めんどくさい。激しく面倒くさい。
何で私がこんな夜中に一人寂しくモニターに向かって絵を、しかもいい年してマンガ絵を、まさにしかもヤローが二匹で絡んでいるような暑苦しい絵を、せこせこ描いていなければならないのか。ああめんどくさいめんどくさい。
考えてみれば、描かなければならない理由なんて何もない。私が描かなくたって地球は回っているし、この世界も日常も何も変わりはしない。これが仕事ならば仕方がないが、趣味だ。仕事は仕事で別にあるのだから、こんなん描かなくても生活に困る事などありはしない。社会人ならばむしろとっとと早く寝て明日の仕事に備えるべきだ。
そもそも、いい年して何で私はまだマンガなんか描いているのか。描き始めた頃はどうだった?そう、中学生の頃。あの頃は毎日友達とキャッキャキャッキャと楽しかった。だがどうだ。今あの頃の友達でマンガ描いてる奴が他にいるか。いやしない。高校、大学、社会人と、年をとるにつれ皆次々とマンガから離れていった。なんで私だけ、私だけがこんなことやってるんだ。
同人誌だ。同人が楽しくてやめるにやめられなかったんだ。同人で出来た友達は、まだこの世界にいる。きっと今頃奴らもせこせこ原稿を描いている。
……だから何だ?奴らは奴らだ。私が、今、めんどくさい事に何の関わりがあるんだ。だいたい奴らは描く事を楽しんでいるきっと。だが私は違う。私は描くのが嫌なんだ。もー嫌なんだめんどくさいんだ。奴らとは違うんだ。
んじゃ、やめればいい。同人誌そのものから離れたくないのならば、描くのをやめて読み専になればいい。イベントでは友達のサークルの売り子でもすればいい。そしてたまに編集や入稿など手伝えばいい。描くのをやめれば時間が出来る。そうしたら何か違う趣味を見つけたらいい。きっと楽しい。世の中には同人誌やマンガ以外にも楽しい趣味はいくらでもある。毎週彼氏と遊んだっていい。恋愛に夢中になるのも楽しい。夜は借りてきたDVDで映画でも見ながら、ダイエット体操するんだ。この腹の肉がなくなれば、きっと人生はもっと楽しいに違いない。


そんな事を考えながら、それでも私はマンガを描く。







みなさん冬コミ当落はどうでしたか?私はなんとか今回も受かってました。お互いあと2ヶ月がんばりましょー!

02:01│comments(8)trackback(0)   ブログパーツ
同人誌制作・創作 
 
 同人誌を読んでいて、いやまあネットでサイトを見ていてでもいいんだけども、その作品やフリートークから作家さんご本人を勝手にイメージしてしまうことって誰にでもあると思います。でまあ、同人誌であれば即売会(サイトであればオフ会?)でご本人を見かける機会がこの世界では普通によくあるわけで、そんな時に「え?この人…?なんかちょっと…イメージと違うなあ〜」なんて内心思ってしまう事もまたよくあるわけです。オサレでスイーツでリア充っぽい日記を書いている作家さんが、いざ見てみたら「ああスイーツ食べすぎちゃったんですね」な外見だったり、はたまたとんでもない下品ギャグばかりかましてる作家さんが実際はおっとり系の美女で仰天だったり、よくある事です。

 まあお互いオタ腐女子同士なものですから外見チェックは世間よりははるかに甘いレベルですが、それでも女は女。やはり女。チェックは確実に入っています。しかし腐女子界が世間とちょっと違って不思議なのは、他人の容姿が悪い話はあまり直接的にはしないのですが、世間では並〜中の上くらいのレベルにキレイだったりかわいかったりするだけで、そりゃもう絶世の美女みたいにもてはやしたり褒め称えたりしたりします。話を聞いていて「そこまでじゃねーだろ…」と思う事も度々。これはあれでしょうか。同じ腐女子仲間の中にもキレイな人がいるというのが嬉しいからでしょうか。好きな作家さんがキレイな人だったらやっぱり嬉しい気持ちがあるのはわかるんですけども、イベント後の打ち上げやサイトの掲示板なんかで「××さん超美人!」「△△さんこそ〜」という過剰な褒め合い合戦を見てちょっと寒々しさを感じたりするのも私だけじゃないと思います。

