CompulsoryHero

ブログパーツ・アバター・ゲームに使える似顔絵作成ソフト「かおグラMAKER」を配布しております。

2013年07月

jubeatコントローラから浮気してます。

最近ポップンを始めました。今更ですが。
指との連動イベントに乗ってみようかと思いまして…

でも、お金もなければゲーセン行く時間も無い。
それなら家でプレイ環境を整えてしまおう!となったわけです。

最初に作ったのはこちら。
SN3U00190001
以前ご紹介しました、1000円ポプコンです(リンク

ボタンの感触は全く違います。が、ボタン配置を覚えるのには十分でした。
これで一気に現行Lv23まで出来るように。

出来るようになってくると、いよいよ本物感覚がほしくなります。
というわけで、奮発して買ってしまいました、謎ポプコン
130725_1946~01
PLEMIUMなので純正ボタンではないですが、固さはそこまで気にはなりません。

で。
どうせやるなら筐体サイズにしてしまおう!
130729_2150~01
メタルラックで簡単に実現できました。

実機テストプレイはお任せ。
130728_1712~01
少なくともハイパージャパネスクEXをプレイするには全く問題なさそうです。

コントローラをすげ替えればIIDX筐体に!
130729_2149~01
(なぜ我が家にはIIDXのアケコンまであるんだろう…)


というわけで、着々と自宅音ゲーセン計画は進行中です。

唐突ですが、新作ソフトを公開します。

透けっ人消しゴム Ver1.0
(DLパス:remove10)

背景を透明化するソフトです。
売りは「自動背景消去機能」
前景色と背景色を指定しておけば、アルファ値まで考慮して透明化します。

・線画を抽出したい
・写真の影を残したまま背景を透明化したい

…などなどに使用可能です。
是非、ご利用くださいませ。

\画を抽出したい
Clipboard03
スキャナで線画を取り込んだ。背景を透過したい…
→前景色を黒、背景色を白に設定し、「オートモード」で「ローラーツール」を使うと…
Clipboard01
線画のみを残し、透過します。
もちろん、線が黒以外でもOK。その際は、前景色を適切に指定してください。

影を残してイラストを透過したい
Clipboard02
この部品を使いたいけど、背景が青色。なんとかしたい…
→画像から「スポイトツール」を使って前景色、背景色を指定。
「オートモード」で「バケツツール(許容量:50)」を使うと…
Clipboard03
すけすけ!
Clipboard04
残りの影の部分は、少しずつ「バケツツール」で塗っていき、完成!
Clipboard05

本ソフトは、画像ファイルの指定した部分を透明化し、pngファイルとして保存するソフトです。
setsumei1
 岾く」ボタン(Ctrl+O)
画像ファイルを開きます。たいていの形式に対応していると思います。

◆嵎歛検廛椒織鵝Ctrl+S)
現在の画像をpngファイルで保存します。

「元に戻す」「やり直し」ボタン(Ctrl+Z/Ctrl+Y)
作業内容を元に戻す/やり直します。20回くらい元に戻せます。

ぅ癲璽疋椒織
順に「オートモード」「マニュアルモード」「スポイトモード」となります。

「オートモード」…指定した領域に対し、前景色と背景色から自動的に透明度を計算し、指定します。
「マニュアルモード」…指定した領域に対し、指定した透明度を設定します。
「スポイトモード」…指定した座標のRGB値を、左クリックで前景色に、右クリックで背景色に設定します。
なお、Shiftキーを押している間だけ、強制的に「スポイトモード」になります。

ゥ帖璽襯椒織
順に「ペンツール」「バケツツール」「ローラーツール」となります。領域指定に使用します。

「ペンツール」…クリックした座標のみを領域として設定します。
「バケツツール」…いわゆる塗りつぶし。色の許容値や隣接オプションがあります(┐農睫澄法
「ローラーツール」…画像全体を領域として設定します。

η槊
100%〜800%まで拡大できます。

Я扱平Аη愀平
オートモードで使用する、前景色と背景色を表示しています。
表示色をクリックすると、パレットウィンドウが開き、自分の好きな色を設定することが可能です。

┘帖璽襯プション
「許容量」…塗りつぶしツールで使用します。似通った色を含めるか、0〜255の数値で設定可能です。
「隣接」…塗りつぶしツールで使用します。オフにすると、塗りつぶしの歳隣り合った領域でなくとも塗りつぶされます。
「透明度」…マニュアルモードで使用します。0(完全透明)〜255(完全不透明)の値が設定可能です。

ステータス
マウス座標や、ツールの説明はここに表示されます。

画像
編集中の画像です。

このページのトップヘ