2020-03-01_14.35.52
久々の住宅建築をしたいと思います。
場所はこちらの湖畔住宅。
前回の住宅建築・・・といってももう半年近く前ですが、
前回のモダン和風住宅の向かいの土地です。
こちらに新たな住宅を建てていきたいと思います。


2020-03-02_16.18.55
さて、和風住宅ももう4軒目です。
毎回間が空いているのでそんな気がしないですけれども。
今回建てる住宅のジャンルは、前回と同じくモダン和風住宅です。
和風住宅の回って今まで完成までに結構時間がかかることが多かったので、
今回は小規模な家にしようと思います。
うんまあ、前回の真正面の家は1回で終わったのですが、今回は前後編です。
小規模なわりには前後編です。
最近ちょっとアレがアレで忙しくて。


2020-03-02_16.22.16
建物の大きさはほぼ前回と同じこのくらいの大きさです。
で、今までは私は2階建ての家ばかりだった気がしますが、
今回は平屋建て、つまり1階しかない家にしてみます。
2階が無い分作るのが簡単・・・いや、ゲフンゲフン。


2020-03-02_16.44.43
で、モダン和風住宅と言っても色々あります。
何をもってモダンというのか、和風とは何なのかとは、
建築をやっていくうえで永遠のテーマと言ってもいいくらい
よく分からないものです。たぶん。
前回はどちらかというと建物の見た目がモダン和風って感じの家でしたが、
今回は間取りがモダン和風って感じのものを作りたいなと。

というわけで、間取りを考えます。多分だいたいこんな感じ。


2020-03-02_16.48.22
現代式間取りなので居間はLDK形式で、
そのほか水廻りのほか2部屋って感じの間取りを考えます。左上が水廻り。
平屋建てなので階段がありません。


2020-03-03_21.39.30
外壁は白色を使いたいと思います。
最近はいろんな建物で白コンクリが多かったですが、
今回は久しぶりに雪ブロックを使いたいと思います。
ウォーターフロートでなんかもう砂とかが少ないし、なんかこう飽きたので。
久々にスノーゴーレムさんをお呼びして、雪玉集めて壁作りします。
最後に顔を見たのはいつの事だったでしょうか。



2020-03-08_10.55.04
まあ最初に作ったのは雪ブロックでしたが、
実際に最初に建築に使ったのは砂岩ブロックです。
ちょっと今回のメイン部分の床を敷いていました。
建物の高さを決めるのに先にここを作っておいたほうがいいかなーと。


2020-03-08_11.02.35
でその後雪ブロックです。


2020-03-08_11.04.56
いつもと違って今回は1階建て。
いつもの家はだいたい階ひとつ当たり5ブロックくらい積み上げてましたが、
今回は1階だけなので、いつもより高さを増やしたほうがいいかな。
いやどうしよう。うーん。


2020-03-08_21.44.36
まあとりあえず柱と梁を作っていきましょうか。
あー来た来たいつもの連中。


2020-03-08_21.58.05
メイン木材はシラカバにしました。
和風回では何故かそんなに使ってこなかった気がするので。
ふむ、剥いでみるとそんなにシラカバと言っても白過ぎず、
雪の白さになかなかマッチしますね。


2020-03-08_22.04.49
建築を進める前に、床を敷いてしまいましょう。
ちょっと高さ的に気になることがあるので。
いつもはだいたい土のすぐ上に床を置いていくことが多かったですが、
今回は1マス開けての施工です。


2020-03-08_22.06.57
そうするとうーん、やっぱりこうなりますよね。
このまま進めていくとうん、天井が低くなる。
まあ好みではありますが、他の住宅はもう少し天井が高いので、
たぶん窮屈になりそうな気がします。


2020-03-08_22.08.17
1マスほど高く作り直しました。
梁の上に重ねて、後で下から解体です。


2020-03-10_21.31.53
屋根工事に移ります。
毎回灰色コンクリ使うのも飽きますので、今回はそれ以外を。
と言っても、あの色の黒さを持つ無彩色系のブロックもなかなかありません。
うーん、安山岩かな。
隣の灰色コンクリや斜め前の茶屋のマツの木よりもはるかに明るいですが、
うーんまあ何とかなる・・・のかな。うん分からん。


2020-03-10_21.33.27
屋根はへの字の切妻屋根です。
うんまあでも、ただの切妻ではなんだか味気ない気がします。
平屋で高さが低いですから、他の家よりも屋根が見えやすいんですよね。
なので、もうちょっとだけ凝ってみようかなと。
ただの安山岩だけでなく、磨いた安山岩も混ぜてみようかなと。


2020-03-10_22.02.49
外周に近い側はただの安山岩で、真ん中のほうが磨いたほうで。
真ん中のほうはハーフブロック分だけ高さを増します。


2020-03-10_22.06.36
名称がよく分からないのですが、そういうのがあるんですよ。
現実では磨いた石で作った真ん中のほうが瓦の屋根で、
その周辺のほうは金属屋根っていう複合型の屋根が。
それを真似してみようかなーと。画像検索でまれに引っかかります。
うーんでも安山岩同士だと色が似すぎていてよく分かりませんね。
うん、ここは後で再検討。


2020-03-10_22.05.23
建物が奥のほうでちょっとだけはみ出すL型なんですが、
この部分は天井が低くなる感じに。勾配は緩やかに、
というかフラットになりましたが、緩い勾配っていう事で。


2020-03-10_22.06.10
まだ窓無しですが、正面から見てみる。
うん、だいぶいい感じ。


2020-03-11_20.52.02
でも白い部分が正方形にほど近いのが気になったので、
基礎の高さをちょっと増やしてみましょうか。
白壁部分がちょっと締まりがあってスマートに見てる感じに?