 そんな腐女子同人誌界。作家側になってみればそりゃあ「読者の人にちょっとでもキレイに思われたい!」と思ってしまうのはそこは腐っても女子、 THE 女心 ってもんでしょう。イベントの前にせめて美容院に!せめて前日はパックを!おニューの服を!靴を!アクセを!ああなんと詮無い女心よ。そこで私は考えました。ブライダルエステならぬ「コミケエステ」があったらちょっとうけるんじゃないかしら。コミケ直前1週間コースだとか、コミケ3日前お助けコースみたいな?……と、そこまで考えて「ああでも1週間あったらコピー誌もう1冊作れるよな」と思ってしまったのでやっぱりこのアイデアは無理かもしれません。


 私も昔はコミケ・その他イベント前には異常に気合い入れてたりしました。(最近は年のせいかかなりどーでも良くなってきてしまっていてヤバイのですが)元が元だから仕方ないっちゃーしょーがない事ですが、がんばっていたにもかかわらず一度もキレイとか可愛いとか言われた事はありませんでした。その代わりよく言われた言葉があります。
「思ってたより普通の人ですね」
これ本当にしょっちゅう読者の人に言われてたんですけど………どう解釈したらいいんでしょうかね。喜んでいいんでしょうかね。一体どんなイメージを持たれていたのか、そんなイメージをもたれるようなものを私は描いていたのか……

20:27│comments(8)trackback(0)   ブログパーツ
腐女子系 | 同人誌界考察
 
2009年08月23日
同人女の建前と本音
(建前)「この前の本良かったよー」→(本音)『やば!もらったけど読んでねえYO』

(建前)「最近うちのパソコン調子悪くてあんまりネット見てないんだ〜」→(本音)『お前のブログ日記なんか読んでる暇ねーよ』

(建前)「最近mixi飽きちゃってー」→(本音)『お前みたいな足跡気にしまくる奴がウザくてイン出来ねーんだよ』

(建前)「最近回線の調子悪くてすぐ切れるんだよね」→(本音)『お前をメッセ拒否してるだけだよ』

(建前)「最近迷惑メールが多くてフィルターかけてるからメール届かなかったりするんだよごめんね」→(本音)『お前のメールが迷惑メールなんだよ』

(建前)「仕事が忙しくてあんまりネットしてないんだ」→(本音)『別ジャンルの友達と絵チャする時間はあるけどな』

(建前)「××さんの文章面白いんだから自分でブログやってそこで日記書けばいいのに〜」→(本音)『お前の日常になんか興味ないんだよ。日記みたいなメールやらコメントやら送ってくんなよ』

(建前)「最近のレンタルブログは書き込むだけだからメカオンチでも大丈夫ですよ!」→(本音)『なんでこういう人は必ず「私メカオンチだから自分じゃ作れないんですよ」って言うのかなあ。今まで100発100中だよ。”必ず”だよ。そんでなんでメカオンチのくせにメールやブログコメントは送れるのかなあ』

(建前)「××さん友達いっぱいいますよね〜」→(本音)『だから私以外と遊んでろよ。あ、私は友達じゃないよ!カウントすんなよ!』

(建前)「コミケの前日の夜は忙しくて会うのはちょっと無理ですゴメンネ」→(本音)『泊まりに招待して欲しいオーラまんまんじゃねーかマジかよコイツ』

(建前)「チケットは売り子してくれる友達にあげちゃったからないんだゴメンネ」→(本音)『余っててもやらないけどな』

(建前)「うち発行物が多いから机の上にスペースないんだー」→(本音)『お前の本の委託なんて御免だ』

(建前)「××さん自分でサイトやればいいのにー。××さんの作品を私だけ見てるなんてもったいない気がするんですよー」→(本音)『私が借りてるサーバーの容量減らしてまでお前の絵をUPする義理なんてねえよ』

