乗務日誌

中野かずさの痛い行動録。二次元に萌え壊れているのは気にしちゃダメだ。

鉄道開業 150 年企画 255 系で行く成田線・鹿島線の旅に参加したお話

…ということで
こんなツアーが開催されるとかでして、
ああこれは行かないといけませんねということで申し込みをしてみました。

255系電車で成田線と鹿島線を走るとか胸アツじゃないですかー
という感じでしたが…


いや…当日荒天かよ!
ということでも行くわけでして千葉駅まで休日おでかけパス使用の関係上
DSC_0424

初っ端からE131です…

さて、茅ヶ崎と戸塚乗り換えで千葉駅なのですが…
DSC_0432

受付場所で並びまして、検温と旅程表、注意事項の書かれた紙と参加記念品を受け取ります。
まだ8時50分でして、出発まで時間がありますので駅構内をウロウロしておりました。

DSC_0454

ということで9時32分7番線に入線してきたのは
Be-01編成…ってトップナンバーかよ!
DSC_0456


DSC_0455

ということで、参加証を見せて乗り込みますと
雨の中出発です。

とりあえず、たっぷり乗車+銚子電鉄満喫コースは8〜7号車辺りを割り当てられているようですが
グループ以外での参加者は窓側になるようにされているようで
窓側が全部埋まる程度の乗車率でした。


9時40分に出発すると、早速255系の説明などの放送が入ります。
まあ…9時35分発の普通列車が前を走っているので、四街道駅の手前辺りから制限信号に引っかかります。

千葉駅では撮影組がいましたが
さすがにモノサクでは特急しおさいと何が違うねん!みたいな状況ですし撮影者はいない…

そして、佐倉駅で1分間の運転停車
ここからも、先行の普通列車の後走りをしつつ
成田駅は4番線を通過という珍しいシーンが見られました

さすがに成田駅には撮り鉄さんが結構いましたが…
成田駅を通過すると本格的に255系があまり来なかった路線に入ります。
使ってたのは、2010年だかの佐原秋祭りの時の臨時あやめで1回使ったかどうか…
(Wikipediaには特急あやめの代走で入っていたことになってますが、成田までの列車に入っていたのであって、鹿島線だと、そもそもの十二橋と延方に止まれない…)

ということで、ここからは少し撮り鉄さんが沿線でぽつぽつと見えるようになります。
まあ、雨で車窓は残念なことになっておりますが…

滑河で運転停車のあと、成田線で一番眠くなる区間を通って
DSC_0464

佐原に着きますと、ここで弁当積み込みのための運転停車です。

…駅員氏や地元の方による歓迎はありましたが、メインは2回目の佐原停車です。
ここで、乗務員交代があり鹿島線に向かうのです。
DSC_0476

潮来を通過した辺りで弁当とお茶の配布がありました。
ちなみに、駅弁などではなく特製掛け紙付きの懐石料理青山の仕出し弁当でした。
DSC_0480

さて、列車は鹿島神宮駅をも通過して鹿島サッカースタジアム駅に着くのですが
到着は2番線…
DSC_0491

まあ、あさま色189の臨時特急あやめ91号でお馴染みの電留線です。
貨物入換中だったりとそれはそれで面白いのですが

乗ってるの前の方だからそれすら見えないんだよね…

ということで、28分停車らしいで、とりあえず先頭に行ってみたりします。
まあ…趣味者しか乗っていないような列車ですのでちょっと色々とお話をしたりしまして
DSC_0486

DSC_0487

今度は復路の佐原までの運転となりますが、弁当を食ったりしております。
DSC_0506

鹿島神宮駅で4分程度の運転停車をしてから発車すると
北浦橋梁ではサービスの徐行運転…

これ、乗っている方もだけど撮り鉄さんにもうれしいサービスだよなぁ…と思うものの
外は大雨…それでも北浦橋梁にはたくさん集まっておりました
DSC_0528

そして、佐原駅に戻ると2番線到着。
DSC_0552

ここでは、26分停車でその間は自由時間なのです。
跨線橋の前には係員がいて
2・3番線はツアー参加者のみ入場可能にしています
DSC_0539

…まあ3番線にEast-iがいたりして一時期お祭り騒ぎ。
DSC_0526

そして、0番線にはE131が停車中で、2番線に209系の普通列車がやってきたので
全てのホームに列車が止まっているという何かになっておりました。
DSC_0549

