2021年04月28日

動画三昧

「裏世界ピクニック」のOP「醜い生き物」が良いなと思いまして。
YouTubeで探して見たところ、MVが少女漫画風で驚きまして。
それがこちらです。





誰でも良いわけじゃないのよ
友達って片想いじゃダメ?
認められたいばかりで卑しい私

とか曲も良いけど歌詞も良い。
で、MVは百合なんですが百合的には最後がアンハッピーで、
最近はハッピーエンドが多いのに何故かなと不満だったんですが、
この曲よりも前に発売されていた曲のMVを見て納得しました。
それがこちらです。





そっかー。こういう出会いがあったのか。
ならば仕方ないと納得です。

付き合ったとして何をすればいいの?
“あれ”もしなきゃダメなの?嫌だよ無理だよ
荒ぶれ乙女たち 抗え乙女たち
痛みを知ってゆけ 栞はいらない

少女、乙女たちへの応援歌となっていて
私も少女時代にこの曲を聴いていたら
更に荒ぶれ生きる力になったことでしょう。
そして歌っている人はどんな方なんだろうと興味が湧いて
実写MVが無いか探しているとこちらがありました。





最後まで顔見せんのかい!
と肩透かしでしたが、ボーカルのキレッキレのダンスに見惚れ、
両サイドの女子たちの可愛さに見惚れてしまいました。
曲も可愛い。
にしてもこのボーカルのCHiCOさんの歌唱力すごいです。
こちらはガラっと変わってスローな曲ですがまた違う歌い方で
感嘆しました。





さてもう見た方も多いと思いますが、ポカリスエットのCMも紹介。




良いですね。
メイキングを見るとCGは一切使っておらず、全てアナログなのに驚きです。




ユニクロのCMもテレビでよく見ます。
カップル女子2人がとても自然な感じでこういうCMの雰囲気良いですよね。




動画 

2021年03月12日

飛び立つ君の背を見上げる

久しぶりに前の同僚とバッタリ会ったので
1時間くらいおしゃべりしていたんだけど熱かった。
彼女は腐女子でハマってるアニメの話を語りまくる。
もう情報量の多さ。でも瞳キラキラな彼女を見て
ふと今更ながら自分は何オタクなのか考えてみる。
百合好きではあるけど、あまり声優さんや制作サイドに
興味がいかないことが多い。
つまり私はストーリー重視の作品オタなのではないかと。
そんなジャンルがあるのかは知らんけど。
まあ色々考えることは良きことですよね。
己を知るためにも。

さて、ずっと前に読んでいたのになかなか腰が重く、
ブログにあげるのが遅くなってしまいました。
響け!ユーフォニアムの原作者、武田綾乃さんの
「飛び立つ君の背を見上げる」
南中カルテットの1人、中川夏紀のスピンオフ小説です。





みぞれは無垢で希美は普通。
みぞれは傲慢で希美は残酷。
みぞれは自己肯定感が低くて希美は多分高い。

希美に対するみぞれのクソデカ感情のすごさに圧倒されました。
恋という感情の方が良かったとは。
希美を独占するなんて恐れ多いということなのかな。
崇拝とか信仰とか神様みたいになってるのかも。
ただもしそうだとしたら、やっぱり希美が可哀想。
だって勝手に神にされちゃって、そこには希美の意思なんて無くて、
夏紀が言うように「希美だって、ただの人間なのに」と思う。
みぞれが大人になって希美がただの人になったら良いな。
互いが対等に認めあえるような存在になったら素敵だな。
そして夏紀と優子の関係はやっぱり良き。
2人の関係性はこんな感じ。
小説イラストを担当しているアサダニッキさんが以前描いた
夏紀と優子のイラストを見て感じ取ってみてください。



もうすぐ発売される5周年の記念DISCの特典に
優子から夏紀への手紙があるんですよ。
文字が優子が書いたっぽい。エモすぎるでしょ。
届くのが楽しみ。




そしてこちらが北宇治高校探訪映像。
モデルとなった高校の中を見ることが出来ます。
最初の校門前の階段なんて、あすか先輩に始まり、
あすか先輩で終わる出会いと別れの場所として印象的で、
実物を見れて感動です。
他にも高台にある藤棚や、希美とみぞれが手を振り合った教室や、
みぞれが気持ち悪くてうずくまってた屋上へ続く格子も
本当にそのままで京アニの作画能力の高さに驚かされます。
アニメを見たことがある方ならぜひ。楽しめますよ。
まだ見たことが無い人や忘れてしまった人の為に
10分で分かるユーフォ映像も貼っておきますね。
ええ、押しつけがましいとよく言われます。









