2020-03-22_17.31.14
今回は羊牧場の作成です。
全国の羊牧場マニアの皆さまお待たせしました。いるかどうか分らんけど。
全16色いる羊各色の牧場を作り続けてはや13回目、
バージョンアップ1回に1か所のペースになってしまっている例のアレです。

今まで作った牧場のリストはこちらです。
(1) 白  (2) 青  (3) 赤  (4) 紫  
(5) 緑  (6) 灰色 (7) 黒  (8) 青緑色  
(9)オレンジ (10)空色 (11)薄灰色 (12)茶色





2020-03-22_17.44.59
今回作る場所は先ほどの画像でも見せた、
灰色と橙色牧場の近くの、山岳に囲まれたこの窪地です。
なんか微妙に面白い感じでへこんでいるこの地形、
何かを作らずにいられますかとばかりに作ります。


2020-03-22_20.49.35
ふむ、なかなか絶壁感のある崖ですね。
せっかくなのでこの絶壁感を生かしたものを作りたいです。
最近は平面タイプの牧場ばかりでしたので、
青緑色の時のようなすごい高低差のある牧場なんかも面白いかもしれませんね。


2020-03-22_21.01.58
というわけで作成開始。
まずはこの絶壁の形を整えます。
自然な形の絶壁だった部分が平たい絶壁になりました。


2020-03-22_21.02.48
そして山をごりごり削ります。


2020-03-22_21.21.48
冒頭で絶壁感を残したいとか言っていたのはなんだったのかと言いたくなるくらい、
平らな壁が出来上がりました。


2020-03-22_21.27.58
続きまして、土を並べます。
ここは山の上なのでほぼほぼ石しかないので、
輸入モノの土を使って並べていきます。
まあとりあえずは水流幅に合わせての位置出しからで。


2020-03-22_21.33.31
こんな感じで、蛇腹状になるように。





2020-03-22_21.57.33
そして横幅を伸ばしていきます。
いつもの羊牧場は3×2チャンクのサイズでしたが、
今回は2×1チャンク大きさで。
2×1が縦に3段で、トータルで6チャンク分になるので、
一応いつもとサイズは一緒です。


2020-03-22_21.44.35
両サイドはガラスブロックにしました。
壁際も土にするとなんか奥側が暗くなりそうだったので、採光のためです。


2020-03-22_22.18.42
ガラスの色でお分かりかと思いますが、今回は赤紫色の羊の牧場です。
残りの候補の色的に考えて、ボタンかライラックのどちらかで考えてましたが、
花についてちょっとだけ調べてきたら、
なんかこうライラックのほうが高原向けっぽい感じで書いてありました。
今回は上のほうは雪が積もるくらいの山岳地帯だったので、
高原の花って事でライラックにしました。
なお途中どこかでライラックを植えたかどうかと聞かれると植えてませんが。

沸き潰し用の光源はグロウストーンで。
シーランタンやジャックオランタンはすぐ近くでどちらも使っているので、
まあ被らないようにって感じで。


2020-03-22_22.23.00
だいたいこんな感じになりました。
うんまあ、何て言うかその・・・ドンキーコング感がある。


2020-03-22_22.23.53
まあ後は草ブロックが生えそろうまで待つだけですが、
待っている間に、裏にこんな感じのものを。


2020-03-22_22.26.13
牧場部分の段違いのところの下に、伝播させる用に草ブロックを。
羊は草ブロックの草を食べて土ブロックになるのですが、
それなりの数に羊が増えると、草ブロック全滅の危機が無きにしも非ずです。
いつもは草原の中に牧場を作っていたのでまあ牧場外から伝播するのですが、
ここは草木少ない山岳地帯。周囲に草ブロックが無いので、こんな感じで、
絶対に羊に食べられない伝播用の草ブロックを設置しました。
うんまあ、全滅するまで食べられたことが無いので、
なんとなくあったほうがいいかもなー程度のものですが。