その他にも、ゆるキャラもお出迎えとか色々楽しい何かなのでした。
DSC_0529


そして、列車は発車すると銚子に向かうわけですが
香取から先は255系初入線…って、試運転もしていないらしい…
DSC_0564

ということで、乗務員の方もドキドキな初入線の区間を越えるわけですが
無事松岸駅に到着し、交換待ちの運転停車を行った後に発車すると
DSC_0566

DSC_0568

列車は13時20分に銚子駅2番線に到着しました。
まあ…日中の銚子駅の2番線に255系が来るのもあまりありませんが
1番線にいる255系と並ぶのも珍しいですね。

さて、折り返しというか
仲ノ町駅で16時からのイベントまで時間がありますし
銚子電鉄の1日券もあるので、街に繰り出しましょう
DSC_0571

仲ノ町駅では特別にグッズ販売などをおこなっているので行きますと、
2002編成を使用して行っていました。
DSC_0579

車内では一応展示もしていましたり…

DSC_0574

まあ、デキ3とかを撮ると
DSC_0592

電車で銚子駅に戻りましたら…

DSC_0594

255系の電留線撮影会が行われていました。
DSC_0600

まあ、いつものとおり犬吠へ行きまして
DSC_0602

なんか、新製品なのに食べる機会に恵まれなかった
まずそーだを飲んだんりしまして、そのまま外川駅徒歩からの電車で戻るという何か

まあ、仲ノ町では竹本社長自ら運転する2001編成での洗車体験なのです
DSC_0622

DSC_0633

とりあえず、車両の長さがあるので、こんなところまで入るのです…

DSC_0641

あとはデハ2002に爆誕した簡易リクライニングシートの撮影です…
しなの鉄道169系のやつですが、元をただせば新幹線の0系とか200系とかについていたヤツ
流れに流れてここまで来たのですね

DSC_0646

しかしまあ…夜の店だよなぁ…とか思いつつ
銚子駅に戻るのです

銚子駅で色々お買い物をしてからホームに戻るのですが
DSC_0655

…結構時間ないのよね
DSC_0669

ご当地萌えキャラやらゆるキャラもお見送りにやってきました。
ということで復路ですが、復路は銚子17時2分発→千葉18時37分着とか
すごい早いんですが…

途中停車駅は滑河での4分の運転停車のみ…
佐原も成田も佐倉も飛ばします(まあ成田から前に普通列車いましたが…)
DSC_0672

ということで、千葉駅に到着しますと楽しかった255系の旅も終わりです。

…まあ、この後のそのそと、寄り道しつつ帰るわけですが
DSC_0675

参加のお土産は
・(BVE路線製作者としてはうれしい)当日の列車のスタフ
・あやめ・すいごう号のキーホルダー
・鉄道150周年新幹線カード
・わかしお・さざなみ50周年ステッカー
・銚子電鉄廃札券セット(結構出てくる)
といったものでした。

…え?路線データでこのダイヤ作れって?

バスのイベントをやっていたお話

街に買い物に行こうと海老名駅に行こうとしましたら
バス利用感謝祭をしておりました
DSC_0229

神奈川県内のバス大集合なのです
DSC_0199

各社、ラッピングバスやらフラッグシップ車を寄越してきます
DSC_0201

DSC_0214

DSC_0222

伊豆箱根だけ
DSC_0205

KC-LV380というらしい、古いバスを持ってきていまして
バスファンの方々の撮影会状態になっており
こちらが一番人気でした。

さて、電車に乗ろうと小田急線ホームに来れば
DSC_0235

コイツとE131系に乗るツアーの回送列車としてVSEがやって来ていました。

京都鉄道博物館に行くお話

さて、関西出張も用事を終えましたので、自腹でお泊りして
DSC_0905

大阪駅から新快速なのです。
信号機故障で30分近く遅れたけどな。桂川辺りから前にサンダーバードがおりましたが…
そして、京都駅に着くと梅小路まで歩くわけですが
DSC_0911