2020-03-11_20.54.04
さて、内装のほうに移ります。
まずはこの床の段差にハーフを付けて段差の解消。
他の床部分は剥いだ木材にしましたが、
ここだけあえて普通の木のテクスチャで。
いやまあハーフなのでそれにしかならないって言うのはありますが。


2020-03-13_21.42.06
キッチンの作成。色はピンクを使ってみました。
・・・うん、今回はキッチン背面側に高めの細窓って設定にしたかったので、
この辺が割を食うのかな。
まあこの辺も後で考えますかうん。先送り。


2020-03-11_22.43.53
LDKじゃないほうの部屋の作成も。
冒頭の土台敷きの時は2部屋作れるかなーと思っていたけど、
水廻りの出入口に設計ミスがあって、それを修正したら1部屋消えました。
つまり今回1LDKです。わーい。
この大きさの1軒屋で1LDKってなんか規模と釣り合っていないかもしれませんが、
まあ、老後夫婦の家って考えると、まあうん、ありえなくは無いのかな。まあ、うん。


2020-03-11_22.47.03
和風住宅という事でやっぱり畳の部屋だよねって事で、
床をいつもの俵ブロックにでもしようかなと思っていたのですが、
ふと近場のチェストを見てみたら、
前回の建築で使った柱のクォーツブロックが見つかりまして。
アレもしかしてと閃いて、試しに床に敷いてみたら・・・。


2020-03-11_22.51.10
あ、なんかいい感じ。
俵ブロックよりもなんとなく畳目地っぽくなった気がします。
こういう色のカラー畳ってあるよねって感じになりました。


2020-03-13_21.46.55
後は窓ガラスを入れて、今回の作業はここまでとします。
もうほぼほぼ建物内は完成、後は家具類って感じではありましたが、
時間的な都合で次回に回します。
頑張れば間に合ったかもだけど。


2020-03-14_21.39.08
というわけで、後でもう少し微調整が入る予定ですけど、
とりあえず完成した部分までを何枚か撮影しました。
まずは正面はこんな感じです。
切妻屋根の白壁に木材を組み合わせたモダンっぽい外観です。


2020-03-14_21.39.44
玄関から入った直後はこんな感じ。一応今回のメイン部分、土間です。
家の入口と言えば普通はドアを開けると玄関があって、
そこには靴を脱げるだけのスペースのみ、
あるいはあってもクロークとかそんな感じですが、
今回の家はこんな感じで、靴で歩ける場所を広めにとりました。


2020-03-14_23.55.55
昔の家は土間という、家の中でも土足で歩ける場所がありました。
例えば作業場だったり物置だったり、休憩場所だったり。
例えばええと、となりのトトロに出てくる、
サツキとカンタが初めて会話したときの場所っぽいあの空間です。
うんまああれは兼炊事場で、すのこ敷きで裸足で歩けるようになってましたけど。

農業従事者が多かった昔の田舎の家にはほぼどこでもあった空間で、
そこで屋内作業したり、作業の休憩時間に靴を脱がずに腰かけて休んだり、
近所の人が勝手に野菜を置いていく物置だったり、
雨の日の子供の遊び場になっていたらしいです。
いやまあ聞いた話ですけれども。

しかし時代の流れで、土間のある家はだんだん少なくなりました。
農家が減ったり建物が洋風化になったりで、
土間そのものの有用性が減ってしまったらしいです。


2020-03-14_23.55.51
しかしさらに時代が進み、最近になってくると、
この土間の有用性を再度見直される感じになって来たりもします。
なので、あえて近代的な間取りでも土間付きの現代住宅を作るというパターンが、
特に和風系の住宅で存在します。
うんまあ、仮に土間が欲しいと思っても、予算とか土地面積とかの関係で、
欲しいと思っても実現できる住宅はごく一部かとは思いますが。

玄関先で腰かけて友人と雑談したり、濡れるタイプの荷物の置き場だったり、
アウトドア系の趣味の作業場所だったり、子供の遊び場だったり、
新旧いろいろな用途で楽しまれているようです。


2020-03-14_23.54.37
以前は土間というくらいですから床は土でしたが、
現在はモルタルだったりタイル貼りだったり、なんかいろいろあるっぽいです。
たぶん衛生面とかメンテナンス面とか意匠面とかでそうなっていったんだと。
今回は砂岩で作りました。
今回は玄関とつながる土間って言う感じにしましたが、
聞いた話だと土間リビングとか土間ダイニングキッチンとかもあるらしいです。

というわけで、コピーワールドで屋根を撤去してみた画像です。
後で家具設置後にもうちょっとちゃんと説明したいと思いますが、
とりあえずこんな感じです。


2020-03-14_21.39.17
という感じで今回は終わらせたいと思います。残りの作業は後編で。
家具とかもそうだけど、余裕があればですけれども、
今回はエクステリアとかもちゃんとやってみたいと思います。できればたぶん。




--------------------------------------------------------------

ブログランキング・にほんブログ村参加中です。



Minecraftランキング

にほんブログ村 ゲームブログ Minecraftへ
にほんブログ村