響け!ユーフォニアム 

2021年01月08日

リアルは強し

新年感がゼロですが今年もよろしくお願いします。

突然ですが、職場で女同僚が女上司にリアルで
怒鳴り込む案件がありまして。
見目は違えどまさにこのような勢い。

52d427cd
9e8b99cd


リアルはマジヤバい。
百合キター!とか言ってる場合じゃない。
同僚も何もみんなが見てる前で始めなくても。
なんで私この場に居るんだろう?
って怖くて震えたよね。
にしても、相手に何か訴える時は場所とタイミング、
そして感情的になるのは得策では無いなと痛感しました。
最終的には同僚が「もういいです!」と叫んでその場から
去っていきましたが、残された我々はどうしたらいいのか。
オロオロしちゃってみんなミス連発。
だって動悸と息切れと眩暈と動揺が。
なのに次の日には何事も無かったかのように出勤する同僚。
あれはもう辞める勢いだったけど。
逆にすごいよ。いやぁ、怖かった。

からのほんわかエピソード。
最近入った女子がまだ大学生で、
高校時代は吹奏楽部だったと聞いて即効食いつく。
ユーフォで知った知識を総動員して会話をしつつ、
一番聞きたかったことを聞いてみました。
それは↓のように譜面に写真やら書き込みやらするのは
本当なのかということ。

d65a6051
dc045f7f

「あくまでうちの高校では、」ということですが、

「無いですねー」

ということでした。
そうか、やはり無いのかと
私の知的好奇心が満足しました。
(もちろん他ではあるのかもしれませんが)

それからまだGotoが休止する前ですが、
京都の宇治に弾丸日帰りツアーに行ってきました。
だって、ユーフォ宇治ウィンターフェスタやるって言うんだもの。
宇治市とコラボしてパネルがあったり、
クリアファイルなどもらえます。
朝9時に京都駅に着くと早速京阪電車に乗って中書島駅へ。
久美子と麗奈と奏ちゃんがいました!壁に!
パネルじゃないことに肩が透かされましたが感動!
(ちなみに黄檗駅の萬福寺にはパネルがありました)


IMG_8241 - コピー

六地蔵駅には緑ちゃんと葉月が!
こちらはパネルでした。
IMG_8244


そして京阪宇治駅には夏紀と優子のパネルが。
この2人のパネル特に可愛くてお気に入り。
IMG_8252 - コピー

宇治駅から歩いて数分の「通圓」の前には
さっちゃんみっちゃんがいました。
IMG_8261 - コピー

その後、ユーフォとコラボしているお店に行って
クリアファイルをもらいます。
中でも抹茶共和国というお店最高でした。
抹茶共和国というエモい店名から中高生向けの店だろうと
味には全く期待していなかったのですが、
これが驚くほど美味しかったのです。
私は温かい抹茶ラテの豆乳で甘さハーフにしたんですが、
一口飲んだ瞬間、カップを2度見しましたよね。
あまりの美味しさに。
そして、濃い抹茶ラテの方も飲んでみたんですが、
これが出汁みたいな深くて複雑な味がするんです。
以前、マツコの知らない世界で抹茶好きの人が出て
「良い抹茶は出汁の味がするんです」と言っていましたが、
それを実感出来ました。感動。
正直、クリアファイルがもらえなければ入らなかったと
思うので良い店を見つけたなぁと嬉しい大発見でした。
あー、また飲みに行きたい。

IMG_5182 - コピー


そんな感じでクリアファイル4種類無事にコンプリート。
せっかくのウィンターフェスタも今はコロナ禍が悪化して
遠くから行くのは無理ですが、お近くの方は行ってみては
如何でしょうか。

DSC_6442 - コピー

響け!ユーフォニアム 

2020年11月10日

京都宇治ユーフォニアム聖地巡礼

秋に「響け!ユーフォニアム」の聖地である宇治に行ってきました。
Gotoトラベルの対象だったので非常にリーズナブルな価格で
旅行が出来てありがたや〜。
まず京都に着いて向かったのが伏見稲荷神社。
嗚呼、人が少ないって素晴らしい。
以前は人が多くて進むのも大変だったと聞いていた
千本鳥居もゆっくり見ることが出来ました。

