「確実に僕を助けてくれている。数字の上の2敗なんて小さなことだ」

不器用なルーティン 応援することの不思議さ えのきどさん
選手が一生懸命プレーするのは、

自分のため家族のため
チームのためクラブのため
応援してくれる人たちのため

色々な思いをプレーで表現し結果として「勝つ」ことに全力を尽くしています。

見え方や印象は受け取る側の問題であって、「負けてもいい」なんて選手は一人もいません。

その全力をもっと引き出す方法、

それは

結果ではなく”プロセス”を褒めて認めて励ますこと。

もしみんながそう考えられたら選手は今の10倍走るでしょう。