの配色(白黒灰色)であれば揃ってます。

で、塗ってみたのがこちら。
image

おお、なかなか良い感じ。
マスキングテープからも剥がれやすいし、塗料の伸びも良い!

image

全部塗るとこんな感じ。

というわけで、少し値は張りますが塗りに自信がないのであればエアータッチおすすめです。

…でも次はエアブラシで頑張ろう。財布が;

前回の選ばれし一個を得るために犠牲になった残り、xx個。
頑張って全部作ったほうが早かったかもしれない。

さて、ここまでできたものを組み立ててサフ吹いたものがこちら。
image


サフ吹き&ヤスリがけは3回くらいやったでしょうか。
ここまでくるとテンションあがります。
いよいよ塗装!

今回は部品の複製に挑戦。

image

必殺、おゆまるコピー。いかに細かい部分までおゆまるを押し付けることができるかが勝負です。そこそこいい感じ。

image

パテを充填したら、プラ板に押し付け。気泡を作らず充填するのはかなり難しい。爪楊枝でつつきながらの作業。

image

複数個作ってみて、選ばれし一個を選定しました。あとは硬化後に細かいディテールを修正します。

エアコン?ベンチレータ?とにかくよくわからないけど天井部についているアレの制作。
image
プラ板切り出し&積層化してから穴を開けます。

image

丸い部品(これがベンチレータというのかしら?)はどうするかというと、プラ板にねじをいれてハンドドリルに固定、旋盤状態にしてカッターで削ります。

imageimageimage

頑張って削りだした結果。
image

で、ここまで作るのが非常にめんどくさいので、残りは複製することにします。

いよいよ製作開始。まずはプラ板の切り出しから。
image


側面はプラペーパーをさらに貼ることで窓を表現することにしました。
image


そして組み立て。
image


側面を机のヘリでしごいて局面にしてから組み立てたのですが、先に貼ったプラペーパーが破けてしまいました。曲げてから貼るべきだった…
image

組み立て完了。乾燥したら前回の記事の通り、削って曲面仕上げにしました。
あ、写真忘れた。

次回は天井部にあるエアコン(正式名称がわからない)の製作です。

このページのトップヘ