千本鳥居
このはな03


このはな綺譚の影響なのか見る前は何処かに
連れていかれるような幻想的な雰囲気かと
思ってたんですが、思いのほかそんなことはなく。
「すごい密に並んでる!」という見たままの感想が浮かぶ。

その後、久美子たちが通う北宇治高校の最寄り駅とされる
京阪六地蔵駅へ。

はづみど01
なかよし

ホームのモニタには緑と葉月、夏紀と優子が映ってました。
ちなみに木幡駅に主人公の久美子と麗奈、みぞれと希美がいました。
みんな可愛いくて癒されるわ〜♪
にしてもこの写真を撮ってたとき、ちょうど近くの学校が下校のようで
中高生があちこちにいたんだけど全く気にしていない様子。
もう聖地巡礼も日常風景なのでしょうね。

くみれい
のぞみぞ

六地蔵駅のホームにはアニメと同じベンチがありました。

六地蔵駅ホームベンチ
ホーム


アニメと実写が融合しています。
実際、駅の外に出て見てみるとあそこもここも見たことがあると
もう既視感しかない。ほんとすごいです。
あとこのホームベンチが長くて便利なので
関東のホームにも欲しいと思っちゃいました。

それから京阪宇治駅で降りて平等院の裏辺りにある久美子ベンチへ。

久美子ベンチ
久美子ベンチ02

似たようなベンチがあちこちにあるので最初は絶対迷います。
一番端っこの小屋の横にありました。
きっと京アニが聖地巡礼の際に一般人の邪魔にならないように
配慮したのではないかと邪推するくらい隅っこでした。
この配慮素晴らしい。
そして、このためにアクリルキーホルダーを購入した!
本当はフィギュアを購入してみたかったんですが
作られていないようで悲しい。
にしても撮影って難しいですね。
こうね、現地でバッグからササっと出して
台に装着して慌てて撮るみたいな。
一般人に迷惑は掛けたくないですからね!
それに目の端に映るのは多分次にさりげなく
待っている巡礼者だと思いますしね!

大吉山にも行ってきました。
だいたい25分くらいで登れます。
宇治の街が一望出来て晴れた日だったので気持ち良いです。
近所の人たちの散歩コースらしく、みんな涼んでいました。
人がいなくなった隙を狙って撮ります。

大吉山
大吉山02


大吉山といえば麗奈ちゃん。美しい。
でも夜の登山は無理です。街灯無いし。
夜8時くらいでふもと辺りでさえ人気も無く
暗かったので危ないです。

大吉山06


それから宇治の商店街にいた飛び出し優子と葉月。

優子葉月


私が行ったときは夏服でしたが、今は冬服になってるようです。
可愛いなぁ♪
「響け!ユーフォニアム」の聖地巡礼の魅力は
何といってもミニマムな範囲にまとまっていること。
車で行かなきゃいけないみたいな事はあまりありません。
え、ここが?え、あそこも?みたいに見える範囲に
けっこうあるのが有難く素晴らしいのです。
他にも色々撮ったりしたのですがもう載せきれません。
来年には「響け!ユーフォニアム」のスタンプラリー
またあるようなので今度は参加してみたいですね。

4人01


響け!ユーフォニアム 

2020年10月16日

夜の向こうの蛹たち

近藤史恵さんの「夜の向こうの蛹(さなぎ)たち」を読みました。



織部 妙(おりべ たえ)は小説家として順調にキャリアを積む一方、
どこか退屈さも感じていた。そんなある日、“美人作家”として話題の新人、
橋本さなぎの処女作に衝撃を受ける。しかし、文学賞のパーティで対面した
橋本のサービス過剰な受け答えにどこか幻滅してしまう。
織部の興味を惹いたのは、橋本の秘書である初芝祐という女性だった。




近藤史恵さんの作品は初めて読んだんですが、
文章が読みやすく、とても面白かったです。

主人公の織部妙は美しい容姿を持つ35歳のレズビアンの小説家。
でもその容姿を武器にはしない。
自身の容姿について言及されたインタビュー記事は
その部分を削除してもらうほど徹底している。
私が思わず笑っちゃったのは、担当編集者の男性から言われた


「そんなに美人と言われるのが嫌なら、
化粧をするのもやめればいいんじゃないですか?」
うるせえ。
化粧もするし、美容院には月に一度行くし、
エステにだってときどき行く。
でもそれによって得られる利点は、わたしがコントロールするし、
容姿が目立つことへのデメリットは拒否する。



