CompulsoryHero

ブログパーツ・アバター・ゲームに使える似顔絵作成ソフト「かおグラMAKER」を配布しております。

2012年09月

http://ux.getuploader.com/umeumewoman/

コメントで要望のありましたうpろだです。試しにレンタルしてみました。
今後、パーツ画像はこちらにアップしていきます。

blogのトップからリンクできれば良いですが・・・どうやるんだ。

aaa
ようやく追加機能を作成するところまで持ってきました。
画像は開発中画面。

ついに任意の大きさで保存できるようになりました!
ただ、元画像192×192pxより大きい画像で保存可能にするか否かは考え中。
せいぜい200×200pxでしょうか・・・劣化が目立ちますので。

あと、背景画像を透過して保存するモードをつけようと思います。
あれば何かと便利かと。

もう少しで新Ver公開できそうです。今しばらくお待ちください〜。

やっとこさできました〜。
前回の問題はプログラムのバグでも何でも無く、サンプルコードがおかしかっただけでした。ぐふ。

いよいよ、追加機能を組むときが来た!

画像を重ねて描画する処理で、どうにも分からない現象が発生。
120911


なんだろう、このジャギ…;

発生するのは明るさ・コントラストで色変換したときのみ。
アルファ値は保持するようにしているはずなのに、なぜか白飛びします。
重ねロジックも昔のを移植するか…
というわけで、まだ時間かかりそうです。がくり。


前回のSet/GetPixelの話、どうやら「とりあえず用意してあるけど画像処理プログラミングの世界では使うなんてとんでもない」という代物らしいです。理由は重いから。
ピクセルにアクセスする際、メモリを安全にアンロック/ロックするしているのが原因らしい。なるほど。
なので、Marshalクラス(要するにmemset)を使って叩きにいくのがセオリーとのこと。
メモリ操作に慣れた身としては、ありがたいのかめんどいのか分からん機能です。

いちハードウェアプログラマの独り言でした。

(追記)
妙なジャギの件。
デバッガで追ったところ、どうもα値自体は色変更アルゴリズムでおかしくなっている気配はない。
とすると、画像の重ね合わせでα値の処理がおかしくなっているのでは?と仮定。
調べてみたら、アルファブレンディングなる物があるのね…

少し試してみても、今のところ変わらず。ぬう。

色変換処理を移植中です。
なんで昔GetPixel/SetPixelを使わなかったか、理由が分かった…

重い。重すぎる。

といわけで、再度組み直し。
問題は、ポインタがC#は(簡単には)使えないこと。

ポインタに変わる処理がありそうなので、実験してみます。

C#化はぼちぼち進んでおります。移動と回転までは実装できたので、次は色変換。目の透過処理どうやってやったっけ・・・
もうちょっとだけお待ちください。

あんまりにもアレなので、小ネタを1つ。

背景画像、変えられることをご存じでしょうか?
とはいえ、ソフト上では無理ですが。

かおメーフォルダ内の「wall.png」を差し替えれば、自分の好きな色・画像で作成できます。
フルカラーpng、128×128であれば何でもOK。

お試しあれ〜。


…新Verではどうしようかなあ。壁紙読み込み機能でもつけようか?

このページのトップヘ