(建前)「私のメーラーはテキストメールしか受信しない設定なんですよ」→(本音)『だからー、メール添付してまで自分の絵送ってくんなよ』

(建前)「新刊送って下さるんですか?悪いですよ〜」→(本音)『欲しい本なら自分から通販申し込むなり買いに行くなりするんだよ察しろよ』

(建前)「DVDですか?見る時間あるかどうかわからないし、お借りするのも悪いですからいいですよ」→(本音)『興味があるなら自分でTUTAYA行くからほっておいてくれ…』

(建前)「いや、だから本当に興味ないから、わざわざ送らなくていいですよ」→(本音)『もう建前じゃないじゃんコレ』

(建前)「遠慮なんてしてませんから!」→(本音)『迷惑だ、まで言わないとわかってもらえないのか困ったなあ』


(建前)「ありがちな事書いてあるだけですから。みんながコレにあてはまるわけじゃないですから」→(本音)『”これ私のことかも…”って不安に思った人は確実に大丈夫です。通じない人はこんなの読んでも”自分かも”なんて思いません。私の長年の経験からそれは間違いありません』





おまけ
(建前)「不愉快な思いをした方がいらっしゃったらすみません」→(本音)『また「不愉快」とか言われちゃうんじゃないかとビクビクしている自分が嫌だ。こんな匿名ブログで本音書かないで建前のキレイ事書いてたってつまらねーと思うんで書いちゃうけども』

01:20│comments(16)trackback(0)   ブログパーツ
同人誌人間関係 
 
1)あーそろそろ原稿描き始めないとまずいなーと机の前に座る。

2)白い紙を広げ、筆記用具を持つ。

3)………。
……脳内でネタは出来上がっている。あとは描き始めるだけ。なのだ、なのだが、どーにもなんとなーくやる気が出ない。

4)ふと机の横にある鏡を見る。
ふと眉毛を抜き始める。
そのまま体中のむだ毛処理に夢中になる。

5)夏に向けてお肌ツルツル!おめでとう!

6)ああいい仕事したわ〜今日は遅いからもう寝よう〜


翌日
1)あーそろそろ描き始めないとな〜でもとりあえず腹ごしらえしないとな〜

2)なんか台所汚れてね?

3)ガス台磨くのは重曹がいいのよね!あ、ついでに換気扇も洗っちゃおう!

4)台所ピカピカ!おめでとう!

5)ああいい仕事したわ〜今日は遅いからもう寝よう〜


数日後
1)もう7月だ!今日は暑かったからまず風呂に入ってそれからがんばろう!

2)なんか風呂場のタイルの目地がカビっぽくね?

3)カビキラーまいて〜しばらく置いてからカビ落とし〜

4)お風呂ピカピカ!おめでとう!以下略


さらに数日後
1)あーもー7月も半ばじゃね?マジやばくね?

2)今日は暑いな〜エアコンつけなきゃ〜。あれなんか臭い?フィルター掃除しなきゃ!

3)気がつけばエアコン内部の掃除までしちゃって空気快適!以下ry


その他爪磨き、耳掃除、ネコの毛ブラシがけ、美白パック&マッサージ、トイレ掃除、etc.etc.そして気がつけば家中がきれいになり、自分の体もきれいに、(ついでにネコもキレイに)なっている……。

これを「同人女の部屋と眉毛は原稿前になると妙にキレイの法則」と言います。というか今私が決めました。何十年やってても毎回毎回同じなのでいいかげんうんざりします(自分に)。
ついでに言うと、以前のエントリーにも書いたことがあるのですが、入稿前になるとブログやサイトの更新頻度があがるのも同様の法則によるものです。私がすげー久しぶりにこのエントリーを書いたのは、冬から春にかけて個人的家の事情でしばらく即売会やら同人誌作りから離れていたのですが、ようやく身辺が落ち着いたので久々に夏コミで新刊出そう〜と思いつつ日々机の前でグダグダしていたらこのブログの事を思い出したからです。わかりやすいですね!



