2020年06月07日

劇場版「響け!ユーフォニアム」

緊急事態宣言も解除されてようやく映画館も再開され始めました。
そんな中、「響け!ユーフォニアム」が上映していることに気が付き、
早速2本続けて観に行ってきました。
私はテレビアニメは引きこもり中に1期2期とも2周しましたが、
劇場版は未見だったので胸が高鳴るばかりです。


映画ユーフォポスター


ちなみに1作目の「北宇治吹奏楽部へようこそ」はテレビアニメ第1期の、
2本目の「届けたいメロディ」は第2期の総集編となっております。


すごい良かった〜!!!


総集編なので色々慌ただしいのではないかと思っていたんですが、
全くの杞憂でした。
特に1作目は秀逸でテレビ版で印象に残るシーンは残してくれていて、
物足りなさも無く編集の上手さに唸りました。
大吉山での美しい麗奈ちゃんが大画面で堪能出来たし!
あとやっぱり映画館で演奏を聴くと迫力違いますね。
たまに映画館なのか作品によってなのか分かりませんが
音量が大きすぎてうるさいなと我に返ってしまう時があるんですが、
とても聴きやすくてちょうど良い感じ。
物語に没入したまま演奏シーンも心地よく身をゆだねることが出来ました。
そして京都府大会の興奮のままエンディングを迎えたので、
映画が終わった瞬間に思わず拍手をしたくなったほど!

2作目の「届けたいメロディ」の方は原作本2冊分なので、
カットされた箇所も多かったですが、
「三日月の舞」の演奏シーンが全部聴けてとても良かったです。
ただ最後のあすか先輩との別れのシーンのBGMが
テレビ版で流れていた曲とは違っていたのでちょっと残念でした。

でもまさか2016年と2017年に公開された映画を
劇場で観ることが出来るなんて思いもしなかったので
コロナは腹立たしいけどこれは嬉しい〜!
しかも今なら1100円で観れるんですよ!
あと映画館前に貼られていたポスターも公開当時のままで
それも面白いし実際観る事が出来て有難い。

館内はソーシャルディスタンスで両隣3席は誰もいませんでした。
観客としては両隣を気にしなくてよくて、
めちゃめちゃ見やすくて快適なんだけど、
劇場側からしたら採算が取れ無さそうで心配になります。
ちなみに私が行ったところは「届けたいメロディ」の方だけ
映画パンフが残っていたので即購入しました。
きっともうすぐ(今週中とか?)終わってしまうと思うので
みなさんも今のうちにぜひご観賞お薦めします!
上映館はこちら↓

「北宇治吹奏楽部へようこそ」

「届けたいメロディ」

3作目の「誓いのフィナーレ」と「リズと青い鳥」はこちらから。



響け!ユーフォニアム 

2020年05月11日

「響け!ユーフォニアム」でタワゴト

(注:今回殊更に支離滅裂な文章となっております)


「響け!ユーフォニアム」がリアルタイムで放送されていた頃、
人気があるのを知っていたし、お薦めされたりもしたのに
つい観るをの避けていました。

というのも私がアニメやドラマを観るにあたって
気になることがあるんです。
それは「あざとさ」が無いか?ということ。
ドラマでは主に泣かせにかかったり、
アニメでは妙にエロを強調されたり。
正直な心境を吐露すれば「あざとい」演出には
もう辟易しているのです。

例えば、作品を見入ってるときに急に差し込まれる
女の子の胸がボヨヨンと揺れる描写。
もはや伝統芸のように記号化されていて、
気持ちの上ではもう何百回も観た気分。
このシーンがあるだけで「またか」とうんざりしてしまうのです。
単純に不快感もありますが、
視聴者をバカにしているとしか思えない苛立ちも感じるのです。

ハイ、ここエロいですよー。こういうのみんな好きでしょー。

みたいな!私たちは幼稚園児か!
エロっていうのはそんなに分かりやすいもので良いのか!
制作者の意図のないシーンでほのかにエロを感じる方がいとをかし。
奥ゆかしきかな日本の美。日本のエロ。日本の夏。


