18
バージョン1.12が公開されましたね。
いえーい。1.12いえーい。
コンクリートパウダーとかコンクリートとかが作れるようになりました。
砂4つと砂利4つ、そしてどれかの染料を1個でコンクリートパウダーが作れます。
そして、それを水に付ける事でコンクリートを作る事が出来ます。
でも、なんかこう、作るのめんどくさい気がするので、
少しでも手間が減る装置は作れないか、考えてみました。
ちょっと要改善点はありますが、そこそこのものは出来たかなと思います。
たぶん便利だと思います。




02
というわけで試作してみました、コンクリート製造装置です。
スナップショット時代からスーパーフラットモードのワールドでこつこつ考えてました。
ちなみに何度か作り直し、これが試作4号機くらいです。

全自動とまではいかないけれども、半自動装置くらいなら、
まあ名乗っても良いような気がするものです。
色々考えてみた結果、これがコンパクトかつ量産力が高いかなと思います。

あ、右に写っている仰々しいチェストとかホッパーとかは、
ただの自動仕分け装置(まだ準備中)です。
コンクリート製造装置本体は真ん中のやつです。
地面から結構高い位置にあるのは、この自動仕分け装置のせいです。
それを作らないなら、地面すぐそばから作っても問題無いです。

前回の64連かまどの前に作っていたやつですので、
今回の記事の画像はかまどが写っていたりいなかったりするかと思いますが、
そのあたりは気にしないで戴けるとありがたいです。


59
このコンクリート生産装置、大きく分けると、上層と下層の2つに分かれています。
まずは下層の紹介から。
こんな感じの場所を作りました。
奥行き12マスです。
幅は、左6マス、中央のトラップドアの部分が3マス、右が6マスです。
木材を使っているのは、ツルハシで壊しにくいブロックから選んだ結果です。
コンクリートはツルハシで回収するのですが、その時に壊してしまわないように。


22
トラップドアの部分には、こんな感じで下にホッパーが敷き詰められています。
この先にチェスト置いて回収場所にするなり、自動仕分け装置に繋いでみるなりします。
ホッパーは取りこぼしが無いように3マス幅にしました。
12×3マスなので使ったホッパー数は、ええと・・・うん。



00
ここに水を流します。
この外周の部分にこうやって水源を並べると・・・


11
こんな感じで、いちばん中央のところが水流の一番端になります。
水が浮いているのはトラップドアのせい。
1マス未満の上にある水は浮いた状態になります。


56
両側に水源を置くとこんな感じに。
中央の列のトラップドアの上の水流は相殺されて、流れない水の部分になります。
この中央の列が、コンクリート製造装置のメイン部分です。
ここにコンクリートパウダーを浸す事で、コンクリートを作ります。

まあ、この辺もっと工夫できるかもですね。
ホッパーの数の節約とか。鉄に余裕がなければ1マス幅だけでもいいかもしれません。
取りこぼしが無いようにと考えたら、ホッパー3マス幅のこんな感じに・・・。
そもそもホッパー自体必要ないかもしれない。
回収の補助のために作った物だし。歩いて回収しても全然問題ないはずですし。


10
続いて上層部分の紹介。上層部分はこんな感じです。
どこかで見た事ある人いるかもですね。
そう、自動砂埋め装置です。
海底神殿の水抜きとかでよく使われるやつです。
色々考えたんですが、どうやらこれが一番楽な気がします。
作り方は・・・まあ見たままですが、詳しく知りたい方はググってね!(丸投げ)


00
ここにこうやって、レッドストーントーチの上にコンクリートパウダーを置きます。
トーチの上に置きにくい場合は横に何かブロックを置くと置きやすいですよ。

んで、そこにコンクリートパウダーを置くと、
ピストンでパウダーは押し出され1マス動き、そして下に落ちます。
マウスをクリックし続けていれば、そのまま次のパウダーが装填され、
ピストンに押されます。
右クリックし続けるだけでそれだけで、自動でパウダーをどんどん並べてくれるのです。


05
下に落ちたパウダーは、自由落下の後に着水し、
下1マスだけがコンクリートに変わります。
ちなみに本来は、下付きトラップドアなど1マス未満の所に
砂などの落下系ブロックが落ちると、落下系ブロックはアイテム化します。
砂採取の時に松明を使うあのテクニックですね。
なので本来はコンクリートパウダーもアイテム化して積み上げれらない筈ですが、
その1マス上には水があります。
水に浸かったコンクリートパウダーはその場でコンクリートに固まります。
なので、こんな感じで積み上げられるのです。


47
後は、こうやってコンクリートの部分に向かってツルハシを振るだけ。
コンクリートは壊れてアイテム化し、1個上のコンクリパウダーが自然落下し、
すぐ水に浸かり、新たなコンクリートになります。
コンクリパウダーが残っている限り、
私は左クリックし続けるだけでコンクリを採取出来ます。
採取中は水の中なので本来は息が出来ない筈ですが、
この部分は水流の端ですので高さが無く、水の上に顔が出るので呼吸も普通に出来ます。