うるせえ。て。
口悪いなw
そのほかにもこのデリカシーが欠如した担当編集者に対して
ぶっ殺す、とか、死ね、とか心の中だけだけど容赦がない。
冒頭からこんな感じだったので、てっきり
主人公が攻撃的な性格なのかと思ってたんですが
意外と常識的というか普通なんです。
4人の女性の中で生まれる恋愛模様も普通というか、
つい百合ものだとラノベ的な漫画的な恋愛ものを想像してしまうけど、
SM的でもツンデレやコミュ障といったクセの強い人物が
振り回す訳でもなく、それぞれに共感を持ちやすいんです。

主人公はとても聡明で頭をよく巡らせているのに、
いつも少しだけ抜けていてそれが元で窮地に陥るのも面白い。
何度女性に部屋に踏み込まれているんだw
それぞれ女性が別というのも面白いんです。
かと言って、プレイガールな訳ではなく。
どちらかと言えば、今までの上手くいかなかった恋愛の
傾向から慎重になっているのに何故か上手くいかない。
そして年相応にそれなりに諦念もしていて、
窮地に陥っても肝も据わってるんです。

ああ、分かるなと。
もうジタバタする気力も体力もない感じ。

そして私が胸を打たれたのは織部と速水との関係。
切ない。
こういう関係って女同士関係なく、男女でもあると思う。
ラストも本当に良い。何というか面白い終わり方だと思う。
総じて面白いので、ぜひ皆様も機会があればご一読をお薦めします。

GL+百合book 

2020年07月22日

「リズと青い鳥」でタワゴト

ユーフォシリーズ劇場版3作品、そして「リズと青い鳥」
結局全部Blu-rayでそろえてしまいました。うーむ、ハマってるなぁ。
ユーフォ本編の中では特に1作目が素晴らしく、
13話をよくこんなにきれいに103分にまとめたなぁと感心するばかり。
ユーフォ観たことがないけどテレビ版見るには時間も余裕もない
という人にはこちらの劇場版を見ると良いかも。
なんと今ならdアニメで劇場版2作品と「リズと青い鳥」まで観れますよ!
そして気に入ったらテレビシリーズを見てくれたらいいな。

さて、ユーフォシリーズには私的謎な関係が2つあるんです。
1つはあすか先輩と香織先輩の関係。
アニメだと残念ながら2人の仲にあまり焦点が当てられていないのですが、
それでも例えばペアグラス持ってるし、ペアな水着やワンピも身に着けるし、
更に原作だと卒業後一緒に住んでて、お揃いのピンキーリングまで
しているというかなりの仲の良さっぷりなんです。
でもそういう表面的な描写のみで2人の心情は描かれていません。
とは言え、香織先輩の気持ちはダダ洩れてくるんですが、
あすか先輩の気持ちがいまいち掴めないのです。

そしてもう1つが希美とみぞれの関係。
みぞれが希美を盲目的に大好きな理由は分かるのですが、
希美がみぞれと仲良くしている理由がよく分からなかったのです。
みぞれは自分の気持ちを言葉にするのが苦手で、
大好きで特別な存在である希美にさえその気持ちが伝わっていません。
むしろ嫌われてるかもと思われる始末。
でも映画を3回観て自分なりにようやく何となく理解したような気がしました。

みぞれの音楽の才能が覚醒した後、ようやく2人は向き合うのですが、
それでも最初の方は希美は向き合おうとはしないんです。
手を後ろに組んで表面的な言葉でその場を流そうとします。

リズ01


それでも今度のみぞれは諦めず、正面から希美と向き合い
一生懸命言葉を尽くします。
そして大好きのハグを求めて希美に抱きつくのですが、
このシーンを見ると希美が頑固な人間性では無いことが分かります。

リズ02

リズ03


抱きつかれると、割とすぐに手をほどいてちゃんとみぞれの腰に回すのです。
(添えるような感じで、全面的に受け入れている訳ではないのですが)
でもプライドが高くて頑固で強情な人間だったら後ろ手にしたまま、
自分の言い分をまだ言い募るのではないかと思うんです。
それは希美の美しい部分で頑固な私が羨ましいと思う部分。
ちなみに大好きのハグは抱き合って互いの好きなところを言う
というものなのですが、その中で希美がみぞれのどこを好きだったのか、
だんだんと原点を思い出したのではないでしょうか。
それは言葉通り「みぞれのオーボエが好き」ということ。
それまで表面的でガラスのような瞳をしていた希美が
生気を吹き込まれるかのような瞳の揺れや
雄弁に語る表情の表現力のすごさよ。これが京アニか。
希美は音楽が好きでフルートが上手で、中学生のころから自分のフルートと
みぞれのオーボエが奏でる音楽が好きでみぞれが好きだった。

