2008年10月14日

グズを直せばなんとやら。

グズをなおせば人生はうまくいく―ついつい“先のばし”する損な人たち

グズグズするな!
って怒られた覚えは特にないんだけどなあ。
ついつい”先延ばし”してしまうのはよくあること。
先日引越しをしたのですけどもね。
引越しをしよう!と決めて手をつけたのはその日のうち。
ただ、その翌日からは何もせず普通の日々が続く。
色々な催促やらなんやらがきてようやく重い腰を上げて諸々の手続きを済ます。
結局3週間後に引越せたんですけど、ガッツリ動いたのは後半の5日間ぐらい。

ちょっとしたことでもグズの仲間入りなんだってさ。
・ゴミを出す日に出さない
・ファミレスなどでメニューに迷う
・忙しくて○○できなかったと言い訳
とかもそうだけど
・フリーター、ニート
もある意味そうらしい。っていうかそうだ。
ほんのちょっとした気の持ちようでいくらでも変わるらしい。
プラス思考ってやつだ。
言霊信仰じゃないけど、言ってりゃなんとかなるみたいな。
なんでも前向きに考えられる人は本当にすごいと思う。
特に松岡修造とかなんなの、あれは。
元気があればなんでもできるって松岡修造なんじゃないの。

頑張れ頑張れできるできる絶対にできる頑張れもっとやれるって!!
やれる!気持ちの問題だ頑張れ!頑張れ! そこだ!そこだ諦めんな絶対に
頑張れ積極的にポジティブに頑張れ!頑張れ!北京だって頑張ってるんだから!!

絶対にルームシェアしたくないね。

2/100

続きを読む

勉強とか読書とかの秋。

なぜ勉強するのか? [ソフトバンク新書]
前回の日記では書いてなかったけど、こっそり読みましたよ、と。
そもそも勉強することって何か意味あるのかなと。
この本の対象は恐らく高校生だと思うけど、まだ高校生から抜け出してないから大丈夫。
いや、全然大丈夫ではないけど。

教養つけたいなあ、って漠然と思ってて前回みたいな今後やりたい分野とか書いちゃったけど、そもそも教養ってなんなんだっていうところがわからない。
文化系トークラジオLifeっていうのを友人に教わって「教養」の回を聞いてみた。
が、ほとんど覚えてない。
ダウンロードしたからまた聞いて覚えてたら感想書く。

んでこの本なんだけど、著者が何か見覚えあるなあ、と思ったら
鈴木光司さん。「リング」とか「らせん」書いてる人。
内容について触れるのはちょっと難しい。
なぜなら同じような系統の本をまとめて読んだからどれがどれかわからないから。
日を追うごとに多分自分なりのなんらかの形が出てくると思う。
ただ、こう国を立て直すために教育からやろうぜ、っていうのは半分同意。
学校教育だけでなく家庭でも教育するんだっていう意識改革からやるだろうし、学校教育の場で起こった不祥事で失った信用を取り戻すことも重要だろう。
それには教員免許の更新とか点数制?だとかの導入が検討されているらしいから、導入をするのは政府だったり文科省だったりするはずだからそこで政治が絡んでくる。
難しいことだとは思うけど長期的に見てプラスになるようなことはどんどんやってみてほしい。

と、ゆとりの被害者より。

これで1/100。
ってこれ1日1冊ペースで100冊終わらないじゃん みたいな。
2冊読めるかな、あんまり時間ないけど。

続きを読む

2008年10月05日

10月革命。

2年毎、秋になって人生においてのトランジションが起こってる気がする。
もう何度言ったかわからないけどこれからブログの頻度増やすよ。
こう、一つ刺激受けるとしばらく続くんだけど、
一定期間過ぎるとすごく萎えるのがここ一ヶ月ではっきりわかった。
どのぐらいの期間なのか、っていうのが2週間〜1ヶ月なので、
2週間ごとぐらいに刺激を受け続けないと行動が起こせない。
これは自分で作り出さなければいけない刺激なので何かをする。
そこで、ブログに書くっていう前提で過ごせばモノの見方が変わるとか
たまにいってる人いるじゃない。そういうこと。