アイテム化したコンクリは周りに散らばりますが、
それは周囲の水流とホッパーが自動回収してくれます。
トラップドア部分が高さ1マス以下の床になっていますので、ホッパーが機能します。
ちなみにトラップドアで無くとも、
ハーフブロック系とかソウルサンドとかでもいいんですけれどもね。
でもトラップドアにしました。
トラップドアなら高さがそこそこ低いから、
上に乗った時に顔の真正面にコンクリがあって採掘しやすい、そんな気がします。


48
以上、コンクリート生産装置、ひとまずこんな感じです。
上層は右クリックを、
下層は左クリック(と少しの移動キー)を押し続けるだけで採取出来る、
クリックしっぱなしだけでコンクリートを作れる事に特化した半自動装置です。

どんどん並べてどんどん作れます。
一応、自動砂埋め装置のピストンが停止する12マス先まではパウダーを並べられますが、
もちろんパウダーを並べきらなくても採取出来ます。



29
ちなみに別バージョンも考えてみました。
砂埋め装置のピストン前に石を12個並べて、そこから手が届く5マスの石を壊します。
手が届く範囲限定でパウダーが積み上げる感になるかなーと。
高さも高い位置にもう1つ作ってみました。


31
離れた位置から見るとこんな感じに。
試しに上と下の2段に自動砂埋め装置を作ってみました。


50
しかし、こちらは失敗しました。
なんか積み上がるの遅いなーと思ったら、
え、何これ。
パウダーが0.5マス程半端にはみ出している。
このバグの影響かどうか分からないけど、パウダーが積み上がりませんでした。
原因が良く分からないけど、砂を落とすのが高い位置すぎるとこうなるのかな?
ちなみに高さは最初のやつが水面から+10、バグった方は+55の高さです。
高すぎると砂が積み重なるタイミングの都合とか、ピストンが押し出す速度の都合とか、
そういうのが絡んでくるのかなーと。なんとなくな推察ですけど。


18
最初に作ったほうは安定しているようで、こちらは問題無く使えます。
良かった。良かったけど、なんであっちが駄目でこっちが良いのか分からん。


42
あ、もうひとつ問題点が発覚。
時々上手くコンクリ化できずにパウダーのままになってしまう時があります。
うーんこれは多分、水流の下に設置したトラップドアのせい。
時々ちゃんと水がかからずに落下してアイテム化してしまった物が何個かあるようです。
変に凝った物を作ろうとして失敗してしまった感があります。
でもまあ、それはパウダーを回収してまた作ればいいか。

4スタックずつ作ってみたけど、オレンジなど微妙に個数が足りないのは、
さっきのバグの影響でしょうか。それとも単純に回収漏れがあるのかな。


30
ううむ、下の砂埋め装置がいっぱいになってから、
上の砂埋め装置を使ったら、今度はバグらずに安定して積み上がりました。
ふうむ、良く分からんけど、とりあえずこの方針でいい・・・かな、うん。
要改善点はあるけど、
それでもけっこうコンクリートを作りやすい生産装置が出来たと思うのです。


28
あ、そうそう、一応別のものも考えてみましたよ。
没案の一つでしたけど、
もしかしたらこちらの方が安定しているのかもと思ったので一応掲載します。
回収時の手間がちょっと増えますが。
とりあえずタイプBって名付けます。
自動砂埋め装置作る所までは同じ。
その後、水バケツ入りディスペンサーを砂埋め装置の隣に追加しました。


54
ディスペンサーと砂埋め装置の間には、1マスだけスペースがあります。
このスペースが大事ですよ。


20
ディスペンサーの起動部分はこんな感じ。
レバーの前にオブザーバーを2個並べ、うち1個には遅延を与え、
短時間の信号を出せるパルサーを2回出せる装置にしました。
出る水の時間は少なければ少ないほどいいです。
多いと水が無くなるのに時間がかかります。


59
スイッチをオンにすると、パウダーの隣に水を出します。
コンクリートパウダーって、どうやら直接水に浸からなくても、
隣に水があればコンクリートが出来上がるようなんです。


39
タイプAが、下1マスでコンクリートを採取するタイプでしたが、
こちらタイプBは、先にコンクリートをたくさん作って採取していくタイプ。
上から順番にコンクリートに硬化していく様子はなんか楽しいです。
上手く撮影が出来ませんでしたが。


40
んで、こうやって上から採取していきます。
難点は、タイプAと違って採取時に移動しなきゃならない点。
あと、1マス幅の足場が高所恐怖症を誘う点。
タイプAとタイプB、どっちが良いのかは、まだ何とも言えません。
両方作っておいて、気分で使い分けてもいいかな。


08
とまあ、こんな感じでコンクリート自動装置を考えてみたりしてました。
色々雑多な文章になってしまったかもですが、
要するに「高いところで自動砂埋め装置を作る」と、
「何らかの方法で水をかける」という感じから考えて、
後は自由にアレンジで良いかなと思います。
もしかしたら、私じゃない他の誰かがもっと効率のいい装置を作ってくださるかもですが、
とりあえずはこんな感じかなあと思います。

さあ、どんどんコンクリートを作りましょう。

コンクリート生産装置作り、次回へ続きます。



--------------------------------------------------------------

ブログランキング・にほんブログ村参加中です。
 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログ Minecraftへ

にほんブログ村