最初ユーフォのキャラを観た時、妙に色気を感じてしまって
もしそういうあざとさがあったら私はガッカリしてしまう、
お薦めされた人に作品気に入りましたと嘘つくのも嫌だし
どうしようと思ってしまったんですが、
そんなことはありませんでした。
という訳で、もし私と同じように思って二の足を踏んでいる方が
いらっしゃったらそんな心配はいりませんと
肩を抱いてあげたいのです。

主人公の久美子は高校生になれば胸が大きくなると思っていて、
それが嘘であったことにガッカリしたりしますが、
ボヨヨン表現無しで原作にもあるシーンです。
そう原作も読み始めました。現在2巻まで読み終わりました。
久美子以外はみんな京都弁を話しているので、
最初はちょっと違和感がありますが
文章が読みやすいのですぐ慣れます。
でもクールビューティーな麗奈が関西弁なのは
ちょっと可笑しくてつい笑みがこぼれてしまいます。

そしてアニメはすでに2周目に入っております。
アニメを観ながらこれは、女子あるある、学生あるある、
吹奏楽部あるあるの全てが増幅器の中に入れられて
綺麗で好意的な方向に最大限に増幅されて
キラキラと輝く物語として紡ぎ出されたものだなぁと思いました。
だからきっとリアルな学生が観ても嵌るけど、
大人の方がより刺さると思う。
みんな真っ直ぐで誠実で青くて一生懸命で。
大人から観ると人物の内面も行動も、
羨ましいほど眩しくてキラキラしている。
そして内面だけでなく背景からキャラの瞳も頬さえも
光の描写があってキラキラしているから
もうキラキラもキラキラ。
強い輝きを放って惹きつける。

ああ、学生時代に戻りたい。あんな青春をもう一度。
なんて錯覚を起こすほど。
そもそも、そんなキラキラした青春なんて
過ごしたことないのに!図々しさ極まりない!

そして「特別」がキーワード。

「特別」になりたい麗奈と、
周りから「特別」だと思われているあすか先輩。
そしてみぞれにとって希美は「特別」

私たち大人は知っている。
「特別」は危うい。
賞賛と孤独が、希望と呪いが表裏一体となっている。
大人になると「特別」なんて厄介だとさえ思ってしまう。

だから「特別」になりたいと思う麗奈は気高くて眩しい。

そんな事をつらつらと思う日々。
何が言いたいかといえば、緊急事態宣言が出て引きこもり中に

みんなユーフォニアム観て〜!

dアニメで観れるよ〜。月額400円(税抜き)だよ!お手頃だよ。
ユーフォの他に「鬼滅の刃」(2周目)と「このはな綺譚」も観ています。
蓮と棗が可愛い。

あー、それにしても不要不急の外出が出来ないの飽きました。
早く旅行とか不要不急の遠出が出来ますように。

タワゴト響け!ユーフォニアム 

2020年04月05日

「響け!ユーフォニアム2」10話の姉妹編

「響け!ユーフォニアム2」観てます。
もうね、もったいないので休日に1話ずつ観ていて今11話まで観ました。
全部良い話なんですが、特に10話泣けたよねー。
メインはあすか先輩の話なんですが、私が泣けたのはサブの姉妹の話。
主人公の久美子は2人姉妹で大学生のお姉ちゃんがいるんですが、
大学を辞めて家を出て行くと言うんです。

長子って親の期待やら希望やらがストレートにぶつけられるので、
それに対して何だかんだ反抗しつつも結局は親のこと好きだし
親の言う事に結果的には従っちゃうんですよね。
だから自分が自分じゃないというか、自分はロボットみたいで
親に遠隔操作されているような感覚があって、
親に自分が乗っ取られるような恐怖が心の奥底にあると思う。
お姉ちゃんの麻美子は大学生になって、自分の希望した進路とは
違う道を親に進めさせられたと思って大学を辞めると言い出すんです。