2020-03-22_22.29.40
草も生えそろってきたし、これで放牧部分は完成したかな。


2020-03-22_22.33.46
続いては水流し装置です。
いつもの様にディスペンサーを並べます。


2020-03-22_22.50.45
そして中にバケツを設置。


2020-03-22_22.49.35
壁の反対側には柵を設置しました。
ここに柵を設置しないと羊が落ちるし、水がそっちに流れるためです。


2020-03-22_22.53.15
でも見た目がよろしくない。
横から見て奥が見えるのがなんとなく良かったのですが、
これだとうーん。


2020-03-22_22.58.20
柵はやめて看板にしましょう。


2020-03-22_22.59.41
柵の薄さなら、見た目はほとんど気になりませんね。オッケーです。
でもうん、これだと羊がここから落ちますが。まあそれはうん。


2020-03-23_21.02.30
ディスペンサーに信号を送るための配線を設置。
地上の一番低いところから流せるようにトーチとかも使って上に延長します。


2020-03-23_21.12.56
よし、ちゃんと流れた。


2020-03-23_21.27.28
放牧地から流れ落ちた羊が上に戻れるようにする水路を作成。


2020-03-23_21.43.12
看板のところから落ちた羊は、この水路のところに落ちます。
そのため落下しても死なない感じになります。


2020-03-23_21.59.30
そこから放牧場の下を潜り込んで、水流エレベーターで上に戻しますが・・・


2020-03-23_22.23.35
その途中に羊毛採取装置を設置します。
向かい合わせオブザーバーでクロック回路を作り、
その横にあるディスペンサーの中に入れたハサミでチョキチョキします。
前回はオブザーバーだとうるさいとか言ってましたが、
まあ今現在は普通に慣れました。


2020-03-23_22.40.52
その後ちょっと整備してこんな感じです。
右側のチェストはハサミ補充用。
左側はカットした羊毛の保管庫です。


2020-03-23_22.32.58
保管庫には上向きドロッパーのアイテムエレベーターで送りますが、
その際の回路はさっきの向かい合わせオブザーバーのものを利用しました。
繋ぎ方がそのぶん複雑になりましたけど。


2020-03-23_22.46.23
もろもろの準備が整ったので、羊を迎えに行きます。
いつもの様に白羊毛牧場から連れていきます。
そういえば白羊毛牧場ですが、このたび水流流しを自動化してました。
毛刈りも自動化済みなので、白羊毛牧場は完全自動化になりました。
うんまあ、他の牧場はここまでするつもりは無いですけれども。


2020-03-23_22.47.24
では行きまーす。


2020-03-23_22.52.03
ひつじ行進中。ただいま橙色牧場前通過。


2020-03-23_22.54.33
あっそうか、山の上だから移動する道が無いや。


2020-03-23_22.55.38
崖の凄い狭い道を頑張って登ります。


2020-03-23_22.59.20
到着。そして着色。
牛もなんか一緒に来てた気もしますが気のせいです。


2020-03-23_23.09.59
あっ。
そうか、羊が下の段に落ちる時に落下ダメージ受けてる。
そうでしたそうでした。最近エンチャブーツ履きっぱなしだったから忘れてた。


2020-03-23_23.18.03
しょうがないのでスライムブロックにしました。
これなら落ちてもびよんびよんするので大丈夫。


2020-03-25_21.59.55
羊が落ちやすいようにトラップドアも設置しておきました。


2020-03-25_21.22.02
上の段だけに羊が留まり続けると、草の消費量が激しく、
なかなか草が伝播しませんので、
まんべんなく散らばるように積極的に下に落ちてくれるようにしました。
これで上手い感じで下に落ちていきます。
なんか羊じゃない何かが混じってますが気にしないでください。


2020-03-25_21.23.32
水流流して最終テスト。
うん、オーケーですね。


2020-03-25_21.40.48
後は増えるまでの待ち時間の間に周囲の地形を整えて・・・


2020-03-25_21.45.56
これで完成です。赤紫色牧場です。
まあ赤紫色なので、羊の数はそこまで多くなくてもいいかな。


2020-03-25_21.57.43
13色目の牧場の完成で、残り3色となりました。
ええと、桃色、薄灰色、黄色・・・だっけ?
このペースで進めればバージョン1.18で完成ですね。
いやまあ、さすがにまあその前には完成させたいですけれども。



--------------------------------------------------------------

ブログランキング・にほんブログ村参加中です。


 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログ Minecraftへ

にほんブログ村