とりあえずテーマは読書の秋っていうことで本。
たくさん読みたい。目標100冊。
最初は3月までにって思ってたけど秋じゃなくなるので年内に。
過去に読んだ本でも読み返したら1冊換算。

何冊か並行して読もうと思っているので現在読んでる本。
グズをなおせば人生はうまくいく―ついつい“先のばし”する損な人たち
カーニヴァル化する社会 (講談社現代新書)
現代思想のパフォーマンス (光文社新書)
若者殺しの時代 (講談社現代新書)

新書しか読んでないというか、最近は社会学とか若者論みたいな所に興味がわいてきたので
こういう感じの傾向になってる。
「グズをなおせば〜」の本は知人に紹介してもらった。
当たり前のことを当たり前に出来ないと損をするって、
そのこと自体が当たり前なんだけど、正直に指摘してくれた。
引越し作業やってて、色々と後回しにしてきて現在大変面倒になってます。
この本読んですぐに作業開始してたらちょっとは気合はいってたのかな、なんて。
優先順位の高いことからやるとか当然なんだけど出来ないんだよね。
なぜかっていうとグズだから。
あんまり認めたくはないことだけどまあ、グズなんで。

こうやって行動起こすのが苦手な人って最近多いみたい。
その先を考えると行動自体が無駄に思えてくる人が。
例えば、年金で返ってこないのに納める必要がないと考えたり、
普通に生活する分にはフリーターで十分だとか。
必要に迫られないとやらないっていう人。
この辺突き詰めるにはまだ勉強不足なので勉強します。
ブログつかって無責任に垂れ流したいがために本読むよ。

今適当に思いついたやりたい分野
・情報系・メディア系・著作権・経済(サブプライムに影響されて)
・現代社会論・現代思想・若者論・労働論・世界史・理科
・ケータイ、子供、教育・言語・ビジネス英語・芸術 などなど
まあ要するに教養が欲しいってだけで。
あとは理想の大学生活像についてゆっくり考えます。

今日はこんな感じ!
2008年08月26日

うわーん。

ブログを思い出したように書くのが趣味みたい。

デザイン変えたこと忘れててあれ?って思ったけど
そういえば変えたかも、なんてちょっと思い出す。
いやー環境が一気にごろごろ変わるもんでなんともいえないけど
勉強なんて全然やってないよ。
ぐだぐだと日々をすごしているだけ。
ただ、これからはちょっと大変動が起こったので報告がてら、アフィがてら
こっちのほうの更新もしてみようかなとか思ったり。
受験期に相互リンクした人たちってほとんど更新してないよね。
もう消してしまってるけどいい思い出です。
今何やってるんだろうね。

そんな感じです。(何が
2008年06月16日

わかったわかった。

またちょっと更新。

いろいろあって単位とかおもしろいことになってます。
だから語学の単位を検定で取ろうと思って参考書揃えました。
ブックオフがすごい便利。どうしよう。

で、本は揃えたもののやりづらいね。
問題を解いていく形式の本とか単語の本とかは揃えた。
けど文法書とかが英語に比べてかわいそうなくらい少ない。
授業でやってた教科書はあるけど、英語の受験参考書と比べるとやりづらい。
検定で単位取るメリットはA+で取れるのと、授業がその分取れること。
あと語学を習得出来うるっていうところか。
デメリットはとてつもなく面倒なこと。
その面倒さ具合ときたらもうね。ありえないくらいだからしょうがない。
取れるかどうかもわからない検定に時間費やすなら
むしろ英語とかコンピュータとか、本読んだりしたほうがいい気もする。
やるかどうかわかんないけど一応揃えましたよ、っていう報告。

今更!