でもいつの頃からか無意識下でみぞれに才能があることに気が付いて、
高1の頃の騒動で部活を辞めるときに、それが引っかかってたから
みぞれには敢えて言わなかった。
ちょっとした意地悪で簡単に言えば嫉妬ですよね。
でもそれは無意識で、でもやっぱりどこか罪悪感もあったから、
部活を辞めたあとみぞれと話すこともなく過ごしていたのではないでしょうか。
それで2年生になってやっぱり部活に復帰したいとなった時に、
悪気無くというか、きっとみぞれはそれほど気にしてないはず、
だって何も言ってこないんだからと自分に良いように考えて、
みぞれに話しかけたんだと思うんです。
でもみぞれにとっては、希美のフルートの音色を聴いただけで
気分が悪くなっちゃうくらいトラウマもんだったんですけどね。

実は最初に映画を観た時、希美とみぞれは卒業したら多分
疎遠になってしまうんだろうなと思っていたんです。
希美にとってみぞれと一緒にいるのは辛いんじゃないかと思って。
でも3回目を観てハグのシーンで希美がみぞれの好きなところを
思い出したんじゃないかと思ったとき、2人の道が一緒じゃなくても
2人はずっと繋がっていけるような希望を持てました。

そんな風にして私なりに謎が解けた感じなんですが、
映画の最後、希美は振り向いてみぞれに何て言ったんだろう?
これが解けないのだ〜。


----------------


その後、みぞれと希美役の種さんと東山さんのインタビュー
読んだところ、実は希美は「希美のフルートが好き」と
みぞれに言って欲しかったんだと分かりました。
うーむ、まだ私には希美の音楽そしてフルートへの愛の深さに
理解が足りていませんでした。
でもだとしたら「みぞれのオーボエが好き」はその言葉を引き出したくて
言った言葉なのでしょうか?

多分きっと真意って1つじゃないと思うんですよね。
もちろんそういう気持ちもあったかもしれないけど、
純粋に出会った頃から「みぞれのオーボエが好き」だったという
気持ちもあったんじゃないかな。

そして最後に希美が振り向いてみぞれに言った言葉を
改めてもう一度考えてみたんですが、2人が投影された劇中劇である
「リズと青い鳥」に倣えてみると、

「愛してるわ」

なのではないでしょうか?
ヒネりが無さ過ぎる?やっぱり違うかな〜。
でも希美ってそこまで深い思いも無く言いそうじゃないですか。
軽く、朗らかに。
絵本のセリフだよ〜なんて言いながら。
残酷なんだけど、無自覚タラシが希美なんだと思う。
中学の時に1人でいたみぞれに声を掛けたのも
そんな希美の軽快な部分があったからなんだと思うんです。
そしてみぞれもそういう希美も含めて良いところも
悪いところも全部好きなんじゃないかな。

なんて思いました。


響け!ユーフォニアム 

2020年06月13日

「リズと青い鳥」と「誓いのフィナーレ」

もう、松竹グループの映画館は神です!!
先週、響け!ユーフォニアムの劇場版1作目、2作目と観たので
もちろんリズと3作目も観たくなるじゃないですか。
でもこちらの作品は自分の住む場所からかなり遠いところでしか
再公開されていなかったんです。
観に行くかどうするか悶々としていたのですが、
嬉しいことにこの金曜日からリズと3作目も比較的近い場所で
再公開が始まったんです!
ありがとうございます。松竹グループさん!!


image1

image0

(今回も当時のポスター楽しみにしていたのですが、
残念ながら貼られていなかったので表示モニターを撮ってみました)

「リズと青い鳥」は公開当時に観ていたんですが、
本編であるユーフォを全く観ていなかったので、
今回はどう感じるんだろう?と自分でも楽しみでした。
で、感想ですが、何度観ても良いものは良いと言う事でした。

