umigameです。オセロやってます。
思ったことをそのまま書いているので雑多ですが、なにか参考になればうれしいです。
カテゴリは機能してないです
Twitter:umigame_p

はじめに


有益そうな記事一覧(気が向いたら追加していく)

ソフト
edaxの使い方

序盤研究
・黒番
飛び出し


・白番
シャープコンポス
d8コンポス
ライトニングボルト

・叩き台
 白番斜め


個人的メモ(非公開)

こんにちは。今回はメモ程度の記事です。


まず初めに、BookAdviserですがurlが変わりました
初めてgithubに登録したときに適当に実名にしてしまっていたが、不便なので何も考えずに変えたら、urlも変わってしまった…


urlの変更ついでに(?)、縦取りのいくつかの最善進行を48手目まで登録しておきました。
それから、指摘をもらっていたいくつかの進行も直ったはずです。
UIも微妙に変えてみました。参照ボタンが意味のあるタイミングでは赤くなるはず。(記事を書いてから、初期盤面の仕様が思ったのと違うことに気がついたけど、めんどくさいから放置…)


一度触ると、浅いbookが多くて不正確な部分が気になってきました…
それから今のアホアホ方針を続けるとそのうち容量の問題が出そうなことも分かったので、対策を考えないといけないみたいですね。
WebAssemblyというのを使ってみたいけど、流石に新しいことを勉強する時間はすぐには取れそうもないので諦め…

こんにちは。

最近はそれなりに忙しくしているのですが、色々と上手くいかないことが続いたので、ストレス発散目的で記事を書きます(?)


うみがめ数について

1年ちょっと前に、最善進行を打ち切るために最低限必要な暗記数、通称うみがめ数を計算したwebページを公開しました。
(こんな基本的な数字に自分の名前を付けるのも畏れ多いのですが、ある程度市民権を得ていると思うので、この記事でもこれで統一します)

これは僕が気になる進行を事前計算したものを表示しているだけで、不満点が多かったです。そもそも何かwebページを作ってみようと思って練習で作ったので、シンプルに使いにくい…

ところが、僕もお世話になっている棋譜boxさん、Droidshimaxさん、うえのんEDAXさんに類似の機能を実装していただいて、各自のBookで任意の進行のうみがめ数を手軽に計算できるようになりました。
大変便利に使わせていただいています、ありがとうございます!

もともとアプリ開発者様に実装してもらうことが狙いの一つだったので、大きな役目は終えたと思っています。


BookAdviserの今後

今後残っている用途として、「普段使いするにはファイルサイズが大きすぎて不便な深さで計算したうみがめ数の参照」「粗いBookの点検用」として、計算済みの結果を提供しようと思っています。
必要な改修に対して時間がないので、本格的に取り組むのは来年度になってからだと思います。

(ちなみにBookを直接公開しないのは、万が一僕が研究している変な進行が事前にバレて負けたりすると、とっても悔しいからです)

そういうわけで、半年後くらいにはぼちぼち内容を充実させていこうと思うので、ミスなどを見つけたらぜひTwitter(@umigame_p)のDMなどで教えてください!
(既に何件か報告をいただいているのですが、めんどくさがってまだ反映させてません…ごめんなさい!)


例えば…

縦取りから双方最善での引き分け進行についてのみ、より深いうみがめ数が計算済みです。
具体的には48手目までの深さのBookを使って計算しています。
この深さを選んだ理由は、12個空きぐらいなら
  • JavaScriptで何も考えず完全読みしたときにすぐ読み切れそうなので、ブラウザで参照するのに便利だし
  • 僕が良く考えて完全読みしとたきにギリギリ読み切れそうで、実用上も便利だから
です。

(おそらく一般的な)36手目までのBookなどと比べて、この深さで計算してもそんなにうれしいこともないのですが、例えばこういうご利益があるよという例として、ノーカンの最善を紹介します。


36手目までのうみがめ数

スクリーンショット 2022-09-05 081855


うえのんEDAXによる、36手目までのBookでのうみがめ数の結果です。
黒目線では、単純な暗記効率ではB6を選ぶ方が遥かに良い選択に思えます。


48手目までのうみがめ数

File


棋譜Boxによる、(+0のみ)48手目までのBookでのうみがめ数の結果です。
B6とH5の暗記効率は、より深く見るとだいたい同じだとわかります。

より細かく手順を精査すると、H5では合流手順の重複カウントが多く、その他諸々加味すると結論としておそらくH5の方が暗記効率が良いのではないかと思われます。
まあ、わずかな差なので好みの領域ですが…

だいたいの場合は36手目と48手目での計算結果は意思決定を変えないのですが、たまにこういう例があって、暗記マニアには面白いこともあるかもしれません。


斜めや2石などは現状深いBookを持っているわけではなく、気が向いたときにぼちぼち埋めていこうかなくらいの気持ちです。
もしなにか発見のある進行を見つけたら、ぜひ教えてください(?)

↑このページのトップヘ