こんなのあるのね
DSC_0006

まあ、空いてはいないけど、混んでもいない感じでした。
DSC_0078

特急ひたち(いなほの間合い)だ!(それかよ)
とかなんとか見ました(まあ展示物に関しては他のちゃんとした何かを見ると良いよ)
DSC_0015

梅小路蒸気機関車館な方も見るわけです
DSC_0014

まあ、マイテ49連結してスチーム号運転していましたが…
DSC_0020

12系も結構貴重になってますがね
DSC_0037

ちょうどハチロクが給炭と給水のために移動していました。
DSC_0051

ここと、広島以外の保存機が全部静岡県東部から神奈川に集結しているD52…
北海道にもいたのに…
EF200と共に、最大パワー出したら色々不都合のある機関車です。
これを改造したC62に比べて地味だけど、ステータスパワーに全振りしててカッコいい。

さて、お土産を買いますと
DSC_0091

DSC_0092

駅を作るのに消滅したデルタ線の跡地とかを見て
三条駅に向かうと
DSC_0107

DSC_0108

DSC_0109

DSC_0113

京阪のプレミアムカーに乗ってみました。

15分前にきっぷを買うときも、席選び放題で
三条駅に来た列車は、数人しか乗っておらず…

やっぱり、関西で普通列車グリーン車は厳しいんだな…と思いきや
…いや、中書島ですでに満席なんですが

そもそも、枚方市までの利用と、枚方市からの利用も結構あるとか…
追加料金無料のそれなりに快適な座席が同じ列車にあっても、需要ってあるんですね

そりゃ新快速に指定席つけたり、阪急も検討しますわ
…そういえば、南海や名鉄は元々やってたよな…一部指定席…

ということで、日本橋で模型を手に入れたりしまして
新大阪駅に行きますと
DSC_0118

DSC_0120

この弁当しかなかった…

しかしまあ…量少ないと思ったけど、結構ある
とかなんとかやりつつ、帰りました。

関西出張なのでして

そういえば、関西に出張でしたので
翌日も休日でしたので仕事終わりに
DSC_5707

明石駅まで行きまして
高校時代の友人のニセ天野氏と飲んでおりました。
DSC_5710

なんか、新快速停車駅では
どこかで見たことのあるお馴染みのプロレスリングなホームドアなんですねー(白目)

そして、駅近くで焼肉食って飲んでおりました。
とりあえず彼も元気で良かった。

まあ、帰れないの分かってたから
梅田で泊まったのですが
DSC_5714

…地下街のセーブポイントがなくなってたけど
イベントがセーブポイントだった

BVE総武・成田線Ver5.94を製作中です

とりあえず、BVE総武・成田線Ver5.94が公開できそうな感じでチェック中です。


とりあえず





一人でチェックしていると、多分かなりの時間がかかりそうですので
デバッグしていただける方を募集中です。

いつもの
http://umikaze81.net/【コナミコマンド】.htm
なわけですが。
早期公開でなく、チェック用のβ版です。バグ報告用です。
チェック終了後に公開いたしますので、デバッグしていただける方以外の方はお待ちくださいませ。

日立電鉄の廃線跡を歩いたお話(鮎川〜大甕)3

2015年3月14日に歩いた日立電鉄廃線跡!
大沼駅から大甕駅まで歩きます
DSC_0321

大沼駅を出ると、なんか工事をしていました
大沼小学校の近くまで来ますと
DSC_0323

水道管敷設工事だった模様。
BRTの工事と合わせて色々していたようです。
DSC_0322

そこから先は、きれいな一直線の用地が続いていました。
DSC_0326

さて、逆サイドの通勤道路に回りますと
DSC_0325

なんか道路の名称の標識が倒れてた…
DSC_0327

この先は水木駅跡地まできれいに路盤が整備されていました。
DSC_0332

途中、道路が左右に振っている場所がありましたが
どうも、BRT工事と道路整備も一緒にやっているようです。
DSC_0335

川を渡るところでは、鉄道用の橋を撤去してBRT用のものにかけ替えられていました。
さて、そのまま進むと
DSC_0342

水木駅跡地です。
DSC_0343

何か広い敷地があるだけですが、当時は電鉄プラザというスーパーマーケットような、なんというかなお店が併設された駅でした。
DSC_0344

先の交差点の踏切は、踏切信号のある交差点でしたが
普通の信号になってました。

BRT第二期暫定開業時は、ここから河原子までが専用道として使用するのですが
専用道入り方が、通勤道路と2回交差という何かで大変そうだった記憶があります。
DSC_0348