前回は希美視点で観ることが多かったのですが、
今回はみぞれの気持ちに沿って観ていて本当に切なかった〜。
ああでも、いつの間にか立場が逆転していることって
現実でもあるし、それがまた逆転することもあるし、
だからこそ人間関係は持ちつ持たれつなんだよなって思う。
希美はちょっとずるい人間で、でもそれを自分でも分かっている。
新山先生に音大の進学について聞くところなんて、
見ていて切なくなりましたよ。
もしあの時、希美も新山先生から音大を薦められていたら、
みぞれに対して変な態度をとることも無かったでしょう。
そういう己の醜い気持ちと対峙しなくちゃいけないのは
本当にしんどい。逃げ出したくなっちゃうと思う。
覚醒したみぞれの才能に完膚なきまで打ちのめされた希美は
暗黒面(大袈裟か?でもそれほどショックだったと思う)
に落ちようとしていたけど、みぞれの言葉に救われる。

希美に伝えるみぞれの不器用で真っ直ぐな愛の告白に

その告白に返すのが希美の「私もみぞれのオーボエが好き」という言葉。
その言葉でみぞれの心も決まる。オーボエを続けていくことを。
こうして言葉だけみると、みぞれが可哀想になるかもしれないけど、
多分きっとそんなことはないんだと思う。
人間関係には様々な形があるように、
この2人にはこの2人の形があると思うから。
少なくともこの件でみぞれが不幸せになったとは思えないしね。

そんな風に「リズと青い鳥」を観ながら
続いて本編3作目となる「誓いのフィナーレ」を観る。
もうね、キャラが急に華やかになるから目を奪われちゃうよね。
やっぱり派手で明るいものは惹きつけるパワーがあるけど、
リズのあの優しい色合いと媚びが無い落ち着いたキャラも
心に沁み込んで魅力的で甲乙つけがたい。
なので、ちょうど2作品が融合したキャラも観てみたい。
「誓いのフィナーレ」では「リズと青い鳥」の演奏が全部聴けて、
頑張るみぞれと希美を見て胸が熱くなりました。
でももっと希美を映して〜!と思いましたけど。
そして最後、全国へは行けず部長となった優子が影で泣き崩れ、
それを副部長の夏紀が支えているのを観た後に、
そんな姿を感じさせず部員の前でみんなを労い
元気づける優子にもう涙ですよ。

本当に良質なシリーズ作品だと思います。
再公開しているうちにもう一度観たいですね。
あと余談ですが、「誓いのフィナーレ」のパンフが売られていたので
即買いしました。だけど「リズと青い鳥」は無く。
ああ、「リズと青い鳥」のパンフも欲しい。
再販してくれたら良いのにな。

響け!ユーフォニアム 

2020年06月07日

劇場版「響け!ユーフォニアム」

緊急事態宣言も解除されてようやく映画館も再開され始めました。
そんな中、「響け!ユーフォニアム」が上映していることに気が付き、
早速2本続けて観に行ってきました。
私はテレビアニメは引きこもり中に1期2期とも2周しましたが、
劇場版は未見だったので胸が高鳴るばかりです。


映画ユーフォポスター


ちなみに1作目の「北宇治吹奏楽部へようこそ」はテレビアニメ第1期の、
2本目の「届けたいメロディ」は第2期の総集編となっております。


すごい良かった〜!!!


総集編なので色々慌ただしいのではないかと思っていたんですが、
全くの杞憂でした。
特に1作目は秀逸でテレビ版で印象に残るシーンは残してくれていて、
物足りなさも無く編集の上手さに唸りました。
大吉山での美しい麗奈ちゃんが大画面で堪能出来たし!
あとやっぱり映画館で演奏を聴くと迫力違いますね。
たまに映画館なのか作品によってなのか分かりませんが
音量が大きすぎてうるさいなと我に返ってしまう時があるんですが、
とても聴きやすくてちょうど良い感じ。
物語に没入したまま演奏シーンも心地よく身をゆだねることが出来ました。
そして京都府大会の興奮のままエンディングを迎えたので、
映画が終わった瞬間に思わず拍手をしたくなったほど!