久しぶりに姉妹で話す機会が生まれます。
麻美子は妹の久美子のことがずっと羨ましかったと言います。

「好き勝手やって父さんも母さんもあんたの我がまま聞いて」

久美子は言います。

「お姉ちゃんの方がどう考えても贔屓されてたよ。
お母さん、お姉ちゃんばっかり褒めてたし。
私の方がいつも拗ねてたんだけど」


こういった立場の見方によるすれ違いは、
姉妹兄弟あるあるかもしれませんね。

お姉ちゃんは言います。

「まあ、自慢の娘だったっていうのは認める。
でも、もう演じるのは止めることにしたの」
「後悔も失敗も全部自分で受け止めるから自分の道を生きたい。
そう素直に言えば良かった。反対されてもそう言えば良かった。
だから今度は間違えない」


あああ、お姉ちゃんもまだ若い〜!
初めての決意だから意気込んじゃうのは分かるけど、
自分が選んだ道がもし向いてなかったときに、
また追い詰められちゃうじゃないかー。
希望ある決意が、悲壮な決意に呪いの言葉に変わっちゃう。
だから間違えても良いんだよって、何度だって
トライ&エラーして道を見つければ良いんだよって
本当は親が言ってくれたら良いのにな。

そして、家を出ていくことを決めたお姉ちゃんは久美子に
「寂しい?」って尋ねます。
久美子は「別に」と答えます。

「そっか。私はちょっと寂しい。ちょっとだけどね」

ユーフォお姉ちゃん


次の日の朝。お姉ちゃんはすでに家を出ていったあとでした。
電車の中で窓の外をぼんやり眺める久美子。

窓


お姉ちゃんとの楽しかったり悲しかったりした想い出が頭に浮かびます。
楽しいことばかりじゃないのがまた心に沁みるんです。
そして。

ユーフォ涙01
ユーフォ涙02
ユーフォ涙03

いつの間にかボロボロと涙が溢れてきます。
久美子は自分が泣いていることに驚いて
何とか涙を止めようとしますが止まらず、
電車の中なのに嗚咽が抑えられません。
そしてお姉ちゃんに言えなかった本音がこぼれます。

「私も…寂しいよ」

寂しい


ううう、私も泣ける。
素直になるって難しいよね。

響け!ユーフォニアム 

2020年03月24日

思いの丈を語りたい

響け!ユーフォニアムを見終わり(大変良かったです!)
いよいよ2の方を見始めました。
一応、初代ユーフォを見始めるときに「リズと青い鳥」に出てた
みぞれと希美を気にしていました。
最初に夏紀先輩が出てきたとき、あ!希美だ!と思ってたら、
あれ?名前違うなー別人だったかーと思ったり。
そのうち物語に没入し始めるとすっかりそのことを忘れて、
青春最高!と血沸き肉踊りし、初代を見終え、
そのまま2を見れる己の幸運さに感謝しつつ見始めたら、
いきなり鎧塚先輩としてみぞれが出てきた訳ですよ。
驚きましたよね。
だって私が知ってる「リズと青い鳥」のみぞれはこちらなんですが、


ユーフォ_みぞれ02


テレビ版のほうのみぞれはこんなだったんです↓


ユーフォ_みぞれ



見目が全然違う〜!
希美はそれほど変わってない気がするんですが、
みぞれの変わりようにはビックリですよ。
私は「リズと青い鳥」から入ったクチなのであまりの美少女っぷりに
ただただ唖然呆然となったんですが、テレビ版から映画版見た人で
特にみぞれのファンはこの見目の変更を受け入れられたのだろうかと
勝手に心配になってしまいました。
もしテレビ版のキャラデザのまま「リズと青い鳥」をやったら
絵的にも更に百合が表立って萌え映画として評判になりそう。
浅薄な私の想像ですが、萌えよりも物語に集中してもらいたいから
キャラデザインが変わったのかもしれませんね。知らんけど。
いやー、それにしても面白い。
「リズと青い鳥」のみぞれと希美は高3で、
テレビ版だと2人はまだ高2で1年前になるわけですが、
なるほどこんなことがあったのかと(現在4話まで見ました)
巻き戻って知れるのも面白いです。
あー、もったいなくて見終わりたくないなぁー。

そして鬼滅の刃は全て26話まで見終わりました。
こちらもすごい映像キレイだし面白かった!
特に禰豆子をはじめ胡蝶さんやカナヲたち女子がみんな可愛い。
驚いたのが敵のラスボス鬼舞辻の女性の姿のかっこよさに
思わず目を見張りました。姐さんて呼びたい!