ところで以下ものすごい余談。
冬コミでは依頼があってコミケカタログに拙文を掲載して頂きました。コミケカタログとか発行何十万部とかの本に自分の名前が!うわーすげー!自分有名人じゃね?冬コミの私はヒロインじゃね?とか思ったら、このブログのコメント、拍手、メール、何も反応がありませんでした。友人に話をしたら、周囲の友人誰一人として気がついていませんでした!みなさんありがとう!!!もーどーでもいいよ!!フンガー!!



20:25│comments(9)trackback(0)   ブログパーツ
同人誌全般 | 同人用語シリーズ
 
最近あまり聞かなくなった言葉「やおい」
しかし使用頻度が減っただけで、絶滅したといえる程ではない。それは決定的と言えるような代替語がまだないからだろうか。「二次創作」「腐女子向け」「同人的同性愛表現」……やはり何かピンとこない。(ちなみに「BL」は全面的に違う)
特に「やおい」全盛期を生きてきた私などの世代にとっては「やおい」は「やおい」としか言い様がない。他の言葉では表せないのだ。そう、「萌え」が「萌え」としか表しようがないように。

そんな「やおい」という言葉も人により世代によりジャンルにより捉え方が若干違っていたりして、たまに「おや?」と思う事がある。しかしそれは今回は置いておく。「やおい」の語源も諸説あるがそれも割愛する。とりあえず一番メジャーな「やおい」の意味は「ヤマなし、オチなし、意味なし」だろう。物語にヤマ場(盛り上がり)が無く、オチ(結末)が無く、意味も無い。それは要するに「面白くない」と言う事だ。しかし「やおい」は面白い。いや正確には「面白い」ではないのだ。やおいの真髄は「ドリーム」だ。乙女の夢。妄想。そしてその共有、そこに快感がある。このキャラにこんなこと言われてみたい。あのキャラにあんなことしてみたい。彼らがこんなあんなことしている所が見てみたい。うわー萌える〜〜〜逝ける〜〜〜死ぬる〜〜ギャー。みたいな。そんな乙女のドリーム妄想なのだ。妄想にヤマ場もオチも意味も必要ない。妄想は妄想だ。考えるんじゃない感じるんだ。それこそが「やおい」なのだ。

実は私は密かに「そのうち年をとったら『やおい』は楽しめなくなる」と思っていた。「やおい」が乙女のドリームならば、乙女じゃなくなったら(笑)駄目だと思っていた……そう、ある程度大人になって現実が見えてくるようになると素直に楽しめなくなるのではないかと、そう考えていた。
しかしある程度どころかいい加減オバサンとも言える立派な大人になった今では、それは違うと思っている。大人になって現実が見えるようになったから楽しめなくなるのではない。現実が忙しくて夢を見る余裕がなくなるだけだ。人間、夢を見る力はいくつになってもあるのだ。女の妄想力なめんな(いやまあ男も同じだろうけど)。日常に忙殺されて夢の見方を忘れてしまうだけだ。もしも忘れてしまったなら思い出せばいい。きっと思い出せるはずだ。夢はいくつになっても見られるものなのだから。


00:15│comments(14)trackback(1)   ブログパーツ
同人用語シリーズ | 同人誌制作・創作
 
Attention
このページは同人誌・オタク・腐女子系話題を取り扱っています

FC2ブログランキング

にほんブログ村 漫画ブログ 同人へ
Profile
Amazon.co
Amazon.co