2作目の「届けたいメロディ」の方は原作本2冊分なので、
カットされた箇所も多かったですが、
「三日月の舞」の演奏シーンが全部聴けてとても良かったです。
ただ最後のあすか先輩との別れのシーンのBGMが
テレビ版で流れていた曲とは違っていたのでちょっと残念でした。

でもまさか2016年と2017年に公開された映画を
劇場で観ることが出来るなんて思いもしなかったので
コロナは腹立たしいけどこれは嬉しい〜!
しかも今なら1100円で観れるんですよ!
あと映画館前に貼られていたポスターも公開当時のままで
それも面白いし実際観る事が出来て有難い。

館内はソーシャルディスタンスで両隣3席は誰もいませんでした。
観客としては両隣を気にしなくてよくて、
めちゃめちゃ見やすくて快適なんだけど、
劇場側からしたら採算が取れ無さそうで心配になります。
ちなみに私が行ったところは「届けたいメロディ」の方だけ
映画パンフが残っていたので即購入しました。
きっともうすぐ(今週中とか?)終わってしまうと思うので
みなさんも今のうちにぜひご観賞お薦めします!
上映館はこちら↓

「北宇治吹奏楽部へようこそ」

「届けたいメロディ」

3作目の「誓いのフィナーレ」と「リズと青い鳥」はこちらから。



響け!ユーフォニアム 

2020年05月11日

「響け!ユーフォニアム」でタワゴト

(注:今回殊更に支離滅裂な文章となっております)


「響け!ユーフォニアム」がリアルタイムで放送されていた頃、
人気があるのを知っていたし、お薦めされたりもしたのに
つい観るをの避けていました。

というのも私がアニメやドラマを観るにあたって
気になることがあるんです。
それは「あざとさ」が無いか?ということ。
ドラマでは主に泣かせにかかったり、
アニメでは妙にエロを強調されたり。
正直な心境を吐露すれば「あざとい」演出には
もう辟易しているのです。

例えば、作品を見入ってるときに急に差し込まれる
女の子の胸がボヨヨンと揺れる描写。
もはや伝統芸のように記号化されていて、
気持ちの上ではもう何百回も観た気分。
このシーンがあるだけで「またか」とうんざりしてしまうのです。
単純に不快感もありますが、
視聴者をバカにしているとしか思えない苛立ちも感じるのです。

ハイ、ここエロいですよー。こういうのみんな好きでしょー。

みたいな!私たちは幼稚園児か!
エロっていうのはそんなに分かりやすいもので良いのか!
制作者の意図のないシーンでほのかにエロを感じる方がいとをかし。
奥ゆかしきかな日本の美。日本のエロ。日本の夏。


最初ユーフォのキャラを観た時、上気したように見える頬に
妙に色気を感じてしまって、もしそういうあざとさがあったら
私はガッカリしてしまう、お薦めされた人に
作品気に入りましたと嘘つくのも嫌だし
どうしようと思ってしまったんですが、
そんなことはありませんでした。
という訳で、もし私と同じように思って二の足を踏んでいる方が
いらっしゃったらそんな心配はいりませんと
肩を抱いてあげたいのです。

主人公の久美子は高校生になれば胸が大きくなると思っていて、
それが嘘であったことにガッカリしたりしますが、
ボヨヨン表現無しで原作にもあるシーンです。
そう原作も読み始めました。現在2巻まで読み終わりました。
久美子以外はみんな京都弁を話しているので、
最初はちょっと違和感がありますが
文章が読みやすいのですぐ慣れます。
でもクールビューティーな麗奈が関西弁なのは
ちょっと可笑しくてつい笑みがこぼれてしまいます。

そしてアニメはすでに2周目に入っております。
アニメを観ながらこれは、女子あるある、学生あるある、
吹奏楽部あるあるの全てが増幅器の中に入れられて
綺麗で好意的な方向に最大限に増幅されて
キラキラと輝く物語として紡ぎ出されたものだなぁと思いました。
だからきっとリアルな学生が観ても嵌るけど、
大人の方がより刺さると思う。
みんな真っ直ぐで誠実で青くて一生懸命で。
大人から観ると人物の内面も行動も、
羨ましいほど眩しくてキラキラしている。
そして内面だけでなく背景からキャラの瞳も頬さえも
光の描写があってキラキラしているから
もうキラキラもキラキラ。
強い輝きを放って惹きつける。

ああ、学生時代に戻りたい。あんな青春をもう一度。
なんて錯覚を起こすほど。
そもそも、そんなキラキラした青春なんて
過ごしたことないのに!図々しさ極まりない!