泉丘中学校の近くで、道路と高低差が生まれますが、BRTとなった現在でも変わっていないようです。
DSC_0349

この辺りで、レールを使った柵がありました。
DSC_0355

当時、この辺りは、あとは舗装するだけくらいまでBRTの工事が出来ていたのですが
…肝心の常磐線を乗り越す橋が出来ていなかったので開通はしばらく先になります。
DSC_0360

線路跡と道路が分かれるあたりで、ちょうど作業用通路などが出来ていましたが、
現在はBRTと並行して大甕と水木を結ぶ、大甕水木連絡道が出来てしまい
この道路もまっすぐに線形改良されています。
DSC_0363

常磐線を越すために築堤の高度を上げていきます。
道路をオーバーパスする場所は、BRT用の橋にかけ変わっていました。
DSC_0364

その先も築堤は残っていて、現在ではBRTの専用道として使われています。
DSC_0366

大甕駅の方まで回り込みますと、鮎川方にもそれっぽい空き地が続いているのが見えます。
DSC_0372

そして、常磐線と並行するようになった場所の踏切もしっかり残っていて
DSC_0373

大甕駅方向を望むと、駅構内の広い敷地が見えます。
この敷地は、この後、BRTを含むバスターミナルとして整備されるのです。
DSC_0378

ということで…
DSC_0381

大甕駅まで歩いたわけで、常北太田駅と鮎川駅からそれぞれ大甕駅まで
日立電鉄の廃線跡を全線徒歩を達成しました。

まあ…記事にするの遅すぎて、今だとだいぶ変わっちゃいましたがね。
DSC_0382

ということで、今日で最終日のスーパーひたちとフレッシュひたちの表示も撮影…
って、E657だし列車名変更くらいですが…

スーパーひたちというと幼稚園〜小学校の頃のあこがれの的、東京行くのに乗れば自慢だったんですがねー

DSC_0386

そして、普通列車で上野駅まで行きまして

なお、この後は、なぜか特急あやめの定期運転最終列車に乗って銚子に行くのです…

日立電鉄の廃線跡を歩いたお話(鮎川〜大甕)2

と、いうことで2015年3月14日に歩いた日立電鉄廃線跡ウォークの記録2回目です

桜川駅を出ると、すぐに大きな踏切があったのですが
DSC_0262

そのために、日立電鉄が現役のころは
この交差点に信号機がつけられず不便だったわけでして、現在では信号がつけられました。
そして、桜川を渡ると今度は日立製作所多賀工場(今では日立アプライアンスでしたっけ)の隣を走るわけでして
DSC_0265

DSC_0267

まあ…今までと同じように工場と道路の間の謎の敷地となります。
DSC_0271

一応はBRTにしようとしている土地ですし、未使用のままでした。
DSC_0273

そして、ヨークタウンの近くから国道245号線から離れてゆきます…が未使用土地
DSC_0276

大甕方向を望みますが、やはり住宅の間を線路敷が貫いている感じです。
DSC_0278

鮎川方向もわかりやすい廃線跡が続いています。
DSC_0279

大甕方
DSC_0280

鮎川方
こんな感じで河原子駅に向かうわけですが
一直線に続くわかりやすい廃線跡です。
DSC_0281

河原子小学校の横から、道路を乗り越すべく築堤に入ります。
DSC_0283

そして、道路を乗り越す場所では橋台が残っていました。
DSC_0285

ここが河原子駅の跡地で、当時は築堤の上にあった駅に至る階段が残っていましたが
現在ではBRT工事などと関連して切り崩されて島ているようです。

DSC_0290

現在のBRTの専用道付近入口あたりから鮎川方を望むと
当時はまだ築堤が残っていて陸橋は消えているものの、まだ現役時代をしのぶことが出来たのです。
さて、ここからは現在ではBRTとなった区間に入ります。
DSC_0291