きぶつじ01
きぶつじ02


それにしても鬼滅とユーフォの2作品を同時進行で見ていたので
振り幅すごすぎて。少年と少女の心を行ったり来たりですよ。
でもまた2周目したいなぁ。

タワゴト響け!ユーフォニアム 

2020年03月16日

ヒトゴトですから! 1巻

「鬼滅の刃」と「響け!ユーフォニアム」順調に観ています。
ユーフォは8話のお祭りの回が神回でした!
麗奈ちゃん気高く美しい。
やっぱり学生のうちは客観的になっちゃダメだな。
大人になったら気恥ずかしくなるような言動であっても
純真さゆえの美しさがそこにある。
そして鬼滅の刃はやっぱり禰豆子可愛いよ禰豆子。

とここまで書いてその後、ユーフォ11話まで見ました。
私ってば何冷めたような事言っちゃってんの。
なーにが気恥ずかしいだ!反省します。
再オーディション見てみんなの熱さが伝わってきましたよ。
いやもう麗奈ちゃんの信念もすごいけど、香織先輩もえらい。
負けを認められる強さ、大人になったってなかなか持てませんよ。
そして麗奈ちゃんを勇気づける久美子の信じる心も強い。
それにしても、部活怖い〜。オーディションも怖い〜。泣くわー。


さて。
「憎らしいほど愛してる」を描かれたユニさんの新作漫画
「ヒトゴトですから!」を読みました。





営業二課で仕事も恋も満喫していた美緒は突然人事部に異動になる。
華やかな営業に比べて地味に思える人事部で、地味な見た目の先輩、
山野辺の指導を受けながら人事という仕事に理解を深めていく。

という百合を楽しみつつビジネス書的な仕事に役立つ知識や法則なども
知ることが出来るという一粒で二度おいしい作品となっています。

私が面白いなと思ったのが、
主人公の美緒は仕事も出来るし恋にも貪欲で
取引先の女性クライアントも落としちゃうのに、
同じく女性が好きな先輩・山野辺とは恋仲にならない。
もちろん今後はどうなっていくかはわかりませんが、
今のバディ的な距離感も良いなぁ、なんて思います。
2巻も楽しみ。お薦めです。

ところで私はこちらの映画は観てはいないのですが、
元カルト信者の私が『ミッドサマー』に覚えた既視感
こうして人はカルトにハマっていくのかと興味深く
読み進めていたのですが最後のオチに吃驚しました。
カルトの洗脳を解いて救ってくれるってすごい!

百合マンガお薦め 

2020年03月10日

定時にあがれたら 3巻

新型コロナのせいで外出する気にもあまりなれず
休日はもっぱら引きこもりっぱなし。
うん、新型コロナのせいにしたけどその前から休みは
約束が無ければ面倒なので引きこもってたな!早速嘘ついた!
でも仕事の方にもそれなりに影響があって仕事量が減っているので
人数もそれほど要らず、休みたい人は今のうちに休んでいいよー
との事なので少しばかり心と身体に余裕が生じた3月。

なので「鬼滅の刃」と「響け!ユーフォニアム」を見始めました!
現在両方とも6話ぐらいまで見たけど、さすが2作品とも面白いわー。
鬼滅はアニメの刀の水の描き方が美しい。北斎画みたい。
主人公の炭治郎が一生懸命で可愛いし、鬼になってしまった
妹の禰󠄀豆子も強くて可愛い。2人を応援したくなる。
これは母性本能がくすぐられるなぁ。
老若男女みんなに人気なのが分かりました。

そしてユーフォ。こちらも作画も美しく、
女子高生たちのあの意見がまとまらず文句言ってる感じもリアル。
で、やっぱり高坂さんが気になる!
久美子たちとなかなか仲良くならないところも、
もどかしいけどリアルな気がする〜。
そんな感じで今後も2作品とも楽しみに見ていきます。


長々ととりとめのない話をしてしまいましたが、
ようやく「定時にあがれたら」の待望の3巻の感想です。
ネタバレしているのでまだ読んでない方はご注意を。




今回、佳代子の友達の真尋ちゃんも女の子が好きだと
いうことが分かり、佳代子の高校時代が描かれています。
そして真尋はその時からずっと佳代子の事が好きで
流れから思わず告白してしまうのですが、
この後の流れに分かる〜!て唸ってしまいました。