そして「特別」がキーワード。

「特別」になりたい麗奈と、
周りから「特別」だと思われているあすか先輩。
そしてみぞれにとって希美は「特別」

私たち大人は知っている。
「特別」は危うい。
賞賛と孤独が、希望と呪いが表裏一体となっている。
大人になると「特別」なんて厄介だとさえ思ってしまう。

だから「特別」になりたいと思う麗奈は気高くて眩しい。

そんな事をつらつらと思う日々。
何が言いたいかといえば、緊急事態宣言が出て引きこもり中に

みんなユーフォニアム観て〜!

dアニメで観れるよ〜。月額400円(税抜き)だよ!お手頃だよ。
ユーフォの他に「鬼滅の刃」(2周目)と「このはな綺譚」も観ています。
蓮と棗が可愛い。

あー、それにしても不要不急の外出が出来ないの飽きました。
早く旅行とか不要不急の遠出が出来ますように。

タワゴト響け!ユーフォニアム 

2020年04月05日

「響け!ユーフォニアム2」10話の姉妹編

「響け!ユーフォニアム2」観てます。
もうね、もったいないので休日に1話ずつ観ていて今11話まで観ました。
全部良い話なんですが、特に10話泣けたよねー。
メインはあすか先輩の話なんですが、私が泣けたのはサブの姉妹の話。
主人公の久美子は2人姉妹で大学生のお姉ちゃんがいるんですが、
大学を辞めて家を出て行くと言うんです。

長子って親の期待やら希望やらがストレートにぶつけられるので、
それに対して何だかんだ反抗しつつも結局は親のこと好きだし
親の言う事に結果的には従っちゃうんですよね。
だから自分が自分じゃないというか、自分はロボットみたいで
親に遠隔操作されているような感覚があって、
親に自分が乗っ取られるような恐怖が心の奥底にあると思う。
お姉ちゃんの麻美子は大学生になって、自分の希望した進路とは
違う道を親に進めさせられたと思って大学を辞めると言い出すんです。

久しぶりに姉妹で話す機会が生まれます。
麻美子は妹の久美子のことがずっと羨ましかったと言います。

「好き勝手やって父さんも母さんもあんたの我がまま聞いて」

久美子は言います。

「お姉ちゃんの方がどう考えても贔屓されてたよ。
お母さん、お姉ちゃんばっかり褒めてたし。
私の方がいつも拗ねてたんだけど」


こういった立場の見方によるすれ違いは、
姉妹兄弟あるあるかもしれませんね。

お姉ちゃんは言います。

「まあ、自慢の娘だったっていうのは認める。
でも、もう演じるのは止めることにしたの」
「後悔も失敗も全部自分で受け止めるから自分の道を生きたい。
そう素直に言えば良かった。反対されてもそう言えば良かった。
だから今度は間違えない」


あああ、お姉ちゃんもまだ若い〜!
初めての決意だから意気込んじゃうのは分かるけど、
自分が選んだ道がもし向いてなかったときに、
また追い詰められちゃうじゃないかー。
希望ある決意が、悲壮な決意に呪いの言葉に変わっちゃう。
だから間違えても良いんだよって、何度だって
トライ&エラーして道を見つければ良いんだよって
本当は親が言ってくれたら良いのにな。

そして、家を出ていくことを決めたお姉ちゃんは久美子に
「寂しい?」って尋ねます。
久美子は「別に」と答えます。

「そっか。私はちょっと寂しい。ちょっとだけどね」

ユーフォお姉ちゃん


次の日の朝。お姉ちゃんはすでに家を出ていったあとでした。
電車の中で窓の外をぼんやり眺める久美子。

窓


お姉ちゃんとの楽しかったり悲しかったりした想い出が頭に浮かびます。
楽しいことばかりじゃないのがまた心に沁みるんです。
そして。

ユーフォ涙01
ユーフォ涙02
ユーフォ涙03

いつの間にかボロボロと涙が溢れてきます。
久美子は自分が泣いていることに驚いて
何とか涙を止めようとしますが止まらず、
電車の中なのに嗚咽が抑えられません。
そしてお姉ちゃんに言えなかった本音がこぼれます。

「私も…寂しいよ」

寂しい


ううう、私も泣ける。
素直になるって難しいよね。

響け!ユーフォニアム 
以前の記事
コメントについて
うっかりコメントのタグを削除してしまいました。復旧出来ないので当分のこのままになります。すみません〜。
最新のコメント
管理人プロフィール
うみ
O型 水瓶座
座右の銘
「唇に歌を心にユーモアを」
「クール&ソウルフル」
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