まあ…踏切部分の線路だけは当時はまだ残っていました。
DSC_0293

今度はアンダーパスで道路を越えるべく、切通に入ります
DSC_0297

この橋も、現在ではBRTを乗り越す橋として使われていますが、
DSC_0300

当時は細長い謎の敷地を乗り越す橋だったのです。
DSC_0304

そして、切通を抜けると
DSC_0305

大甕方はBRT工事で整地されていました。
DSC_0310

大沼駅が近づいてきました
この辺りはまだ工事が進んでおらず、バラストなどが残っていました。
DSC_0311

そして大沼駅跡地に入ります
DSC_0315

この駅も交換可能駅で、鮎川駅から大甕駅まで、6.3kmで河原子駅を除いて交換可能と
結構オーバースペック気味の設備を持っていました。
DSC_0316

駅跡地には、系列会社の電鉄タクシー駐車場などに転用されていました。
…まあ、日立電鉄を改組した日立電鉄交通サービスが茨城交通に吸収されたあとも、
タクシーだけは電鉄タクシーの名前を残していたりします。

DSC_0317

当時は、駅前商店が残っていましたが現在では残っていないようです。

ということでBRT工事中の様子みたいになってしまいましたが
これはこれで記録ということで…

夕暮れ近づく中、このあと大沼駅から大甕駅まで向かいます
つづく

日立電鉄の廃線跡を歩いたお話(鮎川〜大甕)1

さて、なんか
常北太田〜大甕間歩いてから何とかしますとか言ってますが

翌年くらいに
鮎川から大甕まで歩いているんですが、すっかり報告を忘れておりましたので
…歩いてから7年経ってしまっていますが、報告することにします。

いや…ネタ切れもあってね。
大甕から河原子まではひたちBRTになっていますが、
その工事中の様子ですな。はい…

というか、ひたちBRT乗った記事の方が先かよ!

さて、時はさかのぼって2015年3月14日…上野東京ラインの開業前日でございまして
午後くらいからチマチマと常陸多賀駅に向かうのでした
DSC_0199

DSC_0201

常陸多賀駅は日立市のサブターミナルでして、まあ…昔住んでいましたので
DSC_0204

お、バス来た!2系統なら海岸線(国道245号線回り)だ!って…
環状線だと?系統変わっているやん!
ということで、245号線先回りで6号線回りで日立駅方面へ…というバスでしたので…

これで、油縄子中町を目指すのです。
DSC_0207

当時の親会社の実験的何かで入れられた
IC整理券…いや、これ番号覚えてないと降りる時に面倒だし
バーコード式でもちゃんと運賃表示されるし
なんでこんな独自規格入れたんだと思ったら、最近終焉が発表されました…
DSC_0208

ということで、245号線まで歩くわけですが
DSC_0209

常磐線の踏切とR245の間にある空間は、
鮎川駅から数百メートル延びていた留置線の跡地。
DSC_0211

朝ラッシュの運用を終えた車両なんかは、ここまで回送していたのですが
末期にはこの踏切の手前で柵がされて使用停止状態になっていました。
DSC_0212

当時は何か工事をしていました。
DSC_0216

鮎川駅の隣にあったガソリンスタンドと共に更地になっています。
DSC_0220

そして、鮎川駅の駅舎や駅前広場的なものがあった場所には、住宅が建っていました

DSC_0220

2005年はこんな感じだったんですがね…
DSC_0221

そして裏手の常磐線との踏切への通路に行きますが…
駅のあった名残から、クランク状の道路で、自動車が通れないのですよね…
DSC_0220

ちなみに大体同じ場所で撮った写真がこれ
少しだけ面影がありますね。
DSC_0223

さて、この常磐線の踏切
DSC_0224

まだ鮎川駅前踏切なのか…
DSC_0222

道路についても少し架け替えを行っているので、元のルートが途切れていました。

さて、鮎川駅跡地だけでお話が終わりそうなんで歩きます。
DSC_0226

線路の跡地にはきれいに住宅が建っていますが
それもしばらくしたら終わり
DSC_0228

鮎川側から
DSC_0229

常北太田方向に向かって伸びるバラストの残る細長い空き地となります
DSC_0232


DSC_0235

そして、日立製作所国分工場の横を走ることになるのですが道路の付け替え工事を行っていて、だいぶ手が加えられていましたが
そこを過ぎると、また細長い空き地になります。
…まあ、市有地みたいですが、ひたちBRTが伸びてくるんですかね?