定時01

うまくいかなければいいって思った。
「女の子を好きになったことがある」って経験だけ残して
私のところに帰ってきてくれたらいいのにって


こう思ってしまった真尋ちゃんは自分はまっすぐぶつかることも
出来なくていつもずるいやり方だと思うのですが、いやいやいや
めっちゃ分かるよ。誰だって怖いもん。そう思っちゃうよ。
否、それの何がいけないのか!とまで私は思うよ。
そしてその後、佳代子に電話を掛けるのですが
香里が突然会いに来たので佳代子は電話に出られず。
そして真尋は思います。

「出なくてよかったのかもしれないなあ」
 つまらない賭けだ
「この電話にもしかよが出たらちゃんと言おう
 …なんて」


あるあるある!!
自分の気持ちに踏ん切りつけるために些細な賭けしてみること!
で、踏ん切りつかなきゃまた次の賭けしてみるんだけどね。

ということで今回は真尋ちゃんに思い切り感情移入していた訳ですが、
佳代子と香里の2人もお互いの気持ちを確かめ合いながら、
少しずつ心の距離を近づけていきます。
甘酸っぱいなあもう!
やっぱり少女漫画って良いもんですね。

百合マンガお薦め 

2020年02月01日

放課後総集編





控えめに言っても「最高!!」でした。



大島 永遠さんと大島 智さん合作の「放課後」シリーズの総集編。
各話読みたかったのですが電子書籍だったので読むことが出来ず。
気付いたら総集編として本になっていたので、多少お高めでしたが迷わず購入。
(ちなみに私は1870円で購入しました。現在送料込みで3000円超えとかなり
高額となっています。激しく価格が変動しているのでお気をつけください)

いやもう買って正解でしたわ!!

しいねといちかは2人とも可愛いし、この2人の百合キスがたくさん見れるし、
キスだけでも全然飽きないし、
なんだかエロいし、でも男性が好みそうな過剰な変なエロさじゃない。
キスと共に心の交流も描かれているからなのかな。
2人の気持ちの変化もやきもちもとても自然で分かる。
展開が早くないのがまた良いんです。
心の動きが丁寧なので2人の気持ちに寄り添える感じ。
これはもうたまらない贅沢、至福のひと時ですよ!!
あー、ビールが美味い!!
飲んでないけど。

あとがきを読むとまだ2人の恋は続くようなので、もう大変嬉しい!!
私の好みどストライクを描いてくださる作者さまに感謝です。
百合キスがお好きな方なら買って損はなし!むしろお買い得!
しいねといちかの恋を応援しています。

由真×桃香(女子高生) 

2020年01月29日

新年の抱負、アニメ「推し武道」も、まとめて。

新年も明けました。
今年は暖冬過ぎて、まだ1月なのにもう5月くらいな気持ちになって
落ち着いちゃってます。ここのブログも、

「いつ来ても言ってることやってること変わらないなおい」

をポリシーとし、廊下の隅っこで語り合うような
細く長ーく変わらない成長しないダメで安心出来るブログ作りを
心掛けていく所存です。


さて、今期のアニメ。豊作です。

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」面白い!

もうアニメのキャラクターの原作再現率が素晴らしすぎる!
色彩も淡くてキレイだし、何よりえりぴよさんが好き過ぎる。
えりぴよさんが歌うエンディングの「♡桃色片想い♡」も最高。





えりぴよ役の声優、ファイルーズあいさんが
本家のあややと張るくらい歌上手い。
もちろん、「Cham Jam」が歌うOPも幸せいっぱいで良いです。





見る前は原作のシュールな感じをどうアニメにするのか
勝手に心配していたんですがもう全然杞憂でした。
きっと脚本、構成、演出の全てが見事なのでしょう。
毎回アニメを見終わると、
「今日もえりぴよさん最高だった!めっちゃ楽しかったー!」て、
日々の仕事でささくれた私の心をほんわかと温めてくれます。
良いアニメだなー。
ちなみに「Cham Jam」メンバーの中ではあーやが好きです。
メイド喫茶で遭遇したとき、えりぴよの強引な否定に
うっかり納得しそうになるところがアホな子で可愛い。
デレでの鮭の切り身パフェのセンス最高だし優しい。
更に会った事がうっかり舞菜に伝わってしまい、
ステージ上からえりぴよさんにごめんのレスをする。
けっこう義理堅いところが良いのです。