DSC_0234

ちなみに、鮎川側は駐車場として使用していますが
DSC_0234

10年前はこんな感じでした。
民家と国分工場の間を走っていましたが、
DSC_0239

八反原バス停付近から国道245号線と並走するようになります。
DSC_0242

DSC_0247

ここから桜川駅跡地までは、道路と工場の間にある松林のような、それにしては木が少ないような…みたいな敷地が続いています。
DSC_0246

途中には境界標が残っていますが…
これだと、日立製作所の土地だと思われますわね。

しばらく歩くと
DSC_0251

桜川駅跡に着きます。
日立製作所の多賀総合病院の前にあった駅で
DSC_0252

今でも、駅前商店だった折原商店が残っています。
DSC_0252

鮎川方を望むと、駐車スペースみたいに使われていました。
DSC_0255

駅構内は整地されてしまっていて、きれいサッパリ何もありません。

その割には線路内立入禁止の看板が残っていたりと…なんでだろうねー

さて、結構長くなってしまったので
1駅くらいごとに別けようと思います

つづく

そして、大洗に久々に行く

さて…鹿島臨海本が意外と好調でして、来夏に向けて新しく作らないとなぁ…という感じで
とりあえず、大洗に行ってみることにしました。
DSC_0681

最近は、鹿島臨海鉄道…単行の列車も増えましたなぁ…
大洗駅に着きますと
DSC_0694

試運転列車がおりましたので、一応は撮っておかないとね…
DSC_0703

観光案内所が移転したので綺麗さっぱりになってしまった駅舎内とか
DSC_0708

移転したら一気にガルパン色が消えた観光案内所とかを撮ったり
DSC_0715

駅舎を撮ったりするなどなど、昼間に来るのは久々なので
資料写真を撮るわけです。
DSC_0726

しかしまあ…日曜日は開いてる店少ないんだよね…
ということで65分程度歩きまして
DSC_0737

年パス持ちとしては、アクアワールドに来るわけです…
DSC_0758

なんか、世界初展示のクラゲみたいですが…
よりによって、もう片方が、家から一番近い(隣の市の)デカイ水族館でかよ…
DSC_0759

ちなみにこんな感じのやつで、キーホルダーについてる玉の鎖みたいなのが可愛い

DSC_0767

そして、マンボウとか
DSC_0784

トラフザメに癒されます。
やっぱりトラフザメが一番可愛い。
DSC_0800

伊豆辺りに行くと、みそ汁に入るオオコシオリエビ(クモエビ)が展示されてたが
あれって、レアだったのか…
ということで、帰りは魚市場前までバスに乗り
DSC_0830

ウスヤ肉店に行くなどのルーチンをこなして帰ったわけです。


今回のお土産
DSC_0844

確実にあそこで作っていると判っていて買ってみる何か…
シーラカンスのはす向かいで作ってるんだろうなぁ…と思ったら当たった…

Bトレの色塗り替えをする何か

さて、ミニレイアウトで走らせる車両が
デキ3と岳南9000しかありませんでしたので…

同じように400円で売られていた富士急1000形の分散クーラーの車両を使用して
DSC_5600

Bトレで銚子電気鉄道3000形を作ってみましたよ

一応は前面の貫通扉(貫通しているとはいってない)の方向幕を削り取ってるんですけどね…
走らせてりゃバレないバレないという何かなのでね

一応はサイドビューも
DSC_5601

岳南9000形
ちょうど富士急の集中クーラーのやつがあったので良かったわけですが

DSC_5602

銚子電気鉄道3000形
こちらは分散クーラー

そもそもクハ車のクーラーが実物より1基多いような気もしないでもないけど
気にするな。

ちなみに、動力が軽すぎてまともに動かないので
ミニ四駆用のウエイトを積んでます。
月別さくいん
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

八月信者なのは仕方ない

わんこ娘は素晴らしい!

『大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-』2014年3月28日発売予定、11月29日より全国のPCショップで予約受付開始です。
ゆず信者と二足のわらじ
いや…中の人…
花咲サノバスプリングキャンペーン開催中!
  • ライブドアブログ