そして「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」も面白い。
あちこちウテナみ溢れてて見てるとついニヤニヤしちゃう。
もうこれ絶対影絵少女じゃん!て思うし。
この後どんなストーリーになっていくのか楽しみです。


あと全然百合じゃないけど「ドロヘドロ」も面白い。
けっこうグロテスクなシーンも多いけど惹き込まれます。


最後に。
美少女戦士セーラームーンから百合界のカリスマはるみちの腕時計が!!
さりげないデザインで好きな人じゃないと分からない所が良いです。


アニメ 

2019年12月04日

やがて君になる 8巻

あっという間の12月。
そして最終巻となる「やがて君になる」の8巻を読みました。





発売日当日に購入してすぐ読んではいたんです。
でもあまり心を揺り動かせられると、
もうねフィジカルの方に影響がきちゃって。
まさか2人のお泊りシーンがあれほど
丁寧に描かれるとは思ってませんでしたよ。
この動揺から察するに私は勝手に2人のことを
大変よく知ってる知人みたいに思っていたようでして、
見てはいけないものを見てしまったみたいな
こっちが照れちゃうみたいな。
2回目読むのに心身落ち着くまで3日間くらい置いたからね。

いやあでも本当に大団円で良かったです!
2人の物語として最高でした。
好きな人に会えるとなると走っちゃったり、
2人の関係に名前を付けて確かなものにしたかったり、
侑の変わりようときたら!
恋は人を変えるよね。
この先、色々悩んだり迷うときがきたとしても
今まで2人で積み重ねてきた嬉しい事、つらい事、悲しい事全てが
これからも続いていく未来の希望の道しるべになるんだなという
明るい未来が感じられました。

そして2人は先輩後輩なんだけど恋人同士になったら、
なんだかすごい対等な感じで素敵。
やっぱり侑の方がしっかりしてるのかもね。

ygakimi01



こちらは追記になりますが、仲谷さんのインタビュー後半記事によると、
次回作は百合メインではないとの事。
それも良いかもと思うほど、今作品の完成度は素晴らしいものでした。
ちょっと笑っちゃたのはお泊りシーンが作者自身もエロいと思ってたこと。
やっぱ、ですよね!
作者の仲谷さんには感謝しかありません。
素敵な物語を読ませていただきまして、
本当にありがとうございました。

「やがて君になる」 

2019年10月25日

定時にあがれたら 2巻

感想が遅れましたが、待望の2巻が出ましたー!





大人百合で少女漫画!稀有で尊い!
2人がとても可愛くて読んでて顔が綻んでしまうんです。


01


恋人同士の普通とは何ぞや?
そんな戸惑いが生まれたときに、
お互いの気持ちを言葉にして2人のペースで
一緒に決めていけるのって素敵な関係ですよね。


02


2人の距離の縮め方が微笑ましくて悶えるばかりですが、
特に一番キュンと来たのがこちら。

03

04



殺す気か!!


あまりのピュアさに悶え死ぬかと思った。
もうほんと学生みたいで可愛すぎる〜!
でも恋するとこんな風になるよねー。
うん、なるなるー。記憶が遠いけどー。

とにかくずっと仲良しでいて欲しい〜!
なんて、2人の永遠の幸せを願ってしまうくらい好きです。
3巻も楽しみです。

百合マンガお薦め 
以前の記事
コメントについて
コメントありがとうございます。でもすぐに反映されません。 新しい記事を更新する際に承認お返事させて頂きます。ですので多少お時間が掛かってしまいます。何とぞ広い心でお待ち下さいませ
最新のコメント
管理人プロフィール
うみ
O型 水瓶座
座右の銘
「唇に歌を心にユーモアを」
「クール&ソウルフル」
一言から長文までお気軽にメッセージをどうぞ
記事検索
blogram